さあくる湯沢温泉

備忘録みたいなものです。内容は食べ物の事とゲームの事とその他のことが三割ずつ。残りの一割はアレです。

同人ボドゲレビュー「ぼららだ! 僕らのLIVE 君とのDICE」

2013-11-24 23:17:31 | ゲーム
昨日に引き続き、完全に顔を覚えられた新宿オケ屋さんでミヤさんがGetされたゲームマーケット2013秋の新作などを遊ぶ会で遊ばせて頂きました。
こちらは私のTL(ツイッター)周りでもかなり話題を呼んでいた「ラブライブ」ゲー。しかも、blog拝見するだに「ラブライブのボドゲが欲しい!くれ!」って言ったら「作れよ^^」と言われたんで作っちゃいました。という動機による犯行らしく。もう、この時点で共感がとまりません(^^。

「ぼららだ! 僕らのLIVE 君とのDICE」はんそできー

●一回戦、所要時間55分(インスト込み
結果
○ミヤ:32点
きむら:26点
UNO:24点
○YUZ:32点

6D6(サイコロ六個)の合計値でカードに書かれたライブの目標値をクリアして得点を獲得していくゲーム。
アイドルたちがカードになっていて、その特殊能力を駆使してダイス目を操作するのが勝利のカギ。

ですが、ゲームを始める前からミヤさんマニュアル見て大興奮。
「見て下さいよコレ、マニュアルをキャラクターに喋らせてますよ!こういうマニュアルを作りたいですね!」
あんまり絶賛するので私が音読したところ、マニュアルはやっぱり普通のでいいですね、とのこと(笑。

とは言え、私もミヤさんと気持ちは同じです。
二次創作のキャラゲーに必要な要素はたくさんありますけど、その根っこには原作への愛情が流れて居るべきだと思うし、流して居たいと思います。
残念ながら私は「ラブライブ」に関して門外漢ですが、ライブカードに描かれているキャラクターの絵と(恐らく、そのライブに登場するアイドルなのでしょう)、キャラの能力に相関関係をもたせようとしているんだな、と気づいた時、この「ラブライブゲー」の真価を感じました。

とりあえず、「にっこにっこにー」という人の存在はこのゲームで覚えました(笑。

あと、この子可愛いですね。カード能力も好みです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 同人ボドゲレビュー「かれいど」 | トップ | 同人ボドゲレビュー「TERRIBL... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。