ダニー食堂

右往左往の日々。

友達夫婦と山を行く

2012-04-20 | 本日のおススメ
先週末のこと。



ワイナリーでピクニックする前にぃ
適当にハイキングでもしてぇ
カロリー消費しちゃうってのはどうよ?


というノリで山へ出掛けたとしよう。

予定していたトレイルを途中で諦めなくてはならず、思いがけず長い道のりの中、矢印と共にこんなサインをみたらどう思うか。




例えそれが指す方向が現在のトレイルより急斜面であろうと「こっちに行っちゃってもいいんじゃない?」「近道じゃない?」「なんかどこでもドアっぽいよね」と先を急いだあたしとMionaさん。

そして、それに続く各々の伴侶たち。

方向感覚が良く、山歩きを得意とするダニーが後ろを付いて来ているという事実が、トレイルが獣道のように頼りなくなってもあたしを前に進ませたわ。

しかし、残念ながらあのマークは岩登りをする人用の案内でした。

どうやらロッククライミングに使用するこれを意味した標識のようなんだけど



分かり難いにも程があるわ!


もっと、こういうのとか


こういうのとか


こういうのがナンボでもあるでしょっちゅうの。



それを何故にこれなわけ?





結果・・・・・・



よく国立公園などで「あの人たちどっから歩いてきてるの?」という感じで大きくコースを外れて現れる散策者を見かけるんだけど、まさにその状態だった我々。


道なき道を行くMionaさんとP氏。



でもね。



何が忌々しいかって、サインの意味を知っていて黙っていた亭主よ。

自分は山歩きは好きだけど、嫁がすぐ疲れた暑い寒い眠い(本人曰くウィー単語)を連発するために思う存分に歩けないのが不満のダニー。

普通の道を行くより楽しくなると思ってわざと黙っていたらしいわ。

そしてその晩、しみじみと言ってたもの。
「今日は楽しかった。本当に楽しかった」って。



あたしも、楽しかったけどさ。
多分、楽しかった項目が違うと思うのよね。


←あなたのクリックがあたしの励み

コメント (2)

そのマーケティング戦法に疑問を感じないのか・・・

2012-04-18 | 本日のおススメ
パート先があるのは家も安けりゃ治安も悪い街。

居住者の多くがスペイン語を話し、日銭で生活している人が多く住んでる感じ?

そんな街にある職場のレストランに、行商人が来るの。
黙って入ってきて、笑顔で商品のお披露目。

そのやり方が合法なのか違法なのかは知らないわ。
とりあえず、この不況の中みんな頑張って生きてるのよね。

で、売り物は花だったり、青果物だったり。

5kGはありそうなオレンジが3ドルとか。
箱いっぱいのキュウリが5ドルとか。

大所帯の同僚が仕事中にも関わらず、時々買ってるわ。

昨日はギターの形をしたオモチャを売っている人が来たの。
全部で30本くらい持っていたかしら。

鮮やかな原色で塗られたそれらを首から体にくるりと1周ぶら下げた姿を見た時、新しいタイプのポンチョでも着てるのかと思ったわ。

あっポンチョってこれね。


注意を引く点では間違いないわね。
でも、びっちり360度ぶら下げている様から殆ど売れていないのが明らかなのは残念。

で、問題はそれをいくらで売っているかって話よ。


20ドル


安い家を大勢でシェアして生活している人が多く住む街で、子供に20ドルのオモチャを買い与える人が何人いるのかっちゅう話じゃない?

彼が求めているのはアテンションなのか、それともやはり売り上げなのか疑問に感じながら眺めていたあたし。

彼が店の外に出てもなお、眺め続けたわ。
そしたら誤解をさせてしまったみたい。

満面の営業スマイルをガラス越しに送り続けられ、居た堪れなくなったあたしは奥へ引っ込んだの。




およそ1分後・・・・・






まだいた!!
しかもスマイルのままだし。


どんなに媚びられても、買うかっちゅうの。




だって、



あたしだって日銭が大事なのよ!



今日の夕飯

・もやしのソムタム
・肉野菜炒め



←あなたのクリックがあたしの励み
コメント (2)

職場のまかない風景~ある意味新鮮

2012-04-17 | 本日のおススメ
「仕事の合間にどうぞ」と切り分けられたパパイヤやオレンジに赤唐辛子が振られていようと、お味噌汁にチリペーストを入れて飲んでいようと、青唐辛子を直にかじっていようと、もう驚かなくなったパート先のメキシコ人従業員たちの食事風景。

今日は別の意味で新鮮だったわ。


一人はどんぶりで納豆ご飯。

もう一人は同じくどんぶり飯に冷奴と鰹節とネギ。

そしてざる蕎麦に海老天を頂く自分。


不思議ね。
完全にこちらの偏見なんだろうけど、全くもって親近感が無かったわ。



再びカニータスな夕飯

ブリトーを作るダニー皿


あたしのケサディア
    ↓

何とかそれらしく完成☆




←あなたのクリックがあたしの励み






コメント (2)

悩んでます。

2012-04-13 | 本日のおススメ
今日はあの子のお父さんも呼んでカレーの日。

最近入手したクロックポットを活用して、パートへ出ている間に煮込んでしまおうという作戦。

材料をただボンボン入れておくだけでもオッケーのようだけど、予め肉と野菜は炒めてカレールーは細かく刻んでおくという、我ながら完璧な下ごしらえだったわ。





でもさ・・・・・・







さっき、帰宅して気が付いちゃったのよ。









コンセントを入れ忘れていたら元も子もないってことに。






人が来るまであと3時間、どうしたもんだか。
とりあえずビール飲んでPCやっちゃってるんだから、どうにもならないわね。




あー、こりゃこりゃ。
←あなたのクリックがあたしの励み
コメント (3)

慣れか怠慢か

2012-04-12 | 本日のおススメ
パート先のやすっちい食堂。

にもかかわらず、あれはこうして、これは入れないで、この代わりにあれを入れて等々と余計な注文をしてくる人が時々いるのよ。

へぇへぇ、かしこまりましたとばかりに出来る限り相手の注文に答える姿勢ではいるものの、本心は「ここは高級レストランかっちゅうの」って感じなわけ。

まぁ、アレルギーとかベジタリアンなら仕方ないじゃない?
でもそういう人って大概、上手にオーダーして上手に自分が食べないものは弾くのよね。
要はこちらに大した手間を取らせない人が殆どなのよ。

そんな中・・・・

今日も忙しい最中にいらっしゃったわ、ややこしいおじさまが。

「僕は偏食とかじゃなくて、何でも食べるんだけどね」という前置きをされた時点で嫌な予感がしたあたし。

案の定、サイドから付け合せの野菜に至るまで細かく本来のメニューを変更をしてくるじゃない。

一体どのお口が「何でも食べる」とか言っちゃってるのかホントに不思議だったわ。

暇な時ならまだしも、忙しい時にそれをやられると厨房の人も嫌がるのよね。

オーダーを取った責任があるいじょう、厨房の人にも少しでも気持ちよく仕事をしてもらうべく見易いように伝票にも書き込みたいいのに、あーでもないこーでもないとやられるとグチャグチャになるの。

でも何とか上手い具合に書き留めて、確認のために言われたとおり長々と復唱。

余計なこととは認識しつつも最後に「でーもー、あなたは偏食じゃぁないんですよね」ってところまで確認しちゃったわ。

そして「はい、ありがとう」とメニューを下げて引き下がってきた嫌なウェイトレス。


あの人たちチップ置いていったかしら・・・




今日の夕飯

・鶏の赤ワイン煮



←あなたのクリックがあたしの励み

コメント

春の日差しが眩しかっただけ&うちの新入り

2012-04-10 | 本日のおススメ
先週末の話。


芝刈りをマメにするお隣のビリーおじいちゃん。

我が家の敷地もついでにやってくれちゃう時があり、有難いやら恐れ多いやら。

そのお隣さんの裏庭からその日も芝刈りの音が聞こえてきたの。

「今日も精が出ますねぇ」と視線をやると、塀の隙間から若い子が作業をしてるのが見えたわけ。

おや、近所の子に芝刈りのアルバイトでもさせてるのかしら・・・
そんなことを考えながら家に入り、ダニーに言ったのよ。


「ねぇねぇ、見掛けない白人の子がお隣の芝刈りしてるよ」って。




そんなこともすっかり忘れた30分後くらいだったかしらね。
庭へ出たダニーが中に戻ってくるなり真剣な顔で聞いてきたの。

「メガネはいつ作る気?ドクターにアポはいつ入れるの?」って。

最近、夜道の運転に少し支障があるあたし。
他の車のライトがぼやけるのよね。

でも、急ぐ話じゃないし・・・
っていうか、何よ突然?

真顔のままダニーが教えてくれたわ。

隣で芝刈りをしているのはビリーの孫。
しかも黒人の少年だって。


そうそう、我が家にも文明の利器クロックポットがやってきました。



さっそく今夜はおうちメキシカン

・カニータスブリトー

亭主が大絶賛にてあたしも満足☆


←あなたのクリックがあたしの励み



コメント

久々のReallyシリーズ ~自意識過剰

2012-04-03 | お一人様歓迎
ここアメリカでも「背が高いね~」と言われるあたし。

日本で働いていた頃、普段より高めのヒール靴を履いていると

「あれっ?一晩で何センチ伸びるんだよ?」

とか、

「今日はいつもより大きくない?」

や、

「また伸びた?」

などなどと、こまめに突っ込んでくれる人がいてね。


その都度

「昨日は寝る前に牛乳飲んだんです」

とか、

「いやいや、そちらが縮んだのでは?」

とか、

面倒くさい日は「いつも通りですが何か?」

などと返していた日々があったのね。




今日は完全にあたしの聞き間違いだったわ。

オーダーを取りに行ったとき、お客さんに聞かれたのよ。

「@#$%^トロ トゥデイ?」って。

出だしの部分がちゃんと聞こえていればこんな間違いはしなかったと思うんだけど、何せパート先で扱うのは安そうな赤身ばかり。

トロなんていう単語自体を職場で耳にしたのはこれが初めて。
っていうか、トロって英語でもトロなの?

何度も繰り返すようだけど、LとRの発音の判別が極端に苦手なあたし。
お客の発した英語風のトロがTALLERに聞こえてしまい1.5秒ほど考えるも「また伸びたんじゃない?」と判断。

またこの手の話題?と内心ため息をつきつつReally?と大げさに反応したところ、相手の反応がおかしいじゃない。
そりゃそうよね。

即座に自分の失態を理解するも可笑しいやら恥ずかしいやらで、うろたえた34歳。




←あなたのクリックがあたしの励み
コメント (1)