不動産のことならいずみホーム!立川・国立ぶらり散歩♪

立川市、東大和市、国立市、国分寺市、日野市の不動産は仲介手数料最大無料のいずみホーム!

運動しないといけませんね・・・

2017-02-24 08:45:49 | 立川市

玉川上水のサギ。アオサギでしょうか。

寒いからと長らくさぼっていたウォーキングをまた始めました。
と言うのもここ最近風邪で体調を崩しておりまして、
2日ほど寝込んでしまいました。
病院で検査した結果インフルエンザではありませんでしたので、
普通の風邪薬ですぐによくなったのですが、
たまに引く風邪はやはりつらいですね。

こうしたことはめったにない事で、
前回寝込んだのはもうかれこれ6~7年くらい前の事です。

やはり適度な運動をして免疫を高めておかないといけないと思ったわけです。
寒いからこそ外に出て体を動かさなければならないんだと勝手に結論付けたわけです。

久しぶりに歩く玉川上水はまた寒い事寒い事。
今朝は風が冷たかったので余計でした。
身体をあっためようとかなり早足であるいたのですが、
それでも最後まで暖かくはなりませんでしたね。

冷たい水の中ひょこひょこと歩くサギを横目に、
せっかくだからとそそくさと撮ったのが冒頭の写真です。

それにしても玉川上水にはたくさんの野鳥がいますね~。
ツグミやシジュウカラ、オナガなど木々の間を飛び回っている姿を確認できました。

そもそもこれまでもたくさんの野鳥がいたわけですが、
私の視界に入っていない、というか認識してなかっただけなのですね。
少し周りを見回すとこれほどたくさんの鳥が生息している事に改めて気づかされました。

以前とは違う楽しみ方で、今度こそ長く続けていきたいと思います。
では今日も頑張りましょう!楽しい一日をお過ごしください!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

狭山丘陵のヤマガラ

2017-02-23 07:16:41 | 立川市

狭山丘陵のヤマガラ

おはようございます。
小雨の降る今朝の立川市です。
日本海側では春の嵐になるそうですから外出の際はくれぐれもご注意くださいね。

昨日はお休みを利用して地域の写真を撮りに出かけたのですが、
成果は芳しくありませんでした。
というのも、午前中少し仕事をしてからの出発だったため、
目的の公園の駐車場がいっぱいで入れなかったり、
急きょ目的地を変更した場所でも見るべきところがなかったりで、
なんとも消化不良な一日でした。

やはり早めの出発がよさそうですね。

狭山丘陵にはたくさんの鳥たちが生息します。
オオタカやフクロウなどの猛禽類。
シロハラやガビチョウなどの地面をついばむ鳥達。
そしてシジュウカラや冒頭のヤマガラなどの小鳥たち。

耳をすませばあちこちで鳥のさえずりが聞こえてきます。

「遠出はできないけど・・・」と言う時は
狭山丘陵内の都立公園などで自然と触れ合うのもいいと思いますよ^^

狭山丘陵の梅の見ごろは3月に入ってからでしょうか。
そしてその後に続く桜の開花。
春は確実に近づいてきてますね。

では今日も頑張って参りましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうしてこう風が強いんでしょう?

2017-02-21 17:36:18 | 立川市

府中市郷土の森博物館のツグミ

ここしばらく更新をさぼってしまいました。
忙しいのを言い訳にするわけではありませんが、
ちょっと手が回りませんでした。

これではいかんですね。
反省しております。
今日からまた気をとりなおして参ります。

さて、先週から今週にかけて残金決済が立て続けにございまして、
ここで一息つきそうな気配です。
忙しく働かせていただける事は何よりうれしい事ですし、
買主様、売主様にはただただ感謝するばかりです。

まだお引越しと言う大仕事が残っておりますが、
新居での素敵な毎日が始まりますよう心よりお祈り申し上げます。

忙しいとその反動でどうも物件入力、写真撮りなど疎かになってしまい、
このブログしかり、snsなどもつい手が回らない状態になってしまうのが残念な所です。

ここで気合を入れ直して新鮮な情報をお届けできますよう努力して参ります。

明日は水曜日ですので定休日とさせていただきますが、
地域の写真撮りと合わせて物件写真も撮りに出かけようと思います。

ではもうちょっと入力作業を続けます!
明日いただきましたお問い合わせにつきましては
木曜日に対応指せて頂きますのでご承知おきいただけますようお願い申し上げます。

ここ最近強風の日が多いですしまだまだ肌寒いですから
お風邪などひきませんよう気を付けてお過ごしくださいね^^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハケとママ、多摩エリアの河岸段丘

2017-02-17 05:57:01 | 立川市

府中市郷土の森博物館にてアトリを見つけました!

立川、国立、国分寺周辺は多摩川によって形成された河岸段丘に町が広がります。
河岸段丘は呼んで字のごとく、言うなれば「丘」なのです。
多摩川が遥かな時間の中で流れを変え、その度に地表を削った結果、
丘と崖を形成していったのです。

国分寺崖線、立川崖線、青柳崖線という三つの崖が多摩川に並行するように東西に伸びます。
現在ではそうした崖が開発されあるいは住宅街となり、あるいは道路となって
意識して観察しないとかつて崖だった場所とは気づかないかもしれません。

崖は湧水を生み、その湧き水が農業を育てそれぞれの地域に集落ができたのだそうです。
今はもうほとんどの場所でそうした在りし日の姿をとどめてはいませんが、
ところどころ保存樹林や公園、公共施設としてわずかにその姿を残しています。

多摩エリアではこうした崖を「ハケ」や「ママ」などと言い表したそうです。
そこでピンと思いつく方は多摩エリアの達人ですね(笑)

そう、国立市谷保のあたりに「ママ下湧水公園」がありますね。
あれこそママ=崖 下にある湧水の湧く公園という事です。

あの辺りは青柳崖線が横たわり、注意して見ればあちこちに崖や坂道があるはずです。
青柳崖線はそのご谷保天満宮の辺りで立川崖線と合流します。

このブログでも度々登場する谷保天満宮には湧水池がありますね。
今まさに梅の見ごろを迎えているわけですが、
ここも崖線に関わる場所なのですよね。

国分寺駅南口の坂道、あれは国分寺崖線の名残、
国立駅東側の多摩蘭坂、これも国分寺崖線、
立川駅の南側、多摩川に至るまでの坂道は立川崖線という事になります。

住いと駅へのアクセスを考える時これら幾つかの崖線は結構大事な要素だったりするのですよね。


さて、昨日は午後から残金決済がございました。
買主様、売主様、司法書士さん、金融機関のご担当者さんその他関係各位の皆様
ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

本日も午前中残金決済がございまして、
明日からの土日もご案内等で忙しくなりそうです。
お客様にご満足いただけるよう、今日も一生懸命働こうと思います。

今日もよろしくお願います。頑張りましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

府中市郷土博物館の梅園

2017-02-16 07:27:38 | 立川市

府中市郷土の森博物館のメジロと白梅

水曜日の昨日は地域情報ページ作成の為の写真撮影を兼ねて、
府中市郷土の森博物館に行ってきました!
近場にもかかわらず今回初めての訪問です。

おかげさまでたくさんの方にご覧いただいている
多摩地区の梅の名所案内」のページでご紹介しているようにこの博物館の敷地内にある梅園には約1100本(60種)もの梅が植えられているとの事。


入口のチケット売り場。開場してからさほど時間が経っていないので人影はまばらです。


ゲートをくぐるとすぐに博物館があります。
そして通路に沿って進むと目の前に現れるのがこの「府中町役場」の看板が掲げられた建物です。


旧島田家住宅。中にはひな壇がありました。


ひな祭りまで展示されるのでしょうか。


梅園です。結構な広さです。


「ハケ下の流れ」 多摩地区では崖を「ハケ」と呼びます。崖からの湧水を利用した小川でしょう。


大宰府天満宮の梅「鹿児島紅梅」

梅と言えば菅原道真。そして有名な
「東風吹かば にほひ起こせよ梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」
を思い出しますね。

「な~~そ」という古文の文法もこの歌と共に習いましたね。

では今日はこれくらいで。
府中市郷土の森博物館の梅園」のページもご覧くださいね^^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

府中市郷土の森博物館に行ってきました!

2017-02-15 16:55:01 | 立川市

府中市郷土の森博物館

多摩エリアの梅の名所の一つ「府中市郷土の森博物館」に行って参りました。
開場後割と早めに行ったせいかまだ人もまばらでした。
ただ、さすが梅の見ごろを迎えているためお昼近くになると
平日にもかかわらず入口のチケット売り場では行列ができていました。

さすが約1100本(60種)もの梅が立ち並ぶ名所だけはありますね。

先日アップした「多摩地区の梅の名所案内」のページに今日撮った写真など載せたいと思います。
一応あのページでご紹介した名所についてはできる限り足を運びたいと思います。

地元密着の不動産屋として地域情報のページを日々コツコツ作っていきたいと思います。

ではこの後はもう少しのんびりと過ごそうかと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ところ変われば・・・

2017-02-14 15:50:13 | 立川市

多摩川に着水するサギ

「川向こうに行く」
立川や国立に住む人、特に年配の方達に多いのですが、
日野や八王子、多摩市など多摩川を挟んで向う側に行く場合にそう表現します。
逆にあちら側からこちらに来る場合にもそう言うのかもしれませんね。

昨日は仕事の関係で多摩市永山駅近くで待ち合わせをしました。
先方からは「永山駅のタクシー乗り場の前で待ち合わせしましょう」
そう言われましたので時間通り駅周辺に到着しました。

そして相手の車があるかな?とキョロキョロしながら
駅前のロータリーに侵入してしまいました。
そして・・・おまわりさんに切符を切られてしまったのです。

多分地元の方ならご存知でしょうが、
多摩市あるいは小田急線の駅前ロータリーには一般車両は進入禁止なのだそうです。
私の中では駅のロータリーというのは一般車両も入り込めるものという常識でしたので、
当然入れるものという意識がありました。

切符を切られる際に説明を受け、
その後立ち去る時に確認すると確かに標識があったのです。

結論から言えば標識に気づかなかった私が悪いのです。
よく気をつけていれば目に入ったでしょうし、言い訳は効きません。
それでもなんだか割り切れない嫌な気分になってしまったのは
まだまだ修練が足りないせいでしょうか。

ところ変わればルールも違う。
それを改めて感じた出来事でしたね。
普段標識とかに気を付けてはいるのですが、
先入観と言うのは怖いものです。

車の運転は経験が重要ですよね。
ここはこういう交通ルールがある、ここは飛び出しが危険。
地元を移動するならそうした前提知識もありますし、
普段交通規則を違反する事はありません。

普段行かない場所に行く場合にはやはり普段以上の注意力が必要だ。
それを痛感させられる出来事ではありました。

安全運転。ルール順守。
今日から早速意識して運転するように致しました。

さて、今日はお問い合わせやご案内等あれやこれやしているうちにもうこの時間です。
明日のんびりと休めるように、今日はまだまだやる事満載ですが、
もう一踏ん張り頑張りますか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玉川上水の寒桜とメジロ

2017-02-13 07:45:31 | 立川市

玉川上水の寒桜とメジロ

おはようございます。立川は今日も良い天気です!
玉川上水駅の請願院橋近くに咲く寒桜が青空の下で健気に咲いています。

昨日日曜日も天気に恵まれ皆さんそれぞれに楽しまれたのではないでしょうか。
絶賛営業中の株式会社いずみホームではおかげさまでお問い合わせや
ご来店、ご来場のお客様への対応など忙しく働かせていただきました。

お申し込みには至りませんでしたが、
ご検討中のお客様にはじっくりお考え頂き、
答えをお出しいただきたいと思います。

ところで弊社では2つのWEBサイトを運営しております。
そのうちの一つ、新築一戸建て特設サイトでは随時コラム記事をアップし折りまして、
今月は今のところ二つの記事を上げさせていただいております。

一つは
どうして?多棟現場で価格差、納得の理由」と題して新築分譲住宅の各区画で価格差がある理由について解説しております。

もう一つは
物件情報の変更、価格や面積だけでなく間取りも変更される事も!」というタイトル通り、物件情報が変更される事、そしてどのような経緯で変更が生じるかについてご説明しております。

今後も新築一戸建てをお探しの方に少しでも参考になるようなコラム記事を書いていきたいと思います。
お時間がございましたら是非ご覧ください!

では今日も頑張って参りましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立川市国営昭和記念公園の水仙

2017-02-12 08:13:14 | 立川市

立川市国営昭和記念公園の水仙

おはようございます。
連休の二日目。今朝も寒気の影響でものすごい寒さでしたね。
大雪の降っているエリアは本当に大変そうです。
天気が回復して早く日常に戻れる事を願っております。

昨日は夕方から少し雲が出てきたものの、
東京は概ね天気に恵まれたようです。
私は販売現地で待機していたのですが、
チラシを見てお越し下さったお客様がご来場くださいました。

結構気に入ってくださったご様子ですので、
しっかりご検討いただきご連絡いただければ幸いです。

今日は午前中打合せが一件、
その後は事務所でコラム記事など書こうかと思っております。
午後は予定が空いておりますので、
お電話いただければご案内等対応いたします。

完成物件は昨日も幾つか申し込みが入っておりましたので、
今土日で結構終了するのではないでしょうか。

年明け直後公開されたたくさんの物件についても
建築が進んでおりますのでそろそろ次のターンに移ってくる事でしょう。

では今日も頑張って参りましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日の出が早くなってきましたね!

2017-02-11 08:24:58 | 立川市

獲物を探すカワセミ

今朝は早朝から多摩川の方に出かけました。
冒頭のカワセミもその時撮ったものです。
何やら狙いを定めて、じっと水面を眺めています。

このあとチャポンという音とともに潜水し獲物を捕らえたようでした。

今日は建国記念日です。
東京は天気に恵まれ絶好の行楽日和。
大雪の降る西日本の方達には申し訳ないくらいですが、
それぞれ天気に合わせた楽しい週末をお迎え頂きたいと思います。

ここに来て完成物件の在庫が少なくなりました。
せっかくお問い合わせ頂い物件も
明日契約予定で・・などと売主さんに確認した際言われる場面が増えています。

もちろん今なおあちらこちらで建築が進み、
次々に完成していくのですが、
価格的にこなれるまでには完成後しばらく時間がかかります。

気になる物件がございましたら是非お早めにお声かけくださいね。
少人数の為すぐに対応できない事もございますが、
その点はご容赦ください。

では今日も頑張って参りましょう!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日は多摩エリアも雪が降りました!

2017-02-10 08:12:43 | 立川市

走るシロハラ

おはようございます。昨日の雪すごかったですね~。
雪の降りしきる中の運転疲れました。
出かける前にガソリンを入れる予定でしたがうっかり忘れたまま中央道に乗ってしまい、
終始ハラハラしていたのも疲れた原因です。
予定を済ませた後は高速には乗らず下道でガソリンスタンドを探しながら帰りました。

しかし、都心部ではガソリンスタンドは全く見当たりません。
なんとなく予想はしていたものの記憶をたどりつつ
「確か世田谷区に入ったあたりにあったなぁ」ととにかく先に進みます。
エンプティ―が点滅する中、ついに渋滞につかまります。
四谷から新宿にかけてのトンネル、新宿駅周辺、遅々として進まぬ甲州街道で、
いつガス欠を起こすかわからない状況だったわけです。

地元ならどこにスタンドがあるのか頭に入っているのでなんとでもなります。
けれど、私にとって23区内は目的地めがけて移動する間の風景に過ぎません。
スタンドを探して下手にうろちょろすると却って逆効果になるでしょう。
とにかく記憶を頼りに進むほかありません。

そしてついに世田谷区に入ったあたりでスタンドを発見。
ところが手狭なスタンド内には車がいっぱい。
私のようにガス欠寸前の車が多かったのでしょうか?
待つこと10分弱。ここでガス欠したらお笑いですね。
でもなんとか給油してもらってガス欠危機を脱したのでした。

帰ったのは19時過ぎ。
まだ処理しなければならない仕事を片付けるころには21時を回っていました。
さすがに今朝はいつものように早起きはできませんでしたね。

今日は午前中にご案内予定ですが、それは営業のSちゃんに任せて、
今日は入力や物件確認など事務仕事に専念する予定です。

では今日も頑張りましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年2月秩父神社詣で

2017-02-09 06:06:59 | 立川市

尾ノ内氷柱

おはようございます。昨日は定休日でした。
毎月恒例の秩父神社詣でに行って参りました。
例によって朝6時出発。秩父には8時前に到着しましたので、
少し足をのばして小鹿野町の氷柱を見に行きました!
それが冒頭の写真です。

いや~壮観でしたね!
夜はライトアップされるみたいですので、さぞ美しいでしょう。
ただ、結構な山奥なので夜車で行くのはためらわれますね。
道路が凍結しているでしょうから、行かれる方はくれぐれも安全運転を心掛けて下さいね^^


尾ノ内氷柱の道すがら見つけたひさつき氷柱。こじんまりとしていて駐車場から歩いてすぐです。
他に観光客もなく、個人的にはこちらが良かったですね。


今日はお昼過ぎから東京タワー付近まで行って参ります。
午前中必死に入力等しないといけませんね。
写真はたまる一方ですが、ここで少し落ち着きそうですので、
来週中には追いつきたいと思います。

では今日も元気に参りましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玉川上水駅で一足早いお花見!

2017-02-08 13:27:36 | 立川市

寒桜とヒヨドリ

こんにちは!今日は水曜日という事で定休日となっております。
毎月初めの秩父神社詣でを済ませさきほど帰ってきたところです。
このあとはのんびりグダグダと過ごしながら英気を養いたいと思います。

玉川上水駅付近では今寒桜が咲いておりまして、
道行く人々の目を楽しませています。

梅に桜に冬でも結構花が咲くものですね。
玉川上水駅南口に下りて「請願院橋」の両端にそれぞれ二本ずつ咲いていますので、
是非一足早いお花見を楽しまれてはいかがでしょうか。



ヒヨドリやメジロなどが花の蜜を吸いに集まってきていてかわいいですよ!
メジロちゃんは体の大きなヒヨドリに脅かされながら、
時々目を盗んでは蜜を吸いに来ます。

ヒヨドリは蜜をすうばかりか、花ごとまるっと食べてしまう事もあります。
なんとも豪快と言うか・・・あんまり食べすぎるとハゲハゲッになってしまいそうで心配です。

えっ心配するのは自分の頭だけにしとけって・・・。

ふん、どうせ私は光ってますよ(笑)

とまぁ自虐ネタはこれくらいにしておきまして、
今日の所はこれくらいで。

明日もよろしくお願いいたします。

玉川上水駅周辺の新築一戸建てをお探しの方はいずみホームのWEBでチェック!
玉川上水駅、マンションの売却をお考えの方はいずみの無料査定をご利用ください!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

強い北風が吹くそうです(多摩湖と赤富士)

2017-02-07 06:30:20 | 業務日誌

多摩湖と赤富士

おはようございます。
ここのところ強く冷たい風が吹き寄せますね。
今日も一日中北風が強いのだそうです。
お出かけの際は防寒対策をしっかりとして出かけないとブルブル震えそうです。

さて、昨日なんとなく中途半端に終わってしまった話題をもうちょっとだけ取り上げます。
業者同士の不動産取引「業販」について、
取引の根元に「収益」というものがあるという事をお話ししました。

例えば一時ブームとなりそれ以降も注目を浴び続ける「収益物件」なんかはまさに言葉通り。
不動産の価値=収益性というそのまんまの言い回しとなっています。
収益物件は「投資物件」とも呼ばれますが、
それは居住と言う目的ではなく、
将来的な収益を上げるために投資をするという側面からつけられた名称ですね。

収益物件は簡単に言うと賃貸アパートやマンションの事です。
一戸建てやマンションの一室でも所有者以外の人に賃貸し賃料を得る場合にはやはり収益物件と言えます。
ここでは利回りが根幹をなす判断材料となります。

年間の家賃収入の総額÷不動産価格×100

という計算式で求められます。
これがいわゆる表面利回りというもので、
投資物件を探す際には「表面利回りで何%まわっている」という言い方をします。
業者さんだと「グロスでいくら」などと言ったりします。

投資関連のサイトなどを見ると表面利回りではなく「実質利回り」が重要だなどの記述が見られますが、
正直実質利回りを予め正確に把握する事は難しいです。

実質利回りは

(年間の家賃収入-諸経費)÷(不動産価格+諸経費)×100

という計算式で求めます。

表面と実質での違いは諸経費の存在です。
諸経費と言うのは諸々の費用と言う意味で、
物件の維持管理にかかる費用だとか取得にかかる費用、各種税金など項目は多岐にわたります。
今現在だけでなく将来的な費用まで考えなければならないわけで、
購入の段階で即座に算出できる性質のものではありません。

慣れた人でも見過ごす潜在的なリスクもあったりしますので、
相応の知識と経験が必要なのです。

そのため販売図面では主に表面利回りのみ表記され、
一定の数値以外は足切りという業者さんがほとんどです。

「利回り10%以上」とか「最低でも8%以上」など
それぞれの基準を表明して情報を収集します。

表面利回り10%以上なんてものは市場にそうごろごろ転がってはいません。
出たらいち早く動いて収益性を吟味し買付け(買付証明)を入れます。

経費として考慮すべき項目はどれとどれ、その合計額はいくら、
ひょっとしたらこんな費用もかかるかもという事でリスクに備えてどれくらい・・・

とまぁこんな風に積算していくわけなのです。

という事で今日はこのくらいで。

では今日も頑張って参りましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月第二週、今週もよろしくお願いします!

2017-02-06 07:25:46 | 立川市

残堀川の源流付近。カワラヒワだと思います。

おはようございます。
天気は上々、わりと暖かい立川市です。
昨日は2月最初の日曜日という事で、
生憎の天気でしたが物件探しをされる方々も活発に動かれたようです。

販売現地にも一組ご来場いただきました。
今週末はお申し込み一件、
ご契約も一件とまずまずの滑り出しです。

ご来場・ご来店いただきましたお客様まことにありがとうございました。
今後とも弊社を何卒よろしくお願いいたします。

今日は業販担当のKさんと午前中打合せです。
比較的大きな案件が進行中でして、
今月中になんとしても成約までたどり着きたいところです。

業販というのは業者間で行われる不動産取引です。
一般の方だと買いずらい大きな土地とか
アパートやマンションなどの一棟もの、
そしてホテルや工場など法人向けの不動産等が対象です。

同じ不動産でも着眼点が少し違うのが特徴です。
買う側はその不動産でどれだけ利益が得られるのかが絶対条件です。
住宅用の土地にしても市場相場と同等では触手は伸びません。
相場以下でうまいこと区割りができる必要があります。

例えば100坪と110坪の土地があるとします。
どちらも相場より随分と安く魅力的です。

ここでさらに用途地域という条件が加わります。
仮に「第一種低層住居専用地域」で建蔽率40%、容積率80%だとすると、
100坪と110坪とで明暗が分かれるかもしれません。

100坪の場合3区画でそれぞれ約33.3坪、4区画にすると25坪と少し手狭になります。
110坪では3区画で36.6坪とやや大きめ、4区画で27.5坪とまぁまぁの広さとなります。

一般的に流通している一戸建ての広さは30坪前後が目安です。
25坪と27.5坪ではわずか2.5坪の差なのですが、
25坪だと需要の面で難がありそうだと考えるのが業者目線です。

もちろん駅に近い立地などでは25坪でも悪くないのでしょうが、
郊外型の住宅地では25坪だと少し弱い。
反対に27.5坪は十分ではないにせよ、
30坪目線でお探しのエンド客にはギリギリ範囲内と映るでしょう。

結果100坪の土地は見送られ、110坪の方はまとまるというような事になります。

では条件を変えて用途地域が「住居地域」、建蔽率60%、容積率200%となったらどうでしょう。
第一種低層住居専用地域では容積率や各種制限によって二階建てまでしか建てられなかったところが、
今度は三階建てが可能になってきます。
すると25坪が十分な広さに変わるのです。
4区画確保できるのなら採算があうとなれば100坪でも話がまとまります。
いえ、この場合だと5区画も可能かもしれません。
そうなるとより一層魅力がましてくるのです。

もちろん家を建てるためには建築基準法だけでなく、
各自治体の条例、建築指導要綱など様々な基準をクリアしなければならないので、
そうしたものを全て検討しつくして購入するかどうかを決めるのです。

長くなりましたので今日はこれくらいで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加