ひとりで生まれて来たのだから

一人が好きな寂しがり。
二律背反のタムラが送る愛の言霊。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひとりでうまれてきたのだから。

2016年03月08日 | ラジオ日記。
 ひとりでもわたしはいきられるけど
 でも、だれかとならばじんせいははるかにちがう

 こんにちはこんばんは、タムラです。

 いつものラジオの宣伝ですよー。
 人生いきあたってばったり

 第25回。ひとりでできるもん!デス。

 はい。
 今回はゲストさんはいらっしゃいません!!!

 なんでか恋愛相談受けてみたりしてます。
 あぁ・・・「お前が?」と言いたげな
 知人たちの顔がよぎるww

 一人でやってみた感想はね。

 私は、誰かがいてこそある程度の自分を確立できてるんだなぁ。でした。

 完全に一人じゃないから(外にスタッフさんいるんで)
 誰かの知ってる私がでたり入ったりってのを
 感じながらやってた。

 まぁ、ね。なんつーか。
 多分、あれ、かなり素ですよww

 よかったらお時間拝借させてくださいね。
 少しずつでも成長して、一人でもしっかりできるようになっていきます!!
 そのためにも、皆様からのお便りは大募集中!!
 メール(ikibatamail@yahoo.co.jp)
 または番組ページのコメント欄に書き込みよろしくお願いいたします!!



 あと・・・お知らせです。

 番組のツイッターを作ったのです。
 それに伴い、個人のツイッターアカウントを削除しました。

 プライベートな呟きできなくなるよーって言われてしばらく考えてたんだけど
 そうすると、番組の方が宣伝しか呟かなくて。
 そういうものだとは思うんですけど、なんか違和感がぬぐえなくて。

 で。消した。
 
 なので、プライベートな呟きもするであろう
 番組公式ツイッターです!
 よかったらフォローお願いします!

 アカウント名は 人生いきあたってばったり(@life0ikibata)
 番組名のまんまです。
 

 それと、ですね。もういっこ。

 このブログのことなんですが。

 10年という節目の年なんですよ。
 でね。
 それを意識した時から考えていたんですが。

 やめようと思います。

 10年書き連ねた今までの自分がいるから
 ページ自体を削除することはしませんが
 更新は、やめていこうと。そう思いました。
 

 ブログを続けていたからこその出会いもありました。
 あいつ元気でやってるかな?って思ってくれた方が
 此処を見つけて連絡くれたり、そんな嬉しいこともありました。
 新しく出会った人が、私に興味を持ってくれて過去記事を読んでくれたこともありました。
 定期的に読んでくれてる人もいてくれます。

 そんなありがたいものを手放してどうするんだって、そう思う気持ちもある。

 あるけれど

 未練もたっぷりあるけれど。
 ここでは、とりあえずのサヨナラを告げようと思います。

 ありがとう、ありがとう。
 ホントに今までありがとう。

 
 たとえさよならでも 愛してる意味。
 
 またいつか、きっとどこかで。
 see ya。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

毎日がエブリデイ。

2016年02月15日 | ラジオ日記。
 エブリデイが毎日、でも可。
 こんにちはこんばんは、タムラです。
 大丈夫。ちゃんと意味わかってますからね。

 さて。
 ブログは10年。
 ラジオは1年。

 今年はアニバーサリーイヤーです。
 ・・・まじかっ!!!

 なんかお祝い・・・は、そうだな
 この前たっかい玉露のお茶っ葉買ったから
 ステキ茶菓子でも用意して
 一服するかな。

 ラジオ・一周年記念回配信中!

人生いきあたってばったり

 よかったら聴いてみてください。
 いつもとちょっとも違わない感じですがね!!

 とりあえず
 二年目に向けて走り出そうとしておるよ。

 メールやツイッターで
 リスナーの方とコミュニケーションはかろうと
 つまりは構ってくださいとアッピールしております。

メアド→ikibatamail@yahoo.co.jp
ツイッター→人生いきあたってばったり(@life0ikibata)

 メールは嫌だなぁ。
 ツイッターも面倒だなー。
 
 そんなあなたも逃げ場はないぜ!
 番組ページにコメント欄があるんだぜっ!!

 そこは完全匿名なんだぜ。
 「ゲスト」って表示されるだけ。
 あ。ログインしていたら名前が出ちゃうけど
 ピテラジに登録してなかったり、ログインしないで書いちゃえば問題ないぜ!

 でもナニ書けばいいのさ。なんてお困りのあなた!
 求めているのは
 日常の些細な愚痴です。
 
 相談されたり
 呪い代行頼まれたりもありますの。

 呪いといっても
 本格的なものじゃないよ。
 うーん。
 呪いってマイナス方向にインパクト強い言葉だからなぁ・・・。

 えっとねー。呪いイコール祈りでもあるのでね。

 モヤモヤを吹き飛ばせますようにっ!って祈りで
 メールとかくれたら
 タムラがナニカシラをナニカシラしちゃいますぞ。

 では 
 ピテラジにてお会いしましょう。

 ほなね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アナウンス。

2016年02月02日 | ラジオ日記。
 ひとまず。
 こんにちはこんばんは、タムラです。

 厄払いに行ってきました。
 中厄の本厄なので。

 お札とお守りとお箸をいただきました。
 お箸袋に書いてた言葉。
  われ今、この食を与えしものに感謝す
  われ今、この食に応ずる価値ありやを思う
  われ今、この食によりて無欲を学ぶ
  われ今、この食を以って良薬となす
  われ今、この食を受けて善き道を歩む
 食べることは生きること、だねぇ。

 そのあと、カフェに向かいました。
 一軒目・・・定休日でもないのに閉まっている
 二軒目・・・ビルごとなくなってる。
 もう、ね。
 逆にすごい星の元に生まれて来たんじゃないかと
 震えたね。

 まぁ、うろうろして、こじゃれたカフェを発見できたからよかったかな。
 きっと、ここに出会うためだったのだよと、自分をヨシヨシしてみた。

 



 ラジオのお知らせ。

第23回『人生いきあたってばったり
 バレンタインデーについて語っています。
 メール紹介や
 ツイッターで募集したアンケート結果とかやってます。

 あ。

 番組のツイッターアカウントを作りました。
 私の日常も呟くかもしれませんが、アンケートも行いますので
 よかったらフォローお願いします。

 アカウント名→ 人生いきあたってばったり(@life0ikibata)
 
 お願いしますー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だいかんのたまご。

2016年01月24日 | コバナシ日記。
大寒の卵、というものがあるらしい。

以下、引用
 二十四節気のひとつ、大寒。一年で最も寒さが厳しい時期とされ、武道の寒稽古も大寒に行われています。
この日に生まれたたまごは、昔から「食べると健康に暮らせる」といわれ、「寒たまご」として珍重されてきました。
寒さのため鶏の産卵数が減り、その分たまごの滋養分がたっぷりになるからです。
また大寒から5日間は、中国では「鶏始乳」と呼ばれ、鶏がたまごを抱き始める時期とされています。
寒たまごには「生気に満ちあふれた縁起物」という面もあるのです。そのため風水の世界では、
「寒たまごを食べると金運が上昇する」ともいわれています

もう過ぎとる・・・ということで
来年の自分が覚えていることを願う。

とか覚書をしつつ
ポシャったけどイベントで使おうと思っていたお話をここで晒してみる。
お暇な方は読んでみてください。





『わかれとであい』




高校時代、いつも一緒に行動する友人がいました。
通学の電車も同じ、クラスも同じ、毎日毎日友人と楽しく過ごしていました。
たまに喧嘩をすることもあったけど、友人は自分の悪いところはちゃんと認めて
同じ過ちは繰り返さないようにしていました。
私はそんな友人が大好きで、誇らしくもありました。
友人も私のことが好きだと、根拠はないけれど信じられる。
そんな関係でした。

高校三年の冬、私は就職、友人は進学が決まりました。
ホッとした次の瞬間、とてつもない寂しさに襲われました。
卒業したら、今までのように、会えない
そのことに気付いたのです。
でも、卒業まではまだもう少し時間がある。そう思って
今まで通り友人と過ごしていました。
そして、卒業式の日。
私は、たくさん泣きました。
友人が私の背を撫でながら言いました。

「なんでそんなに泣くの?もう会えないわけじゃないのに。会いたきゃいつだってあえるじゃない」

確かにそうだし
そう言ってくれる友人にホッとしました。
でも、そうじゃない。
そうじゃないんだよ。
上手く説明できなくて、いつものように笑う友人を見て、また泣いた。

「泣き虫だなぁ」

そう言って友人は私の背を撫で続けてくれました。

友人は、いつだって会えると言った言葉通り
会いたいときは連絡をくれたし、私が会いたいと言えば時間を作ってくれた。
でも、友人は学生、私は社会人。
時間が合わなくなって少しずつ会う時間が減っていきました。

「元気してる?久しぶりに会いたいなぁ」
「うん、会いたい!時間が合えば会おうよ」

そんなメールのやり取りがしばらく続いて
それから、パタリと連絡はなくなった。

私は、そんなものだよね。と思った。
私には会社の付き合いもあるし、恋人もいる。
友人もそうだろう。
友人は、高校時代一番仲の良かった人、という思い出の登場人物になった。

気が付けば卒業してから二年が経っていました。
先日、久しぶりに友人から連絡が来ました。

『覚えていますか?高校の同級生だった片岡です』

そんな堅苦しい始まりだった。

『最近、よく思い出すことがあるんです。
 私たちの高校の夏服は壊滅的にダサかったよね。色も黄色でさ。目立つからなのかちっちゃい虫が寄ってきたよね。
 靴下は指定でさ、一足700円もするから穴が開いても履き続けてたよね。
 マユちゃんが重ね履きしてきて、これなら穴が目立たない!と胸を張っていたね』

あぁ、そんなこともあったなぁ、と振り返って少し笑った。

『卒業式の日。マユちゃんはすっごく泣いていましたね。
 私、あの時なんでこんなに悲しがるのか本当にまったくわからなかったの。
 死ぬわけじゃないのに、遠くに行くわけじゃないのに、なんで?って
 でもね、やっと気づいたの

 もう、あのダサい夏服は着なくていい。靴下は好きなものを選べる。
 でも、それを一緒に笑いあえなくなる

 あの頃の私は、それが全然わかってなかった。今、やっと気づいて
 今、やっと、あの頃のマユちゃんみたいに泣けました。
 あの時、一緒に泣けていたら・・・そう思います。
 まだ肌寒い日が続きますが、体に気を付けて。それじゃ』

そんなメールでした。
明日、彼女とお酒を飲んできます。

おしまい

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

かなすぃ。

2016年01月18日 | ラジオ日記。
 


 塩ラーメンが好き。
 こんにちはこんばんは、タムラです。

 月に二回やって来る
 ラジオ配信でございます。

 第22回『人生いきあたってばったり
 
 何を話しているかと申しますと。
 最近のイイコト報告と
 「かなしみかるた」という遊びをしてきたのでその報告。

 かなしみかるた?なにそれ?
 って方は聴いてみてください。

 あと、
 ラジオROCKにもゲストで出てます。

 ドラマ駅伝の脚本を担当しておりますー。
 自分的にはまとめに入ったつもりで書いたのだが
 ・・・まとまってなかったな。

 まぁ、わいのわいの喋ってるので、こちらも合わせて聴いてみてください。

 
 なんというか。
 体を動かしたい欲が出て来たタムラでしたよ。

 とりあえず、ストレッチから。
 ちょっと痛いのが気持ちいい。

 ・・・そういう趣味ではないよっっ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぞめ。

2016年01月05日 | ラジオ日記。
第21回『人生いきあたってばったり』配信中!

ツイッターで募集していたアンケートの結果について語っております〜。
なので、メールの紹介はありませんが
募集はしておりますよ〜。
ikibatamail@yahoo.co.jp
愚痴とか相談、質問、呪いについて・・・など
なんでも募集中でーす。

あー。今回は写真撮り忘れちった。

kurogo−rockの『ラジオROCK』にもゲスト出演しています。
こちらもよろしくお願いします。
こっちも、まぁ、お正月なんで似たような話をしておりますが
ゲストってことで
自由にしてるタムラがいます。

・・・まぁ、
自分の番組でも自由気ままに喋ってるんですがねww


今日まで休み〜とおもてたら
出勤することになってしょんぼりしょぼしょぼのタムラでしたよ。

いやはやしかして
善いお正月休みでした。

ぼちぼち生きていきますかねぇ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さいご。

2015年12月25日 | ラジオ日記。
今年最後の『人生いきあたってばったり』配信中!
20回やね。

こんにちはこんばんは、タムラです。

バンジー旅行の話やら
君に呪いアレとかいう物騒な名前のコーナーとかやってます。

メール募集中やで。
日常における愚痴とか、呪いをかけてほしい事柄とか送ったって下さい。
ikibatamail@yahoo.co.jp

あ、注意!
まじで呪いかかる可能性が高いかもしれません(笑)
詳しくは聴いてみてください。
いや、まぁ、危ないことはしてないよ。
小市民アルアルみたいな呪いを呟いております。

あ。
ツイッターでアンケート調査なんかもしてます。
アカウント持っている方はタムラ。という名前で検索かましてみてください。
んで、よかったら回答お願いします。
結果は番組内でおしゃべりしまーす。


今年から始めたラジオ。
なんとか年を越せそうです。

継続は力なりってなわけで
いや、何の力になるのかわからんけども
頑張っていこうと思いますよ。


高笑いをすると声が割れてるタムラでしたよ。
ごめんね、聞き苦しくって。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ばんばんずぃ。

2015年12月09日 | ラジオ日記。
人生いきあたってばったり

第19回ですよっ!
ゲストさんは伊藤一壮サン。
先日行ってまいりましたバンジージャンプについて語っています。
あとはー
メール紹介ね。

んでもって、ゲスト出演もしてきたよ。

ふたりのじかん

ゲストに来てもらった伊藤君の番組です。
あれや。
もちつもたれつや。
違うかw
バンジー仲間なんでね。
バンジージャンプについて語っているよ。



とうっ!!


伊藤君の番組ページでは
バンジー旅行で収録していた音源が聴けます。





あー。
まったくラジオとは関係ないですけど
ちょっと独り言。


正解不正解を考えすぎて
鬱々とする癖をなおす。
考えたって仕方がないし
そこに縛られて言いたいことも言えないポイズン。
そんな感じ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

さんにん。

2015年11月16日 | ラジオ日記。


第18回人生いきあたってばったり

ネットラジオですよ〜
12/6まで絶賛配信中ですよ〜

ゲストさんの愚痴を聞いたり
メールを紹介したり
好きな小説について語ったりしています。


ラジオ内で話している小説を
さらにここでもご紹介!

・『十二国記〜月の影 影の海』 小野不由美
 異世界に飛ばされた少女・中島陽子
 人に裏切られ、化け物に襲われ、それでも生きていくことを選んだ陽子
 半獣の楽俊と出会い、凍った心が溶かされ始めるころ
 自分がなぜこの世界に来たのかを知っていく。
 その時、陽子の選択は?

 みたいなお話。


・『ガラスの麒麟』 加納朋子
 通り魔に襲われた女子高生。
 美しく聡明で幸せそうに見えら彼女の内面に隠されていた
 心の闇から紡ぎだされる6つの物語。

 
 こんなことを
 舌っ足らずに語っております。

 
 よければ聴いてください!


 最近
 というか
 たまにあるんだけど
 
 コトバが出てこなくなることがある。
 出てこない、というか
 喋れなくなる。

 んー。
 ラジオやるのに致命的!!

 次の収録までにはなんとか治ってますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほらぁ。

2015年11月09日 | コバナシ日記。
 コバナシ日記です。
 どこかで読んだことのあるようなものを
 つなぎ合わせたようなお話になったなぁ。
 独創性?オリジナリティ?
 難しいよねぇ。



『もしもし』


 「私の高校時代の友達の従妹の友達の話なんだけどね」
古い知人が突然電話をかけてきて、前置きなしに話しはじめた。
彼女とはそんなに親しくなかったのだけれど
まるで昨日も会ったかのような自然で親し気な口調に思わず「うん」と相槌を打った。

 「最近離婚したみたいでさ。旦那の浮気が原因で」
彼女は私の返事を待つことなく畳みかけるように話し続ける。
いかに旦那が悪い人間か、浮気相手がいかに酷い人間か、それを私にぶつけてくる。
耳から言葉の毒が染みこんで、脳味噌まで腐りそうな気分になった。

 「慰謝料をもらってその子はやり直そうって引っ越したの」
次は、彼女の友達の従妹の友達がいかに頑張り屋さんでステキな人間かを語り始める。
興味はないし、非常に面倒だけどコチラが言葉を挟む隙を与えてくれないので
電話を切るに切れない。

 「それからね、その子は猫を飼いはじめたの」
次はいかに猫が可愛いのかをダラダラ喋るのかと思いきや
彼女の言葉に少しの間が空いた。
いまだ!と思って、電話を切ろうとしたがそれを許さないかのようにまた話しはじめる。

 「その猫、姿を見せてくれないのよ」
 「餌を食べてる形跡はあるの」
 「寝ていると少しごわついた毛並みがその子の手にじゃれついてくることもある」
 「でも、姿が見えないの」

その女性が頭おかしくなってるんじゃないのか、と思った。
いい加減私もイライラしてきたので彼女の言葉をさえぎるように声を張り上げた。

 「ねぇ、あなたの友達の従妹の友達の話が私に何か関係ある?
 もう夜も遅いしいい加減にしてくれる?」

彼女は、少し黙った。

 「じゃあもう切るからね」

電話を切ろうとした時、電話の向こうから彼女の金切り声が響いた。

 「最後まで聞きなさいよぉぉぉぉ!!!!!」

おもわず動きが止まった。耳から離れた電話の向こうで彼女は叫び続ける。

 「大きくなってるんだってぇぇ!!その猫!どんどん大きくなってるんだってぇぇ!!!
 今じゃ大型犬くらいなんだって!!!ねぇ、ありえる?ありえないよね??
 もうね、キャットフードじゃ満足しないみたいでさぁ!
 最近は冷蔵庫の中のものを食い散らかしてるらしいよぉぉ??」

なんなのだろう、こいつ頭おかしいんじゃないのか?
もういい、このまま切ってしまおうと思うけれど
手が震えていてうまく操作できない。

 「み、見えないのになんで大きさがわかるのよ・・・ちょっと落ち着きなさいよ」

 「・・・見えなくてもわかるんだって・・・手に触れてくる感触とかで・・・」

クスクスと笑いながら喋り続ける。

 「でね・・・その猫が最近、いろいろ持ってくるんだって。
 初めはネズミとかスズメとか、小さな動物だったんだけど・・・」

ガタン、とベランダから音が聞こえた。
電話の向こうでは彼女が喋り続けている。

 「彼女、なんとなくお願いしてみたんだって。次は犬をとってきてほしいって。
 そしたら、次の日には犬の死骸があったって」

ガタガタとベランダの音が続いている。
私は電話片手にベランダに近寄ってみた。

 「これは、もしかしたらって思って
 試しに別れた旦那をお願いしてみたんだ。やっぱり未練はあったんだよねぇ」

そっとカーテンを開ける。

 「旦那、連れて来たよ。流石に丸ごとは無理だったみたいだけどね」
 「まぁ、一部だけでも戻ってきてよかったよね」
 「あぁ、そうそう。あなたの彼氏は今どうしてる?」
 「最近連絡ないんじゃない?」
 「でね、その子は優しいからさぁ、旦那が既婚者だって知らなかった浮気相手のことも考えてさ」
 「会わせてあげようって思ったみたい」
 「ねぇ、もしもし?聴いてる?」

 「もしもーし。ねぇ、聴いてる?」
おしまい

コメント
この記事をはてなブックマークに追加