お気楽野郎のてきとうブログ

日記みたいなブログ。
*ただし、政治、韓国・中国・朝鮮関連記事のまとめたものを書き込むことがあります。

大活躍の陰に埋もれる自衛隊の知られざる苦労や変調。

2011-10-21 18:22:27 | 日記
この日記の前に自衛隊のすごい活躍を載せましたが、そんな彼らの苦労や変調などはあまり知られていないでしょう。
事実、私も被災した時に自衛隊のすごさばかり見聞きし、それに注目ばかりしていました。
ですが、私は震災から、自宅の片づけがある程度進んだ頃から、瓦礫片づけなどの仕事をし始めて、作業中にご遺体を発見する場面に立ち会うことがしばしばありました。
それで私自身、しばらくご飯が食べれなくなりました。
その後も瓦礫片づけは続けなくてはいけなかったので無理やり詰め込んで食べたのですが…。
そんな経験したことで、私でこんなに辛いのに何十、何百、何万ものご遺体等を捜索して見ていた方々はどれほどなのだろう?、と自衛隊のことを調べようと思い、調べ始めて初めて知りました。

今回のように自衛隊の人命救助などでの活躍を実際に見た方などは良さをわかっていますが、知らない人や間違った認識を子供に植え付けている人などのせいで自衛隊の方々の子供らがいじめにあっていたり、心無い誹謗中傷などで罵倒されたり、色々あります。
震災後では、それとは別に先ほど私がご遺体を見たと言いましたが、それらをその何倍も見ていた人たちの一部で無気力状態に陥ったり、ぼーっと虚空を見つめるようにしていたり、津波で人がのみこまれる酷い有様がフラッシュバックして精神的に追い込まれたり、それらのせいで鬱になったりなど、心的外傷後ストレス症候群(PTSD)の症状を起こしている隊員が増えているようです。

現地にいる時はお風呂に入ったり、洗濯したりなどできなかった為、腐敗臭・汚泥の匂いなどがすさまじく、こびり付き離れなかったという。
現在は現地での活動が終わった為、そのようなことはなくなったようですが、自衛隊の方々の精神状態は酷いままなのでしょうか?
国は彼らのことは隠そうとする体質は相も変わらずな様なのでなかなか知ることが出来ません。
私達が知ろうと知るようにしていけば、いずれもっと良くなっていくと思います。

う~ん。やっぱり、私は言葉を綴るのがうまくないなぁ・・・もっと、上手に伝えられたらいいのにw

前回の日記の時のように詳しいことは下記にURLを貼っておきますのでそちらを見て下さい。

【「自衛隊はスーパーマンじゃない」被災地で活躍する自衛隊員の知られざる苦労】


【災害救助の自衛隊員に変調。目が虚ろ、首をひねり無意味に徘徊。だが本人にその記憶なし】


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月11日の大震災での自衛隊の... | トップ | 10月21日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事