いやしの里

手術、西洋医学医療や薬を使用せず、免疫力と体質改善で
重い病気を根元から回復、病気予防と病気にならない体を目指すブログ

果物の食べ方

2017-03-12 23:56:47 | お勧め食材とお勧め献立

このバナーをクリックしてくれるとうれしいです!
代替療法 ブログランキングへ



果物の食べ方?

そう聞くと何を話すの?

そう思う人が

ほとんどかと思います


世間一般では

果物はいくら食べても

問題はないし


むしろたくさん食べる方が

体に良い!

きっとそういうイメージが

あるかと思います


実はこの話

今回一回ではとても

伝えきれません


それで今回は概略を

お伝え致します


一番先に伝える事


「私たちは猿ではない!」


特に南国の猿は

果物を主食にしています


それでは私たちが

果物を主食にして

健康に生きていけるか?


答えは NO! です


果物はデザート的なものであり

食べなくとも生きていけます

マクロビオテックでは

果物は病気の人は食べない方が

よい とも言っています


とはいえ

果物は魅力のある食べ物であり

美味しくて独特の

香りや甘みは最高の楽しみとも

言えますね


ビタミンやその他栄養

ポリフェノール、

酵素や乳酸菌なども豊富


少量食べるのが体に良い

食べ方です


マクロビオテック的な大問題

それは極陰性である事


きわめて体を冷やして

しまいます


果物を食べる猿は

南国の暖かい所に住む

動物です


こういう所に住んでいる人間も

果物をたくさん食べても

影響は少ないと思われます


体を冷やす果物は

南国の果物ほど強くなります


つまりバナナ、パイナップル、

マンゴー、メロン、イチジクなどは

食べ過ぎに注意しなくては

いけません


逆に北国で取れる果物

その代表はリンゴですが

かなり中庸な果物です


もう一つ果物の大問題

それは農薬漬けで作られる事


1年間の農薬散布回数は

少なくとも述べ回数で10回以上


ほとんどが数十回

イチゴに至っては60回とも

言われています


この辺も食べ過ぎに注意しなくては

いけない理由の一つです


果物を有機で作る事は

大変難しいのです


上記の事を考慮して

果物を食べるなら

毎回少しずつ


1日でも一度にたくさんでなく

数回に分けて少しずつ


それがリスクを分散させる

食べ方です


最後に果物の代わりとしては

野菜のサラダを少量毎日

食べるのも良い方法です

こちらも食べ過ぎには

注意しましょう


つまり果物もサラダも

少量ずつ食べるのが

上手な食べ方という事ですね


ポッチ! あなたにも私にも笑顔を!
代替療法 ブログランキングへ

*今後とも代替医療部門1位の応援をお願い致します

サクランボも大量の農薬を
必要とする果物です
でも出回る時期が限られているため
また小さいので
食べ過ぎの心配はないと
思いますけど、、
『スイーツ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生命は乳酸菌により存在する | トップ | 放射能は怖くない!? »
最近の画像もっと見る

お勧め食材とお勧め献立」カテゴリの最新記事