消えゆく霧のごとく(伊豆・クンちゃん山荘日記)

青くきらめく相模湾、遥かに霞む房総半島、伊豆の山から何事もなき日常をつづります。時々、世間の俗事にカムバックするかもね!

行動パターンというものは変えられるのか?

2016年10月20日 00時43分35秒 | 日記


行動パターンというものは、いったん身についてしまったら、それとサヨナラするのはとてもむずかしいようです。いつごろから? どうしてそうなったのか?といった経緯にかかわりなく、終生のしがらみとなる場合も多いということです。

これは、**癖、**癖などとも称せられ、あまり芳しくない方面で口の端にのぼったりしますよね。
わが身を省みても、恥ずかしながら思い当たるふしがあります。

市議会開会中にウソの届けを出し、ネパールで登山をしていた徳島県阿波市の市議会副議長の記者会見をテレビで見ましたが、あきれ果てました。

Q なぜ、ウソの届出までして出かけたのか、なぜ取りやめなかったのか。

答えの要旨。長らく準備をしてきた。毎日、ランニングを中心としたトレーニングにはげみ、10キロまで距離を伸ばしてきた。間もなく70歳で、いま行かないともう無理だろうと思った。

こんだけ質問趣旨と回答内容が乖離するのも本当に珍しいです。そして、この男の70年はこうした身勝手な言動をはじめとする特異な行動パターンに彩られてきたのだろうな、と感じました。

犯罪の方面でも何回も悪行を繰り返す累犯では、「手口」と呼ばれる行動パターンに個人特有のものがあります。これは犯罪の種類にかかわらず、詐欺でも盗犯その他でも同様で、犯人割り出しに大いに役立ちます。



以下、20日昼に続く
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 60歳代ってどんなふう? | トップ | 行動パターンというものは変... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。