ただの映画好き日記

勝手気ままな映画の感想日記です。
※TB、コメントは承認制です。
※リンクが貼られているコメントは表示しません。

リバース / 湊かなえ

2017-04-28 | 本 女性作家


  リバース

  湊 かなえ 著     講談社文庫 / 2017.3



  深瀬和久は平凡なサラリーマン。唯一の趣味は、美味しいコーヒーを淹れる事だ。
  そんな深瀬が自宅以外でリラックスできる場所といえば、自宅近所にあるクローバーコーヒーだった。
  ある日、深瀬はそこで、越智美穂子という女性と出会う。
  その後何度か店で会ううちに、付き合うようになる。
  淡々とした日々が急に華やぎはじめ、未来のことも考え始めた矢先、美穂子にある告発文が届く。
  そこには「深瀬和久は人殺しだ」と書かれていた。
  何のことかと詰め寄る美穂子。深瀬には、人には隠していたある”闇”があった。
  それをついに明かさねばならない時が来てしまったのかと、懊悩する。







ドラマを見ているのですが、先が気になって気になって…、というワケで原作を読んでしまいました。
ドラマは登場人物が増えていたり、事件が増えていたり、かなり膨らましているんですねー。

湊かなえさん、久しぶりに読みました。
デビュー作とその次まで読みましたが、同じような設定だなーと思い、2作目でストップ…。
でも、これは少し違いました。

ラストがいいですねー、随分と蜂蜜が出てくるなーと思ったら、なる程、そう使うんだ!と驚きました。
そして気になるのが、その後です。
その後を読者に委ねるほどの内容ではないのですが、それで終わるんだ…というラストでした。
深瀬はどうしたんだろうなー?と気になる気になる…(笑)。
でも、知らなかったのだから仕方ないです。
なので、悩んだ末にでも、ご両親に告白してほしいですね、彼女にも…。
久しぶりの湊かなえさんはとても面白かったです。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トリプル9 裏切りのコード | トップ | すえずえ / 畠中恵 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
リバース/湊かなえ (本と映画、ときどき日常)
恋人に送りつけられた「深瀬和久は人殺しだ」という告発文。 事故とはいえ、思いあたる節のある主人公。 恋人も去り、送り主を探し出すことに。 二度「そうきたか!」と思わせ......
リバース  湊かなえ (花ごよみ)
リバース ゼミの仲間達との旅行中に、 交通事故によって亡くなってしまった友人。 「唯一の闇を、告白する時がきた。」と帯に。 本を読み始めるとその闇がすぐに示されます。 ......