消えゆく霧のごとく (クンちゃん山荘ほっちゃれ日記)

青くきらめく相模湾、遥かに霞む房総・三浦半島。伊豆の山から何事もなき日常を綴ります。時に、世間の俗事を織り交ぜつつ!

60歳代ってどんなふう?

2016年10月17日 21時00分11秒 | 日記
ハンドルネームを「伊豆のクンちゃん」から「izukun」に変えました。よろしく!

無、という文字
女と男はかなり違う?!


ご自分のブログでいつも世相をズバズバぶった切っているS子女史が61歳におなりということで、お祝い申し上げるメールを差し上げました。

その中で、S子さまは例外と思いますが、と断りを入れつつ、60歳代のありようはこんなふう、と以下を申し述べました。


61 無一文

62 無に帰す

63 無味乾燥

64 無視される

65 むごい

66 ろくろく飯が食えぬ

67 虚しい

68 むやみに医者代がかかる

69 無休で働いても無給の介護

70 なれのはて


すると、すっかりあきれはてたらしく、

要旨、『私はいつも前向きです。そのためエッセイ内でも記述しておりますが、自分の誕生日とは何にも勝る程「めでたい」と自負していますよ!!

片やクンちゃんさん、70代までの自己診断があまりにも自虐的ではありませんか!??
一般的に殿方とは高齢域に達すると「自虐的」になるものなのでしょうか?

その点、女は図々しいと申しますか、特に私など、まさに“いけ図々しい”人生を全うして来ておりますし、今後もその路線を貫きます!』

というお返事が戻ってきました。

うーん、確かに女と男はちがうわな、こんなふうに元気なJijiーはそうそうおりません。ただし、政治家と創業社長は除く!

みなさまは、いかがでしょうか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« deresukeyarou | トップ | 行動パターンというものは変... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL