いやしの里

手術、西洋医学医療や薬を使用せず、免疫力と体質改善で
重い病気を根元から回復、病気予防と病気にならない体を目指すブログ

(2/2)回転寿司を考える!

2017-05-16 21:24:34 | 添加物害、薬害、サプリ害

ポッチ! あなたにも私にも笑顔を!
代替療法 ブログランキングへ



今日はネタの話です

前回はシャリの話でした

シャリが大きな問題を

持っている事が

お分かり

いただけたでしょうか?


回転寿司の場合

なにかと衛生や管理が

話題となっています


管理が悪いとネタの性格上

細菌(大腸菌など)が

急激に発生するので

その点が心配になります


回転中の時間の問題や

ネタとシャリを握る時に

ネタが常温で放置されて

いるかもしれません
(見えている限りでの
判断ではその都度冷蔵ケースに
入れているようです)


特に回転寿司では皆さん

満腹まで食べてしまいがち


そう言う状態で

細菌が繁殖しやすい

生魚を食べると


そうなるとお腹の調子が

悪くなり、体力、免疫力が

低下してしまいます


さてその前提の中で

さらにいくつかの問題点が

あります


今日はネタの代表の

サーモンとマグロの話


回転寿司では可能な物は

養殖魚をほとんど

使います


養殖業者は絶対に

養殖魚を食べないと言います


養殖魚の怖さを知っている

からです


養殖業はたくさんの

薬を使って養殖します


当然1円でも安く提供する

ためには、フードの品質は最低


飼育は過密で、水質が悪くなるため

あるいはストレスが高まるので

魚の病気は常日頃


それを防止するため

様々な薬を餌に添加する


特に抗生物質の大量投与を

続けるため

奇形が頻繁に発生する


普通市場経由なら

このような魚は廃棄処分


しかし、加工して出す

回転寿司では捨て値で

買い取る事が出来る

これを使うという噂が

出て来る


頻繁に使われるという

下加工は専門業者が

行う事が多いから


回転寿し業者は

知らないか、知らないフリを

しているかもしれない
(真相の程はわかりません)


さらにサケの場合

多くの種類は

肉の色は本来白色らしい


肉の色が赤いのは

エビやカニを

サケは大好きで

食べるからという


養殖魚ではそんな

高価な餌は与えられないから

代わりに合成の着色料を

餌に混ぜて飼育する事に

なります
(本物のエビやカニを
入れている餌もあるかも
しれません)
*当然養殖にもランクが
 あるのかもしれません


実はマグロも同じ

マグロは品質が悪いのは

黒ずんだり、黒の斑点が

肉に出るらしいです


マグロの安いのは

黒ずんでいるから

当然着色料をつかって

赤く見えるように

しているという


着色は黒ずんでいるのを

きれいになるまで着色するので

何度も強力な着色料に

浸すという


野菜色素以外の

着色料は発がん性など

大変危険な物が多い


名前の偽装ならたいした

問題ではないのです


安い刺身はこのような処置を

しているという


ですから、

もし回転寿司に

行くなら


食べ過ぎに注意して

マグロやサーモンを

出来るだけ避け

貝や白身の魚を

選ぶといいでしょう


また野菜が出る店では

野菜から食べると良いと

思います


血糖値の急上昇を

抑制出来ます


でもシャリは病気を作る

リスクがあり、ネタの問題も

ありますので


食べ過ぎには注意しましょう!


なおスーパーなどで

刺身や魚の切り身やエビ類を

購入するなら


養殖でなく天然物を選ぶと

断然安心です


ポッチ! 利害関係無しで真実の健康情報を!
代替療法 ブログランキングへ

*ポチして今後とも代替医療部門1位の応援をお願い致します

サケを丸ごとで購入
するなら、
天然物なら
当然着色料や
薬入りの餌の
心配はありません
ジャンル:
食と健康・美容
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (1/2)回転寿司を考える! | トップ | 難しい真実の情報伝達! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む