ツール・ド・フラフラ

IPv6,ロードバイク,グルメ他先進のライフスタイルを紹介していきます.
先進かどうかは独断ですがそれがなにか

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

物見山~松郷峠~定峰峠~白石峠

2007年11月25日 | ロードバイク
昨日,三連休の中日,久し振りに山へ行った.びーぱるさんの案内で初めての物見山から定峰峠,白石峠へ登るコースへ行ってきた.

10時半に東武東上線高坂駅で待ち合わせ.家からは電車で行きづらいので車載して関越道を使って高坂駅北側にあるリバーサイドパークに1時間15分ほどで到着.


びーぱるさんは日本橋から80キロ以上を自走してきた.昨日も同じコースに来ていて240キロ以上走っているとのこと.流石に疲れているとのことでゆっくり走ってくれる.まずはウォーミングアップに約5キロの物見山周回コースを一周する.台東文化大が坂の途中にあるが,こういう良い坂に恵まれスポーツが強い訳だと納得.ゆっくり走るびーぱるさんだが,登りでは置いていかれて途中分岐点で待っていてくれる.後で聞いたらびーぱるさんは心拍数132くらいで平坦路も登りも一定で走っていたそうで,平坦路では余裕でついていけるのに登りではついていけない,いかに体重が「悪」かわかる.炭水化物を減らす,そのために野菜を沢山食べると良いとのアドバイス.早速実践してみようと思う.

昼はライダ御用達の「わらしべ」へ.にんにく玉子ベーコンのスパゲティを食べた.麺はかなりのアルデンテ.


昼といってもびーぱるさんにはその日の四食目だったそうだ.腹を満たすと一路定峰峠へ向かう.

まずは松郷峠.


定峰峠へ登る際にタイムを計るなら橋の先に見えるバス停がスタート地点となる(登る方から撮影).


前半はなだらかな登りで気持ちよいが,後半は軽いギアで登る.定峰峠へはびーぱるさんが先に到着して待っていてくれたが,待たせ過ぎてかなり体が冷えてしまったみたい.峠には茶店があるが,景色は悪い.峠といっても白石峠や正丸峠へ向かうには登りになるのだ.


白石峠へ向かう途中びーぱるさんが先に行って絶景ポイントを確認してくれる.


白石峠は距離もなく楽に到着.峠からは5つの方向に道がのびるが,茶店もなく殺風景.


帰路はそのまま白石峠から下るがこれが激坂.びーぱるさんもこちらから登ったことはまだないとのこと.八王子から登る和田峠の道を綺麗にして距離を倍にした感じか.細かい急カーブが多くジャパンカップの下りを思い出した.

帰りはKEOのクリートに滑り止めのついた新製品が出たということでびーぱるさんも車載してなるしま神宮店へ.関越はいつものように渋滞だったが,土曜日は夜8時まで開いているということで閉店30前に到着.クリートと,これから暗い中を走る機会が増えそうなのでリアの赤色ライトを購入.KEOの新クリート,本日早速履いて歩いてみたが,確かに滑らず歩きやすい.なおなるしまでは2,200円だったが近所のショップでは2,700円だった.




■ LOOK Keo グリップクリート


■ BIKEGUY スーパーミニライト(シートポスト用) RX-6
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CYCLE MODE international 20... | トップ | SELLE ITALIA SLR IMPRESSION »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
峠道 (びーぱる)
2007-11-26 08:51:18
土曜日はお疲れ様でした。今後は奥武蔵グリーンラインを
開拓したいと思います。奥武蔵のほうはタイムアタックポイントというのはなさそうですが、峠に次ぐ峠があるので、グランフォンディスト(yoyo氏)が走るコースとしてはもってこいではないかと思います。
たぶん、景色も定峰とか白石よりは良いでしょうし。

ところで、家に帰ってからバイクを体重計で計ったら、7.1キログラム(サドルバックは外し、ライトや計測類はつけたまま)でした。
奥武蔵グリーンライン (iyashinbo)
2007-11-27 07:13:11
>びーぱるさん
お疲れ様&案内&伴走ありがとうございました.
ほんとは奥武蔵グリーンラインに行きたかったのですがマラソン大会では仕方ないですね.次は飯能から行ってみようかと思います.
あっ,バイクは今夜計ってみます.多分7キロより重いかな.本日お返しするSLRのインプレも書かないと.

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。