ツール・ド・フラフラ

IPv6,ロードバイク,グルメ他先進のライフスタイルを紹介していきます.
先進かどうかは独断ですがそれがなにか

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2008年 初峠

2008年01月02日 | ロードバイク
元旦の酒や食い物で摂取したカロリーを燃やすため,本日早速初峠.といっても辛い思いは嫌なので楽ちんコースを考えた.楽な峠といえば大垂水.折角なので峠を越えて檜原方面へ出て帰ってくることにした.立川駅近くでスキル・シマノコミュで一緒のHideさんと待ち合わせ一緒に登ることに.Hideさんは高校時代チームnakagawaで鳴らしただけのことはあるいかにもロードレーサ体型で走りも本格的.当然引いて貰う.登りはまったくついていけないので峠で待っていてもらうことにする.

高尾山口でトイレ休憩.駐車場は参拝客で一杯状態.天気は良いが,日陰はとても寒かった.ウインド・ブレーカとシューズカバーは必須だ.大垂水峠付近は車も少なく,道も凍りついたりしておらずとても走りやすかった(写真下左:峠から見た相模湖方面,下右:峠から見た高尾山口方面).


峠を下っても初めて下った頃と違いブレーキレバーを握る手に余裕がある.下りも一年前と比べるとテクニックといい耐久力といいついたものだ.この下りは道に段々が付けられていて自転車にはとても走りにくいが,これも腰を浮かす走行でかなり速く下れるようになった.こういうテクニックは意外と誰も教えてくれないものだ.20号を進み相模湖インタを越えた辺り,吉野橋の100メートルくらい手前の信号で右に入る.左にカーブする登りを登りすぐに左の道へ.あとは道なりで,途中両車線ある道へ出たら右へいくだけで右へ行けば和田峠,左へ行けば上野原村(甲武トンネル方面)の分岐点,予定通り左へ.正月早々和田峠など登るほどマゾヒストではないのだw 遠回りでも楽そうな甲武トンネル経由で檜原街道へ出て帰ってくる,はずだった.しかし初めての道,意外とアップダウンが激しい.それも細かいのではなく大きなアップダウンで上り傾斜も緩くない.上野原CC付近は一つの峠.今日は快晴で富士山もくっきり見えた(が携帯電話のデジカメでは写らない).


そして超激坂を下るとようやく県道33号へ.この交差点は以前松姫峠へ行った時に通っているので覚えている.記憶ではここから甲武トンネルは近かったはず.
「もう苦しいところはないですね,フッフッフッ」
などと余裕をかます.が,しかし,甲武トンネル登るのってこんなにきつかったっけ?というくらいきつかった.ダンシングする余力は失せ,最も軽いギアに引き足を使ってウィリーしながらヘロヘロ登りやっと登頂.待っていたHideさん,かなり寒そう(汗


帰りは気持ちよく檜原街道をカッ飛び,五日市街道に乗り継いで帰宅,風呂入って遅目の昼飯.今回の走行距離123キロ.


■ 【展示中】PEARL IZUMI パールイズミ 80 エアロ シューズカバー
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天気予報に騙されて...orz | トップ | 無くすと痛いPolar WearLink31C »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Hide)
2008-01-04 09:54:57
Hideです
先日はお疲れ様でした。
久々の坂と長時間でヘロヘロでした。道中想像した以上に急坂だったので結構足にきたのと私的には予定以上のカロリー消費に最後はガス欠。あのまま行っても家までは無理だったでしょう。それともVAAMが効いたのかな?
帰って風呂前に体重量ると2kg減。正月早々そんな急に体重減ったら風邪引いて体調壊すなと思っていたら、翌日原因不明の腹痛に襲われ昼前ぐらいから撃沈状態。今朝までほとんど何も食べずにベッドでうずくまる。今朝やっとましになった。
次回はもうちょっと楽なところに走りに行きましょう。^^;
お大事に (iyashinbo)
2008-01-04 20:14:16
>Hideさん
楽な峠に行きたかったんですが,想定外の厳しさでした.私はゆっくり走ったのでさほど疲れが残りませんでしたが大垂水峠の往復くらいでも良かったかも知れませんね.懲りずに今日も126キロ走って来ましたけどw

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。