以蔵の徒然日記

お気楽以蔵の気ままな生活

横浜開港記念日ですが・・・

2011-06-05 17:52:14 | 歴史

6月2日は横浜開港記念日でした。 今回はこんな話で・・・

安政6年 6月2日のことですが、新暦で言う1859年 7月1日に開港し

現在の横浜税関近くに東西2つの波止場をつくりました。

それがあの「象の鼻防波堤」のあたりだと思います。

Photo_2   2

     「象の鼻」今                     「象の鼻」昔

Photo_11

      横浜港の開港 上陸風景

山下公園とみなとみらい地区に挟まれた「大桟橋」のところが

まさに日本の開港、幕開けの地になるんです。

大桟橋の入口には横浜開港資料館(旧イギリス領事館)があり

ここで、日米和親条約が結ばれたんよぉ~ん

Photo_5

横浜税関から写した明治の居留地の写真だが、この辺りかなぁ?

僕のお決まりの散歩コース 

行きは山下公園から大桟橋を超えて赤レンガ倉庫

帰りは横浜税関から廻ってホテルニューグランド経由

(山側の方が直射日光にあたらない 僕には一番!) 

Photo_6

明治時代のホテルニューグランド前海岸通り

 

ちなみに山下公園は大正12年の関東大震災の復興のため

多くの瓦礫を埋めてつくった日本初の臨海公園でっせ。

緒方先生に習った福沢のユキッチャンが開港当時の様子を見て

「せっかく死に物狂いでオランダ語を勉強したのに、看板の英語の文字が

なーんも読めん・・・」と嘆いたそうなぁ

余談ですが、「横浜3塔物語」を知っていますか?

Photo_8   Photo_9

   神奈川県庁(キング)                  横浜税関(クイーン)

Photo_10

   横浜市開港記念会館(ジャック)

この3塔は外国人の船乗りたちがトランプカードになぞってつけた名前。

外国人が出入国の際、海から目立ったのが3塔で、

長い旅の無事を願い、また感謝したのかもしれない・・・

そして、この3塔を眺めると願いがかなうと言う都市伝説がある。

「外国の船乗りが航海安全の願掛けた」という説と、

「3塔が震災などの試練を乗り越えてきたことから、カップルが困難を

乗り越えて結ばれる」という説があるけど 誰が考えたことやら・・・

あくまでも都市伝説である。

梅雨の時期の開港祭は、なかなか盛り上がらないんだよねぇ

しかも平日だし・・・

僕は台風の影響でなかなか散歩ッポができません。

P5140178

完全に別の世界に行ってます。

Jpeg_2 以蔵

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石畳の坂をの登れば、海の見... | トップ | 澄み渡る空? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。