ダニー食堂

右往左往の日々。

正直、辛い

2012-07-28 | もう1品
この2ヵ月半、突っ走ってきたと思う。
1mmでも現状を良くしようって手探りながら踏ん張ってもきた。

目まぐるしく状況が変わる中、周りに支えられながら何とか日々を過ごしてきた。

退院してまもなく、無理して参加した義弟の結婚式から無事に帰宅。

その時一緒に帰って来たコロラドの友達も去り、夫婦2人だけのゆっくりした時間が流れ出した現在。

ようやく自分の置かれた状況を冷静に見ることが出来始めたんだと思うわ。


ここ数日、ダニーが不満をあらわに荒れてきました。



自分で怪我したんだから自業自得でしょ?
あたし的には生活が一変してとんだトバッチリよ。
さらには八つ当たり?

勘弁してよ。

どんだけ苦労させる気?
辛いのは自分だけだと思わないで。

あたしだって精一杯やってるのよ。
精一杯お世話しているの。

文句があるなら自分でやれば?。
あーそうか、出来ないのね。
じゃぁ文句たれないでよ。

お手伝いさんなら他を探して。

何も出来ないしやらないくせに文句をたれるな。
あー、情けない。


等々。

こちらの不平不満もいっきに溢れ出たわ。
売り言葉に買い言葉で言わなくても言い事をけっこう口走ったと思う。

ある日なんて、ダニーは机をひっくり返す勢いで怒ったわ。
でも、それを片付けるのは誰だと思ってるわけ?

あたしは収まりが付かず日本の実家へ電話。
母親にたくさん慰めてもらって落ち着いたけど、心底この生活が嫌になったわ。

「自分があの子の立場だったらどうなのか。これで済むのか」
「荒れている今が普通の状態。今までが異常」
「今が辛抱時」

改めて指摘されて反省してダニーに謝罪もしたけど。
それでも日々繰り返される言い争い。
なぜなら、相手に理解や反省の色が皆無だから。

事故当初「3年は我慢しよう。もし自分だったら立ち直りに3年は必要だから」って考えていたけど、いざ蓋を開ければ3週間がせいぜいだなというのが現実でして。

あー、何もかも忘れて温泉にでもつかりたい。


コメント (11)

寂しくなるな

2012-07-23 | もう1品
ガレージでの作業を続行するジョンが気になるらしく、出入り口にへばりつくダニー。

台所と繋がっている入り口だけに、じゃーまーだっちゅうの。


適当に世間話を交えながら本人の意思を尊重しつつ時に厳しく、だいぶスッキリ方付けてくれました。

たいしたもんね。

これがマークだったらどうなっていたか。

きっと居た堪れなくなって何事も無かったかのように庭で肉でも焼き始めるんじゃないかしら。

へ~イ、ダーン!夏はやっぱりBBQだよなーとかいって。

そして、シルビーに「何しに来たんだよ」って怒られるみたいなパターンね。

うん、間違いない。

ジョンが来てくれて本当に良かった。
送り出してくれた彼の奥さんにも大感謝だわ。

手動だったガレージのドア。
ダニーでも開け閉め出来るように電動にもしてくれたし。


でも今日の夕方の便でコロラドに戻っちゃいます。


また来てね☆




コメント (5)

また猪木

2012-07-21 | 本日のおススメ
退院以降、本人が辛くてまだ立ち入ることが出来ていなかったガレージにとうとうジョンが踏み入りました。




そう、ダニーのベイビー「ポンコツ日産車」とその部品たちが散乱するダニー夢の作業場(あたし的には不燃物置き場)

今回、ジョンがコロラドから我々と一緒に来た最大の理由はこのためみたい。

別にね、車をどこかへ処分してしまおうっていう訳じゃないの。
見るのも触るのも辛い作業途中のものを片づけて整理整頓をしましょうってこと。



でもダニー泣いてたわ。

その後、ずっとふて腐れてたし。



あまりにも可愛そうなので、元気付けるべく予定を一日前倒しして夕ご飯を餃子にしました。

「沢山作ったからあの子のお父さんも呼ぼう」って言ったら「オレ調子悪いし、そんな気分じゃないし、そんなに食欲ないし」とのこと。

全て無視してガンガン焼いているとあの子のお父さん登場。
ジョンも作業を中断して着席。

あたしは男衆に出来立て熱々を食べさせるべく女中のように働きながらダニーの様子を伺うと・・・


なんのこっちゃない。
ガッツリ食べている上に

「ちーちゃん、久しぶりに作ったから餃子のテクニックが衰えてるんじゃないの?」


嫁の思いやりと愛情たっぷりな焦げ餃子にケチをつけやがったわ。




コノヤロー








食後はみんなでゲームしてダニーがお眠になったタイミングで解散。

ジョンは再びガレージへ。
一番かわいそうなのはこの人よね。

誰よりも働いて今まで目にしたことも無い訳の分からない物を食べさせられてるんだから。



明日、彼らはランチにハンバーガー屋さんに行って、その足で映画を見てくる模様。


コメント

恐れていたことが・・・

2012-07-19 | 本日のおススメ
ダニーが床に不時着しました。
本人曰く「帰宅してリラックスしすぎた」とのこと。

実際、あたしが駆けつけた時はヘラヘラしてたし。

それも呼ばれて駆けつけたのではなく、たまたま通りかかった次第でして。

幸いにもジョンが滞在中なので早速助けを求めるも「ウーン、困ったねぇ」と腕組みをしたまま微動だにしないじゃない!



      



てっきりヒョイヒョイと持ち上げてくれるのかと思ったけど、限度があるらしいわ。


そこで3人で知恵を絞った結果、ソフトタイプのスーツケースにコタツ布団を詰め込み固くし、第一ステップとする。

そこにダニーを座らせ、今度は手すりの付いたシャワーベンチを持ってきてスーツケースより少し高く設置し、第2ステップ。

そして、そのシャワーベンチから車椅子への移動に成功。


いつだかナースが教えてくれた「救急車を呼べばその都度400ドルよ」という言葉が頭の中を15往復くらいしたけど、今回の件で少し知恵が付きました。


今日の夕飯
・カルネアサーダ・ブリトー

ダニーの好物で楽しみにしてたのに体調不良にて夕飯を欠席。
その代わりジョンに大好評でした(昨夜はコテコテの日本食だったしね)

 長旅の疲れか?
コメント (3)

和食補給

2012-07-18 | もう1品
お昼にサンノゼの日本食スーパーでラーメンを食べて帰宅。

厳密に言うと、自分用にお惣菜コーナーで寿司を買い、それを平らげた上に更に亭主のラーメンも頂きました。

ジョンはラーメン初体験にして完食。
気に入ったみたい。

帰宅するなりダニーはベッドへ。
一番何もしてない人が一番体力を消耗している点はさておき・・・。

ジョンは荷物を家の中に運び入れるとリビングで自分の仕事を始め、あたしは荷解きと洗濯と食料品の買い物へ。

メニューに悩んだけど、我々のような低所得者には避けて通れぬ旅行中のファーストフード。

帰宅した今日はどうしてもアッサリな和食が食べたくてジョンには申し訳ないけどご飯と味噌汁、そして野菜が多めの豚キムチ炒めと相成りました。

ダニーは「あいつなら喜んで食べる」って言ったけど、寿司はおろか今日初めてラーメンを食べた人が味噌汁食べるとも思えず、「口に合わなかったら残してね。無理しないでね。食べるところなら近くにいくらでもあるし」って言って置いたの。

でも、思いのほかご飯をお代わりしてくれる食べっぷり一安心。

しかも予め出しておいたフォークやスプーンには触らずお箸で頑張ってたし。

ダニーとマークとジョンは全くタイプが違うけど、出せば何でも食べる辺り、やっぱり類友ね。


そして食後。

ビールを飲んでうだうだするのはあたしだけで、作業に没頭するジョン。


引越しじゃありません。
ダニー向けの部屋のアレンジです。






コメント (3)

ぶっちぎり疾走中

2012-07-17 | 本日のおススメ
灼熱の砂漠地帯でタイヤのパンクや故障が起こることを想定すると怖いので、帰りは北側のルートで帰宅することしました。

何も出来ない人と、何も知らない者同士のロードトリップ。

予測できる危険は予め回避しないとね。

そこへジョンが一緒に来ると言い出した。
あ、亭主のもう一人の幼馴染ね。

後部座席を倒して目一杯積んでいる車の荷物。
そこに一人分の座席を確保し、更にはジョンの荷物も積めと?

絶対に無理だと思っていたけど我々3人、昨日の昼頃コロラドを出発して既にカリフォルニア入りしました。

明日の午後、帰宅予定です。





コメント (2)

ダニー任務完了

2012-07-15 | もう1品
4日前の到着当日、ラストスパートをかけているところ




一昨日はダニーをマークとジョンに任せ、あたしはシルビアとまったりしてきました。

ランチして、ネイルして、お茶して、買い物してあっという間だったわ。

昨日は義妹の息子2人とシルビアんちの長男と真剣に遊んだので今日は全身筋肉痛です。

5歳児って疲れ知らずでパワー炸裂なのね。
去年までは途中でお昼寝したりして可愛いもんだったのに、やつらは怪獣よ。

その晩、ダニー実家にて夕食。



そして今日はメインイベント、義弟の結婚式。
予定通りダニーはベストマンを遂行。


事故後、何が何でもこの日は無事に終えるんだって二人で意気込んできたから、心の荷が少し降りました。

かれこれ10年近く同棲して共同名義で家も買って正に事実婚だった2人。
式の最中、二人そろって涙してたわ。

正直、「何を今更・・・」と思っていた今回の結婚式。
実際は温かい素敵なイベントでした。


新郎新婦とシルビア一家と我々。



明日の朝、義妹一家は新天地テネシー州へ、新婚夫婦は新婚旅行へ。
そして我々はカリフォルニアへ。

あの方、さっき泣いてたわ。
どうやらあたしたちがまだ何日か滞在すると思っていたみたい。

「いつ帰るの?」って聞かれたから「明日ですよ」て答えただけなのに、まるであたしが泣かせたみたいじゃない。

だから「私はゆっくりしてもいいと思ってたんですけど、ダニーがもう帰りたいって言ってるんで」って余計なことまで言っちゃったもんだから、あーこりゃこりゃよ。


とりあえず明日、家路に就きます。


←あなたのクリックがあたしの励み



コメント (2)

遠くの身内より・・・

2012-07-12 | もう1品
昨日の夕方、亭主の地元に無事到着しました。

毎年必ず実家に何泊かしていたのだけど、車椅子には不具合が多すぎる家の構造上、今年からはホテルに宿泊です。






あーーーーーー 残念 ・・・ だな~  (棒読み)






「実家に行ったって自分の部屋(2階)にすら辿り着けないんだから、あんまり行く気がしない」とダニー。


うん、辛いよねぇ。行かなくてもいいんじゃない? (♪)


というわけで、あちらの家にはまだ一度も行ってないけど今日、義弟結婚式のリハーサルで両家と近い友人らが集合してその後ディナーと相成りました。

なんとなくだけど例のあの方(誰かさんのお母様)、発言に自省してる感があったわ。

口数は控えめだったし。
何かを言い掛けてやめてみたり。

ダニーの入院中、あたしに2回くらいキレられたしね。
居合わせた義弟にも怒られてたしね。

でも今日、義弟彼女とその家族はあの方に近寄りもしなかった事実をビール飲みながらしっかり捕らえた日本人嫁。

っていうか、いくら嫌いでも挨拶もせず去るってどういうこと?みたいなー。

親戚同士がご近所って案外、面倒くさいのかもしれないわね。

身障者となった亭主を身内のいない土地で介護しながら生活するに当たり「早いところ亭主のふるさとへ引越しを・・・」と考えていたのだけど、それもどうしたものかしらって改めて考えたわ。

そんなことが考えられるのも「困ったら頼ってね」と言ってくれる近くの他人がいるからこそね。


本当にありがとう。
















コメント (2)

シルビア一家と再会

2012-07-11 | 本日のおススメ
5ヶ月ぶり、そしてダニーの事故以来初の再会。

シルビアと2人、ダニーの背後で静かに泣きました。
マークだってショックだったと思うわ。

こういう時、男って強いわね。
ダニーもマークも楽しげに車椅子や変わってしまった体について話してたわ。



平日も週末も朝は早く常に時間厳守。
むしろ予定時間の10分前には支度が整うのが常だった我々。

しかしダニーが車椅子になってからというもの、何をするにも要領が掴めず手間取り失敗続き。

そして、まぁよく寝るのよ。
起こさなければ昼まで寝てるわ。

そこに2時といえば3時半、若しくは4時になる男マークが加わるとどうなるか。


9時集合の朝食が10時前になって11時15分出発予定が12時半よ。

そもそも「出発じゃなくて、朝ごはんが9時ぃ?800km以上も走るってのに朝食が9時ってどういうこと?」な心境だったあたし。

だから朝食が済み次第、一刻でも早い出発を目指して予め車に荷物も積み終え準備万端だったんだけどさ。

朝から無駄な労力を使ったわよね。

空回りしたあたしの苦労は誰も汲んでくれるわけもなく、当たり前のように、まるで計画通りかのように12時半頃に高速に乗りました。

ラスベガスの町を抜け、砂漠を抜け、岩山に景色が変わった頃。





ユタ州に入って緑が増えてきた頃


そしてまた続く殺風景な景色








いい加減、イヤになってきた頃






コロラド州に入ったのは日没前。
宿にチェックインしたのは夜10時、お部屋でデリバリーのピザをとり解散したのは11時半でした。


今日は残り6時間、ダニー実家までラストスパートをかけます。


コメント (4)

ベガスで猪木降臨

2012-07-09 | もう1品
昨日、休憩兼給油を2回、120km/時速前後で8時間。
無事ラスベガスに到着しました。

運転よりも、到着してからの方がしんどかったわ。

だって、普段は駐車場と客室が目と鼻の先の安モーテル利用が常の我々じゃない?

同じく安いけどラスベガスの巨大ホテルの駐車場からカジノを抜けて客室までを大荷物を持って3往復よ!
8時間運転した後によ!!
朝5時から起きて一人いそいそと雑用と支度をこなしていたのによ!!!

そーれーなーのーにーぃ

手伝う素振りどころか気遣うフリすらせず、冷房の効いた部屋で呑気に雑誌を広げているダニーに殺気立ったわ。

せめて痛みで苦しい顔でもしてろっちゅーの。








コノヤロー







そんな日の翌日。

一人みみっちく賭け事をしたり($5で3時間強!!)

ホテル内を探索したり


恒例の食べ放題をしたり(ダニーがパンナコッタを人生初遭遇でフォールインラブ!)


こんなくだらない眼鏡を買ったり(ブライアンの結婚式で使うんだって)



そんなことをしながらシルビア一家の到着を待っていたのだけど、諸事情のため到着は本日深夜の模様です


明日は660km走ったところのド田舎で宿を取るか、もう少し頑張って820km地点のまぁまぁな街にするか、朝食を取りながら決める予定。



コメント (1)