ただの映画好き日記

勝手気ままな映画の感想日記です。
※TB、コメントは承認制です。
※リンクが貼られているコメントは表示しません。

パーマネント神喜劇 / 万城目学

2017-06-30 | 本 万城目学


  パーマネント神喜劇

  万城目 学 著     新潮社 / 2017.6




  デートの途中、突然時が止まった。
  動かない街に現れたのは、「神」と名乗る二人の男。
  ペラペラまくしたてる二人に肩を叩かれ戻った世界は、あれ、何かが違う……? 
  万城目ワールド、ここにあり! 
  アヤしげな「神様」に願いを託し、叶えられたり振り回されたりする人たちの、
  わちゃわちゃ神頼みエンターテインメント。

  
  はじめの一歩
  当たり屋
  トシ&シュン
  パーマネント神喜劇




むむむ〜、正直、「残念!微妙だー!」と思ったのですが、表題作で挽回(?)してくれました。
かのこちゃん(『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』)が出てくるんですよー!
「あっ!かのこちゃんって、かのこちゃん?」とすぐさま反応しました!
嬉しくて嬉しくて、もう泣きそうになりました!
もー、まきめくん、ありがとう!と叫びそうになりましたー(笑)。
その『かのこちゃん』が登場する表題作の『パーマネント神喜劇』は、私的にかのこちゃん登場ということもありますが、地震のお話で、少しウルっと…。
かのこちゃん、かのこちゃんの連発ですみません!

あ、『バベル九朔』も出てきました!


でもって、きゃー!まきめくんと京極さんの対談が!!!!!!!!!
新潮社
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キング・アーサー | トップ | 忍びの国 / 和田竜 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

本 万城目学」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。