izumishのBody & Soul

~アータマばっかりでも、カーラダばっかりでも、ダ・メ・ヨ ね!~

セルゲイ・ポルーニンの映画にぶっ飛び!

2017-08-13 14:42:19 | 映画

Bunkamuraル・シネマで、「 ダンサー セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」を観た。

まずは冒頭シーンの映像に被って流れたのが、ブラック・サバス「Iron Man」(!)。凄いっ!もう、これだけで彼の感性に即!共振!である。

さらに、上半身裸で踊るプリンシパルなのに、手や腕や背中や肩や腰に沢山のタトゥー(!)。タトゥー大好き!なワタシ的には、これにも感歎!
舞台が始まる前の楽屋では、お世話をする女性に腕や手や、見えるところのタトゥーにドーランを塗って隠す様子や(「そこは隠れるから大丈夫」なんて言っているの)、ドリンク剤を飲んでいる様子などもある(「これを飲めば大丈夫!」って感じでカメラに向かって話しているのだ)。

ロイヤル・バレエ団の舞台では、主役の女性よりも観客を魅了するセルゲイ・ポルーニン。高い技術と表現力、抜群のジャンプは、元々の姿形もあってゾッとするほど美しい!  


19歳で英国ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるが、人気絶頂期に突然引退。。
マスコミにいろいろ書かれたようだが、映像を見ると、彼の心の奥の苦悩や葛藤が見える。
雪の積もった街路で全裸になって笑い転がる様子には、天才ゆえの苦悩や家族への思い、バレエ団の枠をはめられることへのもがき、”自分は何のために踊っているのか・・”という自分への問いが見える。

ロイヤル・バレエ団を退団後、自分自身の踊りを模索する中でセルゲイ・ポルーニンが、『Take Me to Church』の曲に合わせて踊るMVがYOU TUBEで世界中に流れ、再びセルゲイ・ポルーニンの名前が脚光を浴びることになったそうだ。
光を浴びて、風が通り抜ける気持ち良さそうな部屋の中で踊るセルゲイ・ポルーニン・・・。その表情は、あたかも檻の中に捕らわれた”美しいい野獣”のよう。 


「バレエ団は息苦しい」と言ってロイヤル・バレエ団を退団したセルゲイ・ポルーニン。それでも「踊って、跳んでいる時が一番楽しい」と語る。
クラシックバレエの枠に収まらない自由な表現の場を求め、探し続けているセルゲイ・ポルーニンは、まさに「世界一優雅な野獣」と云うにふさわしい。

「自分がいる場所が心地いいと感じたら、そこを去らなくてはならない。。」と語ったことがあると、パンフレットにあったが、これほど求め続ける人の心を伝える言葉はないだろう。

映画を観た後は、電車に乗ってもバスの中でも、YOU TUBEで『Take Me to Church』をリピート。
さらに、毎日流しっぱなしのラジオ「AFN」からはこのところ度々この曲が流れてきて、そのたびに、美しい映像が浮かんでは胸キュンの日々でありました。

詳しくは以下のサイトを
http://www.uplink.co.jp/dancer/
  

ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ねおみいさんの新ユニット「M... | トップ | 陸 瑶先生の形意拳練習会〜表... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。