ただの映画好き日記

映画や本の感想です。
たまに音楽やドラマも。

大家さんと僕 / 矢部太郎

2018-01-31 | 本 その他


  大家さんと僕

  矢部 太郎 著     新潮社 / 2017.10



  1階には大家のおばあさん、2階にはトホホな芸人の僕。
  挨拶は「ごきげんよう」、好きなタイプはマッカーサー元帥(渋い!)、
  牛丼もハンバーガーも食べたことがなく、僕を俳優と勘違いしている……。
  一緒に旅行するほど仲良くなった大家さんとの“二人暮らし”がずっと続けばいい、そう思っていた。
  泣き笑い、奇跡の実話漫画。





読んでみましたー。
矢部くんの人柄そのままで、でも、大家さんに対する心の声が意外と今時?な反応の時もあって、「へー」と思うお話もありました。
大家さんのお人柄もとても素敵で、マイペースなのかお嬢様育ちなのか、ちょっとズレている矢部くんと合うんだろうなと思いました。

どのお話も可愛くて面白くて、大家さんにはクスッと笑ってしまったり、なんとも言えない気持ちになります。
1番好きなお話は『誕生日のサプライズ』、ぼた餅にお仏壇用のロウソクを立ててでも、矢部くんのお誕生日をお祝いしてあげたかったのかなーとウルっとしました。

帯に書いてある「誰かと暮らす、幸せ」という言葉が印象的でした。
大家さんと矢部くんのようなケースは稀だと思うのですが、これも縁の一つなのだろうと思いました。
このお話はまだ続いているのでしょうか?
願わくば、大家さんと矢部くんの温かな暮らしがもっともっと続いてくれたらと思います。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナイスガイズ! | トップ | 名探偵傑作短篇集 御手洗潔篇 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

本 その他」カテゴリの最新記事