ただの映画好き日記

映画や本の感想です。
たまに音楽やドラマも。

パッチギ! LOVE&PEACE

2008-02-28 | 映画 ハ行
1974年、アンソンは、病気を患った息子チャンスのために京都から東京へ引っ越してきた。そしてある日、駅のホームで大乱闘しているところを気のいい国鉄職員の佐藤に助けられ、以来家族ぐるみで親しくなっていく。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

ボビー

2008-02-27 | 映画 ハ行
海外の要人たちが訪れるこの由緒あるL.A.アンバサダーホテルに、新たにその名を刻もうとする人物がいた。-ロバート・F・ケネディ- “ボビー”の愛称で親しまれている若き上院議員は、カリフォルニア州の予備選挙を圧倒的な大差で制し、パーティー会場は歓喜の笑顔で埋め尽くされていた。 . . . 本文を読む
コメント

バベル

2008-02-26 | 映画 ハ行
はじまりはモロッコ。夫婦の絆を取り戻そうと、この地を旅するリチャードとスーザン。二人の乗るバスに打ち込まれた一発の銃弾により、スーザンは重傷を負う。 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (1)

リトル・ミス・サンシャイン

2008-02-25 | 映画 ラ行
田舎町アリゾナに住む少女オリーブ。なんともブサイクでおデブちゃんな彼女が、全米美少女コンテストでひょんなことから地区代表に選ばれた。 . . . 本文を読む
コメント (4)

【速報】第80回アカデミー賞 授賞式

2008-02-25 | 映画な話
いよいよ始まります! 各賞発表ごとに更新中! . . . 本文を読む
コメント

あおげば尊し

2008-02-23 | 映画 ア行
小学校の教師をする光一は、末期ガンで余命3ヶ月となった父を自宅で介護することに決める。一方その頃、光一の受け持つ5年生のクラスではネットの死体写真を見たり斎場に忍び込んだりと死体に強い興味を抱く生徒がいた。 . . . 本文を読む
コメント

クンドゥン

2008-02-23 | 映画 カ行
観音菩薩は生きとし生けるもの全てを救う自愛と優しさの象徴だという。チベットでは観音菩薩の化身であるダライ・ラマの生まれ変わりとして民衆の中から少年が選ばれ、600年、14代に渡って脈々と現在まで受け継いでいる。 . . . 本文を読む
コメント

ツォツィ

2008-02-21 | 映画 タ行
自分の本名と過去を封印し、幼い頃からたった1人、社会の底辺で生きてきたツォツィ。仲間とつるんで、富裕階級の人間から暴力で金を奪うのだ。 . . . 本文を読む
コメント

今宵、フィッツジェラルド劇場で

2008-02-20 | 映画 カ行
ミネソタ州セントポールのフィッツジェラルド劇場。毎週土曜の夜、ここで長年に渡って公開生中継が行われてきた人気ラジオショウが、この日、ついに最終回を迎えた。 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (2)

七人のマッハ!!!!!!!

2008-02-19 | 映画 サ行
デューは国家特殊部隊に所属し、麻薬売買を取り締まる刑事。部隊長リーダムロンとともに、麻薬王ヤン将軍を逮捕するため組織への潜入に成功する。 . . . 本文を読む
コメント

エラゴン 遺志を継ぐ者

2008-02-18 | 映画 ア行
運命は、一人の少年とドラゴンを選んだ……。遥か彼方の帝国アラゲイジアは、かつてエルフ、ドワーフが人間と共存する平和な土地だった。 . . . 本文を読む
コメント

シャーロットのおくりもの

2008-02-18 | 映画 サ行
牧場の娘ファーンは子ブタにウィルバーという名前をつけ、自分の手で育てることにした。しかし「春に生まれた子ブタは雪を見ることが出来ない」運命だった。 . . . 本文を読む
コメント

オーデュボンの祈り / 伊坂幸太郎

2008-02-17 | 本 伊坂幸太郎
コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。 . . . 本文を読む
コメント

ジュマンジ

2008-02-16 | 映画 サ行
いじめられっ子のアランが、ある日ふとしたことから土の中に埋もれていた木箱を見つける。箱には“JUMANJI”という文字が刻まれ、中にはすごろくのゲームが収められていた。 . . . 本文を読む
コメント (2)

あなたを忘れない

2008-02-15 | 映画 ア行
25歳の青年イ・スヒョンは、故郷で兵役を終えた後、留学生として日本にやって来た。一方、音楽での成功を夢見てストリートライブを重ねる21歳の女性・星野ユリ。そんな2人は東京の路上で偶然出会い、音楽を通じて親交を深めていく。 . . . 本文を読む
コメント