泉飛鳥塾

「古(いにしえ)の都・飛鳥」の原風景と共に、「国のまほろば・大和・大宰府」の風景を紹介したいと思います!

秋の祭り 「古都飛鳥文化祭 2016」

2016年10月17日 22時11分36秒 | 散歩

奈良県明日香村の国営飛鳥歴史公園石舞台地区あすか風舞台等において、10月15日(土)・16日(日)に古代文化の香り豊かな郷「飛鳥」の地で、歴史的風土と人々の心が築き上げてきた文化と誇りを伝える「秋の祭り」が行われました。

今回は、秋の祭り「古都飛鳥文化祭2016」の様子を紹介したいと思います。

10月15日(土)は、すごく天気がよく多くの方が見学に来られてていました。
 ・明日香村伝承芸能
 ・持統天皇行幸ウォーク(15:30頃出発予定)
 ・古墳祭(17:00~)
 ・和太鼓倭-YAMATO特別公演&御轟祭(17:30~)
  ※御轟祭=太鼓台による村内巡行
 ・花火打上げ(20:15~)が行われました。

特に、「和太鼓倭」さんの演奏とパフォーマンスがとても素晴らしかったです。「和太鼓倭」さんは、奈良県明日香村で結成されたグループです。現在は日本文化発祥の地として知られる明日香村を拠点に和太鼓の演奏活動を続けられています。楽曲 から、振り付け、演奏方法や衣装のデザインや舞台セットや大道具小道具、バチに至るまで、楽器以外のありとあらゆるものをメンバーの手作りで行っています。演奏終了後、参加者と一緒に太鼓台による村内巡行(御轟祭)が行われました。今回は、一緒に山車をおしました。とても楽しかったです。

あすか風舞台に到着すると、最後はカウントダウンで花火が打ち上げられ感動の中、終了しました。飛鳥での秋の祭り、「古都飛鳥文化祭」最高でした!

                                   

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こころの風景  「飛鳥の岡本... | トップ | やまと花ごよみ 「馬見フラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。