いやしの里

手術、西洋医学医療や薬を使用せず、免疫力と体質改善で
重い病気を根元から回復、病気予防と病気にならない体を目指すブログ

じんましん、発疹 原因と対策

2016-10-19 01:25:40 | 病気別対策

ポッチ! で皆さんにも本物の健康情報を!
代替療法 ブログランキングへ



じんましん、発疹

あるいはアトピー
(少し理由が異なります)

困る人が多くなっているようです


今回はじんましん、発疹

について考えてみましょう


比較的若い女性に多いように

思われます


原因はほとんどの場合

複合的な物で

これを解決して行くには

可能性がある事を一つづつ

潰していくしかありませんが

必ず原因があります


出来るだけやって欲しく無いのは

その原因を追及せず

ただ対処療法薬だけを使い続ける事


これを行うと最終的に

取り返しのつかない重大な

病気になる事です


ほとんどの場合

薬はステロイド系の薬に

なりますが、薬に習慣性があり

副作用は甚大なため

使い始めると


止めるも地獄

続けるも地獄になります


発生病としては

ガンなどはその代表ですが

同じガンでも単に生活習慣病から

来た物と違い、治療は非常に厄介

長期な物となります


あとでもっと苦しく事に

なるなら、今しっかり治して

置く事を強くお勧めします


さて原因ですが

非常に多岐に渡ります


かゆみが主に夜に出るか?

昼に主に出るか?

終日出るか?


短期に出るか?

長期に継続するかでも

理由はある程度

私は察しはつきますが


ここでそこまで

考え始めると


先に進みませんので

大雑把に理由を一覧に

してみます


ジンマシンに

下痢や嘔吐などがあるか?

ないかも違って来ます


ただ一般的に

じんましんや発疹は

アレルギーの症状がベースに

あるということです


それで突然 

じんましん、発疹が出たから

昨日の食事などに問題が

あったと判断しても


確かにそれは最終的な

きっかけですが

いつ限界になるかと

体はそう思っていただけの事です


食品に含まれる天然毒

食品添加物など合成毒


シャンプーや歯磨きなどの

化粧品関係の毒


肉、魚に含まれる毒および
食品特有の問題点

卵、乳製品の問題点
ケーキやパンにも入る

輸入小麦粉
多くの食品に使われる


合成甘味料または白砂糖
果糖ブドウ糖液糖など


果物、甘い食品
マンゴーや輸入果物

社会毒
電磁波、大気汚染、電波

その他 たくさんあり


これらの状況に

過労やストレスなどの

免疫力低下が

最後の発症のタイミングと

なってしまいます



まずは上記のカット出来る物から

始めましょう

改善しなければ

対象を拡大しましょう


もちろんどう体を休むかも

考えましょう


かゆみ止めは

極力 非ステロイド系の

薬にとどめましょう


薬に頼れば

その薬の毒でさらに発疹は

ひどくなり、それを薬で抑える


それを繰り返しているうち

肝臓や腎臓が衰弱してしまい

重大な他の病気の原因と

なってしまう可能性が

高くなるかもしれません


この機会に根元を治して行きましょう

乳酸菌などを飲みながら

免疫力を向上させることでも

発症を押さえて行く事も

重要です

野草や薬効のある

木の葉で作った

いやしの里の複合植物乳酸菌も

ご利用ください

いやしの里の商品群はこちら


このバナーをクリックしていやしの里の応援お願いいたします!
代替療法 ブログランキングへ



イチョウ
薬効のある木の葉や
薬草は発疹にも有効です
『健康づくり』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乳酸菌が人間を支える要 | トップ | 減塩イメージの常識に注意し... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む