ただの映画好き日記

映画や本の感想です。
たまに音楽やドラマも。

キング・ホステージ

2018-02-05 | 映画 カ行


ミシシッピ州のダウンタウン。 この街を総べるのは、残酷な帝王、エディ・キング。キングは、貧民街出身ながら成功者となったJ・Pから金を奪うべくJ・Pの兄でチンピラのマイキーを誘拐する。一方、4日以内に35万ドル用意しろと身代金を要求されたJ・Pは、草野球仲間のサル刑事に相談する。しかし、警察本部はチンピラ同士の狂言誘拐だろうと動かなかった。サル刑事とj・Pは、潜入捜査官・ガスの協力を得て、独自に捜査を開始する。しかし、その情報をキングの兄、バディが聞きつけ、久々に街に戻ってくる。

キング・ホステージ 2016年/アメリカ/スティーヴン・C・ミラー




ニコラス・ケイジ、見事なキレっぷりでした(笑)。
序盤の、口にパイプをくわえさせて殺すシーンや兄を殺すシーンは、思わず目を背けてしまいました。
血しぶき?血ヘド?かなり気持ち悪かったです。
こういう極悪人もあまり違和感を感じさせず、さすがニコラス・ケイジなのか、本人がとても楽しんで演じていたのか、どっちかなー?と思わず考えてしまいました。

お話的には、あまり集中できるようなものではありませんでしたが、ラストはどうなるんだろう?と結構気になりました。
そのラストは、それでいいんだ?というものでしたが、まー、それでいいんだろうな…と(笑)。
ジョン・キューザックの使い方が贅沢でした。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名探偵傑作短篇集 御手洗潔篇 | トップ | 屍人荘の殺人 / 今村昌弘 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 カ行」カテゴリの最新記事