語りかける花たち

角島 泉(かどしまいずみ) 花日記
 ~石川の四季、花の旅、花のアトリエ こすもす日々のこと



花蓮という町へ 〜 台湾の旅①

2017年01月24日 | 旅で出会った花々

二度目の台湾。
一応「冬」と言われる季節で、
15〜20℃くらいの、過ごしやすい気温が続いていた。
ただし比較的 雨が多く、太陽が出なければ肌寒いこともある。

ある曇天の1日、ローカル線に乗って、
東海岸の日帰り旅(台北拠点)に出かけた。

乗り物はなんでも大好き。
流れる景色を眺めているのが旅の楽しみ。
春節の少し前で、平日を選んだので、
列車は空いていて、ゆったり寛ぐことができた。






素朴な田舎の風景、
街の中の、ハッとする色彩、

左は海、右は山野。




3時間ほどで、「花蓮」という街に着いた。
花蓮(ホワァ リエン) . . . 美しく芳しい名前。



花蓮駅から、ローカルバスに乗る。
海のそばを通るけれど、まずは山へ。
太魯閣(タイルウガヲ)という渓谷を目指す。

海を離れるとすぐに山道に入る。
山が海岸に迫っていて、壁のような断崖が突然、目の前に現れた。

険しい山々は、大昔、珊瑚礁の海底が隆起したものだそうだ。




激しい標高差には、度肝を抜かれます。

そして、こんな断崖を削って道を作ったとは、
人間のはかりしれない野望にも驚きますが、
ここの石質は、なんと大理石だそうで。
さらに翡翠(ひすい)や猫目石なども採れるのだとか。
宝の山だったのですね。





手元のガイドブックによると、
国共内戦の後、国民党政権が、
大陸から連れてきた兵士などを動員し、
この山道を、驚くべき短期間で開通させた。
その時、多くの殉職者を出し、
霊を祀ったのが、写真の中国宮殿様式のお寺だそうです。

このお寺の建設時に殉職者は出なかったのだろうか . . .




バスの終点、太魯閣を散策。
台湾原住民の一つ、タロコ族が住んでいる場所らしい。
普段は民族衣装を着ていないだろうから、
判別はできなかった。

野生のブーゲンビリアがあちらこちらに。






そして、梅が満開。
あたりに春の香りを漂わせている。




そうかと思うと、
ポインセチアも鮮やかに咲きほこり。



熱帯〜亜熱帯では、
野生の、巨大な枝ぶりのポインセチア、よく見かけるけれど、
梅との饗宴は、不思議な光景に映った。






さらに、キク科ヒマワリ属のキクイモと思われる花。
日本では、夏の花です。


珍しい椿。
これはお寺の庭で栽培されているもの。




様々なシダ類。



我が家の家紋、カタバミ。





と、花に誘い込まれ、道草をしすぎたようで、
いつの間にか、山道で、ぽつねん。
すっかり道に迷ってしまった。

太陽が出てたら、なんとなく方向はわかったのだが、
空には厚い雲。
静かな車道に出て、トンネルを抜け、とぼとぼ歩いていると、
一台の車が通りかかり、ご年配の男女の顔が見えたので、
手を上げて、助けを求めた。
つまりヒッチハイク。

優しいご夫婦は、こころよく帰り道のバス停まで乗せて行ってくださり、
無事、山から戻ることができた。


さて、まだ帰りの電車までに時間があるので、
今度は海へ。



「七星譚(チーシンタン)」という、美しい海岸。
山から下りてきたところがここの海。



肌寒いのに、ココナツジュースを売っているおばさん。
無事、生還できて高揚していたので、つい買ってしまったが、
案の定、体が冷えてしまった。


でも 少し歩いたら、温まった。

この海岸には、丸くて綺麗な石がびっしり敷きつめられている。
それもそのはず、あの大理石の美しい山肌から流れてくるのだから。
しばし、夢中で石拾い。


犬も楽しそう。






雲が生まれて、流れていく光景を
時間を忘れて眺めていた。

何時も見たことのないものと出会わせてくれる。
大自然のいとなみは、なんて神秘的で美しいのだろう。







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 池田千鶴子 グランドハープ演... | トップ | 植物と暮らす街〜 台湾の旅② »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。