泉飛鳥塾

「古(いにしえ)の都・飛鳥」の原風景と共に、「国のまほろば・大和・大宰府」の風景を紹介したいと思います!

私が好きな 「大宰府の風景」

2017年01月04日 21時01分17秒 | 散歩

新年あけましておめでとうございます!正月は、太宰府の地で迎えました。とても、穏やかな正月でした。

ところで、「泉飛鳥塾」のブログを始めて5年目となりました。

今年も、「飛鳥」の風景と共に、「大和や大宰府」等を紹介したいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

2017年の最初は、過去「大宰府」を撮った中から、私が好きな「大宰府の風景」を紹介したいと思います。

「大宰府」は、、7世紀後半、大和朝廷は那の津の官家(みやけ)をこの地に移し、奈良・平安時代を通して、九州を治め、我が国の西の守り(防衛)、外国との交渉の窓口となる役所「大宰府」としました。その規模は平城京、平安京に次ぐ大きなもので、南北22条、東西24坊の都市計画があったようです。万葉集には"遠の朝廷(みかど)"と詠まれ、その規模をしのばせる立派な礎石が残 り、そこを中心に門や回廊、周辺の役所跡等が整備されて、現在は公園となっています。

「大宰府」は「飛鳥」と同じように、歴史的景観が素晴らしくて散策していると、とても癒されますよ!

                            




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私が好きな 「飛鳥の風景2... | トップ | 奥飛鳥稲渕地区の 「男綱の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

散歩」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。