ダニー食堂

右往左往の日々。

豚肉サイコー

2008-11-30 | お一人様歓迎

本日はバラのスライスでネギソース。
やっぱり仕入先は週末に行った韓国食品店。
地元のスーパーじゃあの品質と薄さは不可能。
"Thin Cut"って記載のパックを見るたび「どこがだよ」って何度一人で突っ込んだことか。

『精肉コーナーの人に言えばやってくれる』というのをどこかで読んで頼んでみたことがあったの。
肉屋「どの位の薄さ?」
あたし「Paper thinで」
肉屋「うーん、そんな技が僕にあれば良いなって思うよ」
あたし「・・・」

あー、駅前のスーパーが懐かしい。
ダニー不在にて若干弱気な日曜日。


コメント

餃子にニラは不可欠です

2008-11-29 | 本日のおススメ


「この子はホンッとに餃子が好きなのね」ってうちのお母さんがダニー見て言ってたっけ。

そうなのよ、大好きなの餃子が。
我が夫の好物を頻繁に作ってはあげたいのは山々なんだけど、肝心の「韮」が近所のスーパーには置いてなくって。
それでダニーが休みの日に車で例のお刺身がっかり店まで買いに行くんだけど、お昼を過ぎると大概は売り切れてるのよね。

諦められないダニーが一度『ニラ無し』でやってくれって言い出したことがあって、あたしは一生懸命ダニーをなだめたり説得したんだけど姿かたちが韮と若干似ているからっていう理由で『ねぎ代用で』とまで言うわけ。

「ニラ無し餃子」が旨いか否かは本人に体感してもらった方が話が早いわって判断して一度キャベツと本人推薦のネギで作って差し上げたの。だってこの先、ニラが売り切れのたびに同じ会話をスーパーで繰り広げるなんてまっぴらだもの。

以降、我がままを言わなくなった賢いダニー。

そんな経緯があって「この際ニラに関してはオンラインショッピングで手間を省きましょう。多少、価が張っても確実に入手できるならば」って事で意見が一致して、試しにニラ1束をショッピングカートに入れて清算をしたところ・・・・

ニラ1束 $1.60
送料  $32.0 

あたし「これじゃ平日にあたしがバスで買いに行った方が遥かに合理的だね」
ダニー「すぐそこのインチキ日本食レストランで一皿$8.50のヤツをオーダーしてその不味さにがっかりする方がマシ」・・・という結論に。


それにしても、今回は美味しくできた!
きっと韓国食料品店で買った豚挽き肉が違うからだわ。
いつもは近所のスーパーで買うんだけど、低脂肪志向の強いアメリカ人(!!!)好みの赤味が多いのしか置いてないの。
今回の豚挽肉は完全にうすーいピンク色。
仕上がってみたらやっぱり肉汁じゅわーでうまーっな最高の出来でした。
コメント

焼肉と白身魚のカルパッチョ

2008-11-28 | 本日のおススメ
っもー。
失礼しちゃうわ。
確かに安かったけどさ。

海の無いコロラド州デンバーのレストランで食べたお刺身のが100倍うまかったわよ。どれだけ旨かったかというと日本の居酒屋で食べる刺身となんら差がない程の品質。

それなのに今回の買い物といったら・・・

海辺の町の有名日本食店だからって完全に信用してたあたしも甘かったけど、生魚に何の知識も興味もないダニーがパックから出した刺身用の柵をみて「っうー、ちーちゃんコレ半分乾いちゃっるよー」て一目で判断できたほどの品質。

悔しいわ。
本来ならばあたしが購入前に見極めるべきところなのに。
アメリカ内陸部出身で生魚大嫌いな男に盲点を付かれたなんて。
店頭のライトとディスプレイって恐ろしいわね。

でもあたしだって負けてないわ。
主であるダニーが食べないお刺身を自分用に買って無駄にはできないじゃない。
向こうが見えるほどの薄切りにして、おされにカルパッチョにしてみたの。
オリーブオイルとビネガーで水分補給して少しは潤うハズって。
香草も刻んで胡椒もして。

見栄えだけは良くなったけど、努力は報われなかたっわ。
不本意ながら完食には程遠く。
いろんな神様ごめんなさい。

さてさてさて。
2人のメイン、焼肉だけは私たちを裏切らなかったわ。
「お刺身がっかり店」の近くの韓国食料品店での味付済みの品。

近所に友達も無く、折角のお刺身も最悪の品質、その上に焼肉にまで裏切られたらさすがのあたしたちも涙を流すところだったわ。

カムサミダー








コメント

感謝祭日の通常メニュー

2008-11-27 | 本日のおススメ
あらThanksgivingの本番は今日ですか?

知らないわよ、そんなの。
ましてや外国の祝日なんてねぇ。
日本の祝日だってひとまとめに「出社しなくて良い日」で何年も生きてきたんだし。
そしてその前日は「普段より余計に飲んでも良い日」以外のなにものでもなかったし。

ウソです。
うすうす気がついていました。
道ですれ違う人に「Happy Thanksgiving」て言われるし。
テレビでパレード中継してるの観たし。

でもね。
七面鳥なんて焼くわけがないじゃない?
強いて言えば、数ヶ月前に日本へ嫁いできた外国人嫁が正月に御節をこしらえますかっちゅう話よ。
大体、あの巨大な鳥類のおケツの中に指を突っ込んで詰め物するのよ?
そこまで人生割り切ってないわ。

それでもホリデームード満々のダニーは今日も出してくるのよアレを。
そして嬉しそうにアパートの玄関先にセットするの。

タララタッタラー♪(ドラえもん風)「携帯バーベキューセット」

出たよ・・・。
仕方ないからあたしもビール片手キッチンへ。
今日は照り焼きチキンロールが食べたいんですって。

それにしてもアレよね。
夫婦して友達がいないのね。

お互い国は違えど家族と離れて暮らしてることには変わりないじゃない?
そんな時って普通どちらかの知り合いにお呼ばれされるとか、似たような境遇の者同士でパーティしたりしないのかしらって、ふと思ってダニーに言ったの。
「私たちこの町に友達いないね」って。
「そういわれてみれば・・・」

嫁に指摘されるまでその事に気がつかないなんて。
ふっ、かわいいじゃない。

本日のメニュー
-Bratwurst(香辛料の効いたソーセージ)
-照り焼きチキンロール





コメント (2)

サービス品 鶏の唐揚げ

2008-11-25 | お一人様歓迎
・鶏唐のピリ辛オーロラソース和え
・鶏唐の香味ねぎソース和え



「ちーちゃんなに食べたい?唐揚げの他に。」
「この子は鶏肉さえ与えておけば静かで良い子だから。」

幼少時代の両親の言葉を今でも鮮明に覚えてるわ。
あー、日本の家族に会いたい。

でもアレね。
子供のときは唐揚げだけで十分満足してたのに、今じゃ「ビールなしで肉が食えるか」状態。
こうやって成人病の魔の手が忍び寄ってくるのねきっと。

ダニーと出会う前は親より先じゃなければOKな「人生45」でこの先を見積もってたけど、あの時と今とたいして食生活変わってないかも。

健康的なビール生活どなたかご指導ください。
コメント

見知らぬランディ

2008-11-25 | もう1品
日本の携帯って高品質かつデザイン性にも優れててなんて素晴らしいのかしら。
あんなことも、そんなことも、更にはこんなことだって出来ちゃう。

それに比べてアメリカの携帯電話ときたら・・・。
家でも車でもケーキでも何でもかんでも大きければ良いと思ってる連中が無理して小さいのを作るから今度は機能が充実しないんじゃない、ホンとにお馬鹿っちょなんだから。


・・・と悪口はこれくらいにして。


あたしの携帯にランディ宛の電話が頻繁に掛かってくるの。
多いときは日に3回とか。
土曜の朝7時とか。
30分置きとか。

一度言ったの。
「あのさー、あなたが初めてじゃないのよねーランディ宛に掛けて来るの。もうしょっちゅう」って。
そしてら「ごめんね。彼は僕らの同僚なんだ」

その後しばらく落ち着いたから社内で改善されたのね・・って安心してたあたしが甘かったわ。

どこの地域かは知らないけど市外局番は858。
858で始まる番号は100%間違い電話だってこの2ヶ月の間に学習したから今日は思いきって『もしもし』も言わずにこう出たの。

「ランディじゃありません」

相手は失笑。


日本の着信拒否機能に値する設定が見つからなかったから困ってたんだけど今、答えが見つかったわ。
出なきゃいいのよ
考えるまでもない問題でした。
コメント

テクニシャン・ダニー

2008-11-24 | もう1品
「出来たらで良いんだけど、ここ縫っておいて」って作業着を渡されたの。
確かに穴があいてるわ。

既に同じ色の縫い糸と充て布まで用意していて「ココにこういう風に布をあてて、その周りとここをこういう風に縫ってくれればいいから。大体こんな感じで」って見せられたのが別の部位。
なるほど、前にも破けたのを直したのね。
あら随分と丁寧な仕事だこと!さすがプロの仕事は違うわ。
日本でスカートの解れを直すと2千円くだいだったかしら。

お裁縫は決して得意じゃないけど、ここはひとつ「出来る妻を持ったダニー」にさせてあげたいじゃない。
「お金を払って業者に持っていくところをうちの奥さん家で直しちゃったよ」って。

何かと大雑把なアメリカ人の仕事に比べたらきっと「家庭科2」のあたしの仕上がりの方が良いに決まってる。
駄目なら前回と同じ業者にお願いしてもらえばいいんだもの。

気分を出すために「かぁさんがぁよなべぇをして」って歌ってたのも最初の5分。
あたし必死。

心して丁寧に作業をした甲斐あって上出来の仕上がり。
帰宅したダニーに「難しくてあまり上手に出来なかったわ」って卑しくわざと謙遜して。
「うーん、まぁ悪くないね。いいよこれで。ココをもっとこうしてあーしてくれれば本当はもっと良かったんだけど。まぁありがとね」とダニー。

なーにぃ?
この上から目線のコメント。
「やっぱり職人の様には無理よ。これみたいには出来ないわ」って前回のお直しと比べさせたの。


「これ僕がやったんだよ」


返す言葉もない自称「アメリカ人よりマシ」なあたし。
何でも直しちゃう器用な所にも惚れたのだけど、まさかお裁縫まで出来るとは知らなかったのよ。

侮れぬダニー。

コメント

初感謝祭ディナー

2008-11-23 | 本日のおススメ
・七面鳥
・ミートローフ
・マッシュドポテト
・グリーンビーンズ
・コーンプディング


お呼ばれされた先はダニー母の従兄弟の家。
そこの親戚一同に混ぜて頂いたのだけど、遠い親戚なだけにダニーも「あー、名前だけは聞いたことがあるようなないような・・」人々。

ただでさえカタカナの名前に弱いあたしに追い打ちが。
ディビットが3人もいるじゃない。
「中年デイビット」「小太りデイビット」「ヤングデイビット」うーん、「貧疎なデイビッドのが語呂がいいかも」て心の中で勝手に命名して遊んでたの。

駄目ダメ駄目、いけないわ。

ここから遠く離れたコロラド州片田舎町に居を構えていながら、ダニーとあたしのことには恐ろしく耳が早いダニー母。
この中の誰が通報するか分からないもの。
ここはダニー嫁として失態及び失言は許されないわ・・・ってビール飲みながら作戦を練るあたし。
あら、ワインもあるわ。
やだリラックスしちゃったじゃない。

お陰で余計な事を考えずに食事を堪能できたけど。

でも「ボロがでないうちに」って片付けを率先して手伝って、ダニーに穏やか且つ厳しく帰宅を促して何とかデザートが回ってくる前に退散完了。

心配していた渋滞もなく、アパートに帰ってから「お疲れ様」の乾杯。
自宅でパジャマで飲むビールは格別に美味しいわね。
 
コメント (2)

ユニバーサルスタジオ

2008-11-22 | もう1品
遊びに行くのに朝5時起床。
まだまだ元気ね、あたしたち。
LA在住の親戚宅で感謝祭の食事に呼んでもらったついでのユニバーサルスタジオ。

週末とはいえ朝が早いとまだ人は疎ら。
だからキングコングやってみたり。




ジョーズに食われてみたりもして。




実は撮られてたのはおケツだったり。


それにしてもMUMMYは怖かったわ。
動き出した3.5後はひたすら祈って堪えてただけ。

デスパレイトな妻たちのセットが見れたのには感激。
午後2時には全て制覇してザ・シンプソンズに限っては2回乗っちゃうし。

来年の今頃にまた来たい感じの遊園地でした。



コメント

ウェルカムバックディナー ~今回のメインは豚肉2品~

2008-11-21 | 本日のおススメ
・アボカドとトマトのサラダ
・キムチ
・ポークチョップ
・豚の角煮
・白米
オマケ:トルティーヤチップ&自家製サルサ

豚のサイドディッシュがまたも豚っていうのはご愛嬌で。
Oink Oink

7月から一緒に生活し始めてからというもの一体これで何回目だろうか、この「お帰りなさい特別メニュー」。
メインが1品多いだけなんだけどね。

1ヶ月以上留守だったこともあったっけ・・・。
週6日いないことも多々あったわ。
6日ぶりに帰宅した翌日から3泊4日とか。

翌朝、送り出すときに言ってあげるの我が亭主に。
「寄ってくれてありがとう。また来てね」って。
嫌味な女ね私ったら。

幸いおうちでご飯はダニーも楽しみらしくって「昨日ねオレねこんなもん作ってもらっちゃったぜ」って職場で話すんですって。
きっとアメリカの一般家庭じゃ食卓に並ばない和食や中華を自慢するんだと思うけど、今じゃ同僚のほうから聞いてくるらしいの。
「オマエんち昨日の晩飯なんだったの?」って。
君たちは小学生ですかっちゅう話だけど。

本当は今晩からLAの親戚のお宅にお泊り予定だったけど、5日ぶりにゆっくり家でご飯を食べたいねってことで夜のドライブは中止。
その代わり明日の朝5時出発ですって、ガクッ。

あー、早く帰って来ないかなー
先に飲んじゃうわよ。
コメント