会津若松居酒屋

会津若松でおいしい居酒屋

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

会津若松居酒屋 宮城で修行中に被災の酒蔵後継者・鍵和田亮さんが経験糧に一人前目指す/松田

2011-09-20 16:03:23 | 会津若松居酒屋
東北の酒造会社で修業中に東日本大震災に遭い、経験を糧に一人前の蔵人を志す若者がいる。中澤酒造(松田町松田惣領)の後継者で、宮城県大崎市の「一ノ蔵」で4月まで研修を受けていた鍵和田亮さん(24)。薫陶を受けた蔵元への感謝を胸に、今秋から加わる家業の酒造りに意欲を見せる。

 鍵和田さんは酒造りを本格的に学ぶため、大学卒業後の2009年4月、一ノ蔵の門をたたいた。1年目は麹(こうじ)の管理など酒造りの現場を、2年目は営業担当に同行して経営の基礎を学んだ。

 2年間の研修が終わりに近づいた今年3月11日。内陸の大崎市は津波の被害こそなかったが、震度6強を観測し、一ノ蔵の倉庫は酒瓶が散乱。余震の影響もあり、製品約1万7千本が破損した上、仕込み蔵も被害を受け、酒造りは約1カ月間中断を余儀なくされた。

 従業員の中には津波で家を流された人もいたが、「ショックを受けている場合じゃないと、互いに支え合って乗り切ろうとしていた」。親元を離れて暮らす鍵和田さんのために、食料を分けてくれる人も。「炊き出しを行うなど、会社が社員のことを気遣う姿勢」にも感銘を受け、「会社と社員の信頼関係が素晴らしかった」と振り返る。

 酒造りを再開できた直後の4月25日に帰郷。実家の中澤酒造で今秋から始まる酒造りに、祖父で9代目の金吾さん(80)、父で10代目の茂さん(52)とともに、3代そろって取り組む。

 同酒造は江戸後期の1825(文政8)年創業。茂さんは貴重な経験を積んだ“11代目”に「責任感が身に付いたように感じる。学んだことを生かし、自分の酒を造っていけばよい」と期待を寄せる。

 鍵和田さんは「一ノ蔵の社長をはじめ、蔵人とのつながりを今後も持ち続け、できることがあれば何か協力したい」と恩返しの気持ちを胸に、「実家の伝統を守りながら、新たな味にも挑戦したい」と意気込んでいる

会津若松ホルモン焼肉

会津若松ホルモン焼肉

会津若松ホルモン焼き

新宿ホルモン焼肉

赤坂ホルモン焼肉

池袋ホルモン焼肉

新橋ホルモン焼肉

ホームページ作成

ホームページ作成激安

ホームページ作成料金

ホームページ作成格安
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会津若松居酒屋 節水、省エ... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。