ダニー食堂

右往左往の日々。

効かない催眠療法と自分の中のトラウマ

2017-06-17 | 本日のおススメ
昨日の豚キムチ




ダニーの痛みの催眠療法へ行ってきました。

到着後、まだ時間があったから外でお喋りしながら人間ウォッチングしてたの。

脊髄損傷を専門に扱う病院だけに、行き交う人の多くは車椅子ユーザーでさ。

偶然、知り合いにも会ったりしてお互いに痙攣や痛みの話をしてたわ。


男性の方が車椅子の若いカップルが目の前を通り過ぎた時、ダニーが言ったの。


彼はまだ怪我して間もないねって。



ダニーが口を開く前からあの二人を5年前の自分たちに重ねて見ていたあたしは既に目がウルウルしてたのだけど、その言葉で「ああ、やっぱり・・・」と涙が溢れ出たわ。

兄妹かも知れないし、単なる友達かも知れないし彼らの関係性は知る由も無いけれど、あたしたちには夫婦に見えてね。


彼らはこれからあそこを通過していくんだね、辛い日々だったけど僕らに出来たんだから彼らにも出来るよ。


そんなダニーの「僕たちはもう乗り越えましたけどね」的な発言に違和感を感じて涙が引っ込みました。



因みにその後の催眠療法を終えたダニーにどうだったかと尋ねたところ、



良かったよ。

ずーと横になっていられたからね。

以上です。





今日の茶色い夕飯予定
・餃子
・肉じゃが
・ご飯と味噌汁
・サラダ


今夜も飲むぞー
『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 想定内でも目の当たりにする... | トップ | マット君が少し心配な件 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL