ただの映画好き日記

勝手気ままな映画の感想日記です。
※TB、コメントは承認制です。
※リンクが貼られているコメントは表示しません。

【男たちの大和 / YAMATO】

2005-12-17 | 映画 ア行


昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは、憧れの大和を前にし目を輝かせていた。しかしその喜びも束の間、彼らを待ち受けていたのは厳しい訓練の日々だった。神尾たちは上官である森脇・内田の叱咤激励のもと訓練に励んでいたが、彼らの努力もむなしく、日本は日増しに敗戦の色を濃くしていた。そして翌年の4月。米軍が沖縄上陸作戦を開始したのを受け、大和は沖縄特攻の命を下される。 (goo映画より)

男たちの大和/YAMATO 2005年/日/佐藤純彌


観てきました、戦艦大和。
大号泣・・・。特に、エンドロールでは涙が止まりませんでした。

先日、テレビ朝日で放送した番組内で印象に残った言葉、

 「平和を願う意味」

を意識して観てみました。私なりの解釈ですが・・・。
今、私がこうして生きていられるのは、あの戦争を戦ってくれた全ての方達のお陰であるという事だと思いました。
疑問もなく“お国の為に、天皇陛下の為に”と戦った方達もいらしたのかもしれませんが、でも、“自分たちは無駄に死んでいくのか?”と疑問に思いながら戦死された方達もいらしたはずです。
そうして命を賭して戦って下さったお陰で、今があるんだと思いました。

臼淵大尉(長嶋一茂)の台詞、

「進歩のない者は決して勝たない。
 負けて目覚めることが最上の道だ。
 日本は進歩ということを軽んじすぎた。
 私的な潔癖や徳義にこだわって、真の進歩を忘れていた。
 敗れて目覚める。それ以外に、どうして日本は救われるか。
 今、目覚めずしていつ救われるか。
 俺たちは、その先導になるのだ。
 日本の新生に先駆けて散る。まさに本望じゃないか。」

という台詞が象徴していると思います。
彼らのお陰で今があるように、私たちはこの今を大切に守って、しっかりと生きていかなくてはならないんだと思いました。
戦争なんかしちゃダメだよ~と思うだけではなくて、戦争を戦ってこられた方達がいたからこそ、そう思えるんであって、そこには彼らへの感謝の気持ちを込めなくてはならない、これが「平和を願う意味」だと思いました。

でもね、でもね、やっぱり、どーーーーっしても思ってしまうの。
「どうして、こんな事になっちゃうの? どうして命を捨てなくちゃならないの?」って・・・。
先駆けというなら、どうして彼らである必要があったんだろう?
結局、進歩も変化もしてないんじゃないの?
もっと考えなくちゃダメだよね。

劇場内、年配の人がほとんどで、若い世代は1割程度だったと思います。
若い人達こそこの映画を観て、先駆けとなってくれた彼らの意思を受け取り、平和を願うべきだと思います。
中学生くらいの男の子達が観ていたけど、彼らはどう思ったんだろう? きっと、蒼井優目当てだろうけど、まさか、戦艦ってカッコいい!とか思わんでくれよ!!

森脇班長役の反町隆史、今まで苦手な俳優だったのですが、かなり良かったです。いつもみたく眉間に皺を寄せて力み過ぎていず、静かな強さと包容力が感じられてとても良かったと思いました。

少兵時代の神尾克美役の松山ケンイチも良かったです。戦闘シーンの狂気な表情、恐かったです。

同じく60年後の神尾克美役の仲代達矢、も~、その存在感だけで凄いです。ラストの泣き崩れるシーンなど、あまりの凄さに、こちらが泣くのを忘れてしまった程でした。

そして、そして、なんと言っても野崎妙子役の蒼井優が素晴らしかったです。予告の段階から、彼女のワンシーンで泣ける程、とにかく引き込まれました。反町隆史同様、彼女も苦手な俳優だったので、どうかな~?って思っていましたが、本当に素晴らしかった。

臼淵大尉役の長嶋一茂、せっかくの重要な役なのに、今ひとつ、訴え方が足りなかった気もして・・・。
なので、原作を読んでみたいな~と、いつものように思った次第ですが、う~ん、他にも読みたい本がいっぱいあって困ってます。どなたか読まれた方がいらしたら、ぜひ感想をお聞かせ願いたい!(ズルい私・・・)

とまぁ~、『男たちの大和』が今年最後の劇場観賞になると思うけど、今年は戦後60年の節目の年でもあり、今年を締めくくる意味も込めて、この映画を観て良かったなぁ~と思います。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ALWAYS 三丁目の夕日】 | トップ | 上高地の切り裂きジャック / ... »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとう (musasimaru)
2005-12-17 20:13:33
長島一茂のセリフよくそこまで覚えていますね。感心しました。今年最後の映画は私も同じです。鑑賞できて本当によかった
musasimaruさんへ (izumi)
2005-12-17 22:56:12
こんばんは~。

あ~ん、ごめんなさい。台詞の覚えていた部分で検索したんです。これ全部は覚えきれませんよぉ~。

しかも、大号泣しちゃって、席を立った時には覚えていた部分もすっかり飛んじゃってたし・・・。

ホント、泣きました。号泣です。

今年最後にこの映画を観賞できて良かったです。

私じつは (musasimaru)
2005-12-18 16:03:59
この映画見るきっかけは実は長渕だったんです。むかしっから好きで、こないだのコンサートで少し映画の話聞いて興味がわいたちゅうか・・。歳明けて他に見たいのがなかったらもう一回見てもいいかなって思ってます。

お勧めがあれば教えてください。別に映画に詳しい訳ではないので、ジャンルは問いません。
musasimaruさんへ (izumi)
2005-12-18 22:31:24
こんばんは~。

おお~、長渕ファンなんですね~。あの歌はグッときますね~。あの歌のお陰で号泣だったかもしれません・・・。



オススメですか、観たいと思っているのが。。

ホントは今年は、『キングコング』で締めようと思っていたのですが、なんせ、長いのがちょっと・・・。

来年公開で観ようと思っているのは、

☆『オリバー・ツイスト』、これはロマン・ポランスキー監督です。『戦場のピアニスト』の監督です。

☆『単騎、千里を走る。』、チャン・イーモウ監督、高倉健さん主演です。

邦画だと、

☆『博士の愛した数式』は観てみたいかな。



でもですね~、これからの季節、劇場に行くと風邪やインフルエンザをもらいそうなのでちょっと悩みどごろ・・・。

musasimaruさんも面白そうなのがあったらぜひ教えて下さいね~。

私も今日見てきました。 (アスカパパ)
2005-12-19 20:30:53
izumiさんの鑑賞文を拝読して、戦前派年齢の一員として、感謝したい気持ちで一杯です。

アスカパパさんへ (izumi)
2005-12-20 22:25:49
こんばんは~。

こちらこそ、本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

今年最後の劇場観賞、良い作品を観られて良かったです。
こんにちわ (ななな)
2006-01-10 13:44:47
一茂の台詞印象的でしたよね。

彼ホントいいトコ取りでしたね!

色んなことを考える機会になったので見てよかったと思える映画でした。

なななさんへ (izumi)
2006-01-11 21:28:43
こんばんは~。

コメントありがとうございます!



そうでしたね~、長嶋一茂、いいとこ取りでしたね~。

あの台詞はズシッときましたもんね。

私も本当に観て良かったって思いました。

忘れないように、これからも観ていきたいな~って思います。
白淵大尉 (kimion20002000)
2006-04-27 12:48:20
TBありがとう。

原作はぜひお読みください。関連本も多いです。

吉田満の「戦艦大和の最後」は、とても書く著言う高いものです。大和の生き残りである吉田氏は、戦後、日銀で勤めておられました。教養のあるリベラリストです。彼の作品のなかに、白淵大尉をテーマに書かれたものもあります。大和乗艦のとき、大尉は、弱冠21歳でした。
kimion20002000さんへ (izumi)
2006-04-28 22:42:00
こんばんは。

こちらこそ、TBありがとうございました。

ご挨拶もせず失礼致しました。

おお~、原作を読まれていらっしゃるのですね~。

私もぜひ読んでみたいと思います。

情報等、ご親切にコメントを頂きまして、ありがとうございました。

感謝致します。
Unknown (あっしゅ)
2006-08-15 10:08:00
こんにちわ。あっしゅです。

close your eyes♪瞳を閉じれぇばぁ~

いやぁこの映画は今まで見た映画の中で一番泣いたかもしれません。

なんっていうんですかね、、、心の奥から込み上げてくる、昭和20年代の若い将校の思い、、、心に突き刺さりました。

男たちの大和の中で”男たちの男魂”ってやつを見せつけられました。

蒼井優ってかわいいですね。笑顔が最高です。

あっしゅさんへ (izumi)
2006-08-15 22:02:06
こんにちは!

コメントありがとうございます。

私も泣きました~。

いろんな気持ちが押し寄せてきちゃって、涙が止まりませんでした。

不謹慎であるのかもしれないけれど、死にたくなかっただろうなって、そう思いました。なので、亡くなっていった彼らの無念さと、その後を生きるものとしての感謝の気持ちと、どうしてこんなことになってしまったのかという気持ちと、本当に本当に気持ちがわさわさしてしまいます。

仰る通り、“男魂”でしたね。

そして、残った女性たちも必死で戦っていたんですよね。そんな姿を蒼井優ちゃん、立派に演じていましたね。心打たれました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
男たちの大和 YAMATO (ネタバレ映画館)
 愛する人を守りたい男がいた。思いをよせる男に死んでほしくないとすがる女がいた。そして不沈艦の映画を観て泣き崩れるkossyがいた。こんな不謹慎なブログ記事を書くkossyに不信感を抱く読者も・・・  「北緯三十度四三分、東経一二八度四分へ行きたいのです」と船頭を
「男たちの大和/YAMATO」 本日公開初日 (春 primavera)
今日は「男たちの大和/YAMATO」公開初日です 舞台挨拶が行われます、丸の内T
男たちの大和 (Short Stories)
観てきました(^O^) 川崎のTOHOかチネチッタで観たかったのですが、TOHOは上映せずチネチッタはグランデだった(自由席で音響設備も古い)ので、やむをえずTOHO海老名まで~♪こういう映画は音が大事だもんね{/onpu/}{/onpu/} 楽しみにしてた映画だったのですが
男たちの大和/YAMATO (欧風)
「男たちの大和 YAMATO」は17日から公開なんですが、この映画やこの映画をベタ褒めしちゃってるINDYならば、当然初日の初回に観に行くだろうって思ってました?いや、そんな事気にしてないしとかそう言う意見は馬耳東風でいくとして、ああ、もちろん行ったとも!例
男たちの大和 YAMATO (映画君の毎日)
最近はテレビでは戦争もののドラマはあるのに、 邦画の大作の戦争映画が少ない。 でも今年になって「ローレライ」「亡国のイージス」などの 大作も公開され、自分は最後のこの映画を期待していた。 戦争は反対だがこういう映画で心を繋いでいくべきで、
男たちの大和 (うぞきあ の場)
■ストーリー    なんか、タイタニックみたいな始まり方(回想)だと思ったら、    やはり最後までタイタニックみたい(ネックレスを捨てる→散骨)だった。    この話は、実在する、大和の乗組員の生存者の話を元に構成されているが、    結局、何を言いたかっ
男たちの大和 YAMATO (アスカ・スタジアム)
 戦艦大和に配属される数十名の海軍特別少年兵を見つめながら考えていた。彼等より2~3年後に生まれたばかりに今の私が居るのかと。  散りに行く少年兵に「砂糖が少ないので甘くないけど」と白石加代子が牡丹餅を食べさせるショットに、それまで堪えていた私の涙腺は堰を
男たちの大和 YAMATO (Rohi-ta_site.com)
映画館で、出演:反町隆史/中村獅童/鈴木京香/蒼井 優/渡 哲也/仲代達也/原作:辺見じゅん/脚本・監督:佐藤純彌/作品『男たちの大和 YAMATO』を観ました。 ●ストーリー 2005年の桜が咲き誇る季節、鹿児島で漁師をしている神尾克己(仲代達也)の元へ、戦艦大
■週末の学び12/23「大和」~男たちの大和/YAMATO必見です~ (「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
※明日が祝日なので 一日繰り上げます   急遽内容を変更して贈ります   水上特攻って知ってますか?   大切な何かを守るために 命をかけたことはありますか?   ●大和   以下をクリック ↓↓↓↓↓↓   http://www.jyohoku.
「男たちの大和」昭和は終わらない (soramove)
「男たちの大和」★★★☆ 反町隆史、中村獅童、松山ケンイチ主演 佐藤純彌監督、2005年日本 あえて言うなら 無駄な死を目にして 悔しくて堪らなかった。 無駄な死というより 無残なと 言い換えた方が正しいのか。 戦争に行くということは 死ぬかもし...
映画館「男たちの大和 YAMATO」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
「戦艦大和」存在は知っていましたが、日本史が嫌いな私はどの時代のことなのか知らずにいました。父が観たいと言っていたので、父と一緒に観に行ってきました。 戦闘機の時代に日本が一生懸命作った戦艦大和。負ける戦争だと分かっていても戦わなければならなかった。...
映画『男たちの大和 YAMATO』 佐藤純彌 (~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録)
<戦後60周年記念作品>と銘打たれた戦争巨編!! 嗚呼、日本男児たるもの、これを観ずにいられましょうか!!! ということで観てきました。うーむ、困ったな。なぜ困ったのかというと、まったくグッと来なかった! のであります。うーむ、 Oh! イッツ・ザ・非国民.
男たちの大和/YAMATO (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
「敵機は、1秒間に160mの速さで突っ込んでくる。 死んだら戦えん!生き抜くために、戦うんだ!」 1945年4月6日 3333名の男たちは、 最強最大の不沈戦艦大和と共に、 決戦の海へと向かった・・・ 「大和は沖縄に行くんじゃろ。 死んじゃら
『男たちの大和/YAMATO』 (京の昼寝~♪)
■監督・脚本 佐藤純彌■原作 辺見じゅん「決定版 男たちの大和(上下)」(ハルキ文庫刊) ■キャスト 反町隆史、中村獅童、仲代達矢、鈴木京香、松山ケンイチ、蒼井 優、長嶋一茂、余喜美子、高畑淳子、白石加代子、渡 哲也□オフィシャルサイト   『男たちの大和
男たちの大和 YAMATO (週末に!この映画!)
期待値:76%  日本の戦争映画。 テレビCMで長渕兄貴が「くろーずうゆあいず」
男たちの大和/YAMATO (Akira\'s VOICE)
2005年の終わりに届けられた力強い戦争映画。
男たちの大和/YAMATO (toe@cinematiclife)
これが、今年最後の映画。 邦画だったっていうのが、自分では結構意外だけど、またしても号泣しちゃった。 私、戦争モノは苦手なので、泣くとは思ってなかったんだけどね~。 <STORY> 鹿児島県枕崎の漁港で、神尾(仲代達矢)は内田真貴子(鈴木京香)に依頼され戦艦大和が
男たちの大和/YAMATO (映画を観たよ)
8割男性。2割女性。 そんな中で見たのにすすり泣きがたくさん聞こえました。 ちょっと低いすすり泣きがたくさん・・・ ちょっと難点は何だか感動の余韻が残らなかったって言うか色んな人が出てくるから感動場面で場面が移り変わるのが早いような気がしました。 ぶつっぶつっ
男たちの大和-YAMATO- (Alice in Wonderland)
今年一本目の邦画は俺たちの大和にしました。前々から長渕の『CLOSE YOUR EYES』が耳について早く見なくては洗脳されてしまう~って思っていた映画です。それに反町隆史のファンなんですよね。 昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは、憧れの...
★「男たちの大和/YAMATO」 (ひらりん的映画ブログ)
なんか、興行収入50億見込んでるらしいので・・・ 遅まきながら観てみる事に。 ひらりん、戦争映画苦手なんだけどなぁ・・・・・・・・・・。
戦中世代と見た『男たちの大和』 (郎女迷々日録 幕末東西)
母を連れて、見てきました。 実は見ようかどうしようか、かなり迷っていました。 なにしろ片道特攻の大和です。片道しか燃料を積んでいなかった、というのは伝説らしいですけどね。に、しましても、特攻であったことはたしかです。 悲壮美が嫌いなわけじゃあないんですけど、
『トラトラトラ!』と『男たちの大和』 (郎女迷々日録 幕末東西)
『男たちの大和』を見まして、つい思い出しましたのが、先年、DVDを買って見ました『トラトラトラ!』と『ハワイ・マレー沖海戦』です。 『トラトラトラ!』は、日米合作でハワイの真珠湾攻撃を描き、1970年に公開された映画です。 近年の『パール・ハーバー』は、アメリカで
「男たちの大和」 (月影の舞)
「男たちの大和」 (パンフ 大和のように横にでかくてがっちり。800円) いやあ、こんなに泣かされるとは。 中盤からはずっと泣きっぱなし。 戦争ものはあまり観ないので、どうなのか わからないけど、戦闘シーンはすごい迫力。 セットも豪華で、生々しい。
「大和」世界航海 40か国・地域100社からオファー !サイパン出発前に (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
映画「男たちの大和/YAMATO」が40カ国からオファー
男たちの大和 (Let\'s enjoy!失業生活!!)
自動車学校に設置されていた情報発信テレビで、ひたすらCMしていた映画。 基本的に平和主義者なので、戦争モノはあまり好かないが、出てくる女の子の仕草がかわいらしく、長渕の魂を感じさせる歌が印象的で気になっていた。 movixがメンズデイで1000円だったので、観てきまし
NO.142「男たちの大和/YAMATO」(日本/佐藤純彌監督) (サーカスな日々)
集中砲火を浴びる大和が、 伝承したかったことはなんだろう。 小さい頃、父の書斎にあった一冊の写真記録集。横長のアルバムサイズで、海軍の太平洋戦争の記録であった。日本の連合艦隊をはじめ、主たる戦艦は、巡洋艦クラスまで収められていたが、やはり旗艦「大和」と姉妹
男たちの大和/YAMATO (日々是桜)
日下公人・伊藤洋一両氏の共著「上品で美しい国家」に、実にいいエピソードが載っていますので紹介させて頂きます。 BLOGランキング参加中。ぽちっとご協力お願いします!m(._.)m
男たちの大和/YAMATO (Extremelife)
辺見じゅんのノンフィクションを「敦煌」の佐藤純彌監督が映画化した戦争スペクタクル・ドラマ。昭和20年4月、3000余命の乗組員とともに東シナ海に散った戦艦大和の壮絶な運命を描く。およそ6億円をかけて大和の原寸大のセットが組まれ、大きな話題に。反町隆史と ...
男たちの大和/YAMATO(DVD) (ひるめし。)
守り抜くと、誓った。死なないでと、祈った。
『男たちの大和』と戦艦大和の造られた呉市 (団塊の広場(カメラ、旅行、趣味、日常))
 ―「大和ミュージアム」の隣りに 「てつのくじら館」、4月にオープン!― 最近、亀さんが「戦艦大和の造られた都市」の出身です」と言ったら、「尾道ですか?」と問われた。(多少ショック!) 相手の人は、映画『男たちの大和』を見て以来松山ケンイチのファンになっ...
真・映画日記『男たちの大和 YAMATO』 (CHEAP THRILL)
4月10日(火)◆407日目◆ 会社の先輩Wさんから『男たちの大和 YAMATO』がつまらないという話を聞く。 日曜にテレビでやっていてそれを見たそうだ。 わりと評判がいいだけに意外。 ボクはそれまでこの作品を見る気がなかったが、 逆に見てみたくなった。 早速、T...
【男たちの大和 / YAMATO】 (えむしのブログ)
ストーリー  2005年4月6日、一人の女性・内田真貴子(鈴木京香)が鹿児島県枕崎の漁港を訪れ、老漁師の神尾(仲代達矢)に北緯30度43分、東経128度4分まで船を出してほしいと懇願してきた。その位置は、60年前の昭和20年4月7日に戦艦大和が沈んだ場所である。まっすぐに...