ただの映画好き日記

勝手気ままな映画の感想日記です。
※TB、コメントは承認制です。
※リンクが貼られているコメントは表示しません。

外人部隊 フォスター少佐の栄光

2009-04-30 | 映画 カ行
20世紀初頭のモロッコの紛争地帯を舞台に、フランス軍として任務に就くことになった外国人部隊の悲劇的な末路を描く。頑迷な少佐の判断ミスで部隊は全滅に追い込まれていく。 . . . 本文を読む
コメント

ミスト

2009-04-29 | 映画 マ行
のどかな田舎町を突如襲った正体不明の“霧”。それが街を包んでいく中、身動きが取れずスーパーマーケットに取り残された人々。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

僕の彼女はサイボーグ

2009-04-27 | 映画 ハ行
20歳の誕生日、祝ってくれる友達もいないジローは、街で“彼女”と出会う。最高に楽しい一日を過ごすが、誕生日が終わる頃、彼女は姿を消してしまい、それから会うことはなかった。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

閉ざされた森

2009-04-26 | 映画 タ行
パナマの森林地帯。特殊訓練に参加した7名のレンジャー隊員が消息を絶つ。生還した隊員2名は、調査にあたったオゾボーン大尉と元レンジャー隊員のハーディに対し、訓練教官のウエスト軍曹を含め隊員4名が不可解な死を遂げたことを明かす。 . . . 本文を読む
コメント

魔法にかけられて

2009-04-24 | 映画 マ行
アニメーションの中の美しい王国アンダレーシアで暮らす心優しいジゼル。夢にまで見たエドワード王子との結婚式の日、ジゼルは魔女に騙され、恐ろしい世界へと追放される。 . . . 本文を読む
コメント

猿の惑星

2009-04-22 | 映画 サ行
地球から320光年、とある惑星に不時着した宇宙船の飛行士テイラーが見たのは、人間のように言葉を話す猿が人類を支配する恐るべき世界だった……! . . . 本文を読む
コメント (2)

カーツーム

2009-04-21 | 映画 カ行
英国の力を借りてエジプトはスーダンを侵略、支配下におさめた。その60年後、英国人将校が率いる1万というエジプト兵に対し、砂漠の民を寄せ集めて立ち上がった男がいた。 . . . 本文を読む
コメント

華麗なる激情

2009-04-20 | 映画 カ行
1508年、ローマ法王ユリウス2世は、シスチネ礼拝堂の天井を飾るフレスコ画の制作を、ミケランジェロに依頼する。彫刻家を自負するミケランジェロは時に苦悩し、ユリウス2世と対立しながらも、芸術家として次第に絵にのめり込んでいく…。 . . . 本文を読む
コメント (2)

ワイオミング

2009-04-19 | 映画 ワ行
ロッキー山脈の中で猟をしながら暮らす山男たち、ビルとヘンリーのコンビは、悪い部族に追われていた先住民の娘、“走る月”を救う。 . . . 本文を読む
コメント (2)

ダンディー少佐

2009-04-18 | 映画 タ行
1864年、北軍部隊がアパッチの奇襲を受け全滅する。本部にいたダンディー少佐は討伐隊を編成。その中には南軍捕虜の待遇改善を条件に隊に加わった、かつての親友南軍大尉タイリーンもいた。 . . . 本文を読む
コメント

ステップ / 重松清 著

2009-04-17 | 本 重松清
結婚三年目、妻が逝った。のこされた僕らの、新しい生活─泣いて笑って、少しずつ前へ。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (4)

ファイアー・ドッグ 消防犬デューイの大冒険

2009-04-16 | 映画 ハ行
ハリウッドで売れっ子の賢い犬レックスは、ある日CMの撮影中に飛行機から落下、奇跡的に助かるものの見知らぬ街で迷子に。 . . . 本文を読む
コメント

シューテム・アップ

2009-04-15 | 映画 サ行
冬のニューヨーク。黒のロングコートに身を包むスミスは、ひょんなことからマフィアに追われる妊婦を助けるハメに。恐妻家のボス、ハーツが送り込む刺客が次々と現われる中、拾い上げた銃で応戦するスミス。 . . . 本文を読む
コメント

ナイロビの蜂

2009-04-14 | 映画 ナ行
ケニアのナイロビ。ガーデニングが趣味の英国外務省一等書記官ジャスティン。事なかれ主義の彼は、アフリカで精力的に救援活動を続ける妻テッサの行動には深く立ち入らず、見ない振りを通していた。 . . . 本文を読む
コメント

ドラゴン・キングダム

2009-04-13 | 映画 タ行
アメリカ、ボストン。ストリート・ギャングに脅されチャイナタウンのなじみの質屋を襲撃したジェイソンは、凶弾に倒れた老主人から、元の持ち主へ返すようにと金色の棒を託される。 . . . 本文を読む
コメント