ただの映画好き日記

勝手気ままな映画の感想日記です。
※TB、コメントは承認制です。
※リンクが貼られているコメントは表示しません。

ALWAYS 三丁目の夕日'64

2012-01-23 | 映画 ア行


昭和39年。三丁目の住民たちは皆、オリンピック開催を楽しみにしていた。鈴木オートの社長、則文も大きなカラーテレビを買い、近所の人を集めて得意顔だ。長男の一平のエレキギターには頭が痛いが、従業員の六子は仕事の腕をめきめきと上げ、一家は順風満帆に見えた。そんな時、六子に思いを寄せる男性が現れた。六子が火傷で治療を受けた病院の医師、菊池だ。しかし、菊池には悪い噂があった…。

ALWAYS 三丁目の夕日'64 2012年/日本/山崎貴





いやぁ~~~、泣きました。
これまでの2作を観てきたことで既に3丁目の人々には愛着があり、成長したみんなに感激し、また思い出(淳之介のペンなど)もあり、それぞれの門出にグッとくるものがありました。

それに、今回登場した茶川の実家の父や叔母(高畑さん素晴らしい!)、六ちゃんの恋人や後輩も新鮮ではありますが、他の映画などとは違って、新鮮さよりも感慨深い気持ちでもって迎えられるような、本当に登場人物たちに寄り添って観ることができました。

みんな変わらずに元気そうで、六ちゃんは結婚しちゃうし、茶川には子供が生まれるし、淳之介は出て行っちゃうし、一平は生意気だし(可愛い!)、みんな本当に大好きです。

64年という年代がとても意味深く、戦後を必死に闘ってきてくれた人々の忍耐と努力が痛い程伝わってきて、いろいろなことを考えてしまいました。
空に浮かぶ五輪のマークを見上げている人々の気持ちを思うと、物凄く泣けてきました。
エンドロールで流れるテーマ曲もいいですね~。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 180°SOUTH | トップ | 第84回アカデミー賞 ノミネート発表 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みー)
2012-02-02 01:25:11
やっと今日観てきた~!!
大好きなシリーズ、爆泣きして明日の仕事が心配だ(笑)
今日は2本観たから、近々ゆっくり書くね♪
もたいさんもよかったよね~♪
みーちゃんへ (izumi)
2012-02-02 11:51:55
みーちゃ~ん!
泣いたよね~、久々に劇場で号泣しちゃったよ(笑)。
なんか、しみじみと良い映画だな~って思うね~。
うん、もたいさん、よかったね!

2本?お疲れだったね~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
No.299 ALWAYS 三丁目の夕日’64 (気ままな映画生活)
西岸良平のコミックを原作に、昭和30年代の東京下町に暮らす人々の悲喜こもごもを描いた人気シリーズ第3作で、シリーズ初の3Dで製作。前作「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(2007)から5年 ...
ALWAYS 三丁目の夕日‘64  監督/ 山崎 貴 (西京極 紫の館)
【出演】  吉岡 秀隆  堤 真一  小雪  堀北 真希 【ストーリー】 昭和39年、東京オリンピック開催の年。戦後19年目にして見事な復興を遂げた日本は、高度経済成長の真っただ中にあり、熱気にあふれていた。開会式の日、航空自衛隊のアクロバット飛行で作られた五輪マ...
『ALWAYS 三丁目の夕日'64』に泣くのは恥ずかしくない (映画のブログ)
 まず『ALWAYS 三丁目の夕日'64』という題名が注目に値する。  同じように題名に年数が使われた映画には、1974年から1975年にかけて公開された『エアポート'75』や1999年末公開の『ゴジラ2000 ミレニアム...
『ALWAYS 三丁目の夕日’64(2D)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ALWAYS 三丁目の夕日’64」□監督・脚本・VFX 山崎貴 □脚本 古沢良太□原作 西岸良平 □キャスト 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、       薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、...
ALWAYS三丁目の夕日’64 (my cinema days)
大好きなシリーズです!!めちゃめちゃ楽しみでした♪ いや~、淳ノ介も一平も大きく
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (タケヤと愉快な仲間達~人生は映画のように楽しまなきゃソンだがや~ )
久々の映画館。 最近多忙でずっと行けなかったしね。 朝一ロードショーに行ってきました。 勿論、2Dです(笑) 前作から4年振りですかね?確か。 帰ってきた『夕日町』の人々。 これも邦画の中では好きな作品のひとつです。 高度成長期時代の風景を見るのも好き。 ...