JPN6764 弥栄(いやさか)のLOGBOOK

ヨット 横山一郎設計 26フィートクルーザー イオロス 三河湾 セーリング JPN6764 ラグーナマリーナ

JR待つ猿バナナ・・・ 20170604 LMYC第3回ポイントレース

2017-06-12 | クラブレース顛末
何か新しいことを始めてみたいと感じたら 大人も部活動! 一緒にセーリングをしよう。

sailing team <弥栄>はメンバー募集中。ヨットに最近興味を持ったという方でも気兼ねなく!

詳しくはメールで メールを送る(←ここをクリック)


 

Ahoy! there, mate! イオロス26/弥栄です


先日、親しくしていただいてるK先生から、食事のお誘いをいただいた

”ワインの勉強をしているようだから、一席設けよう”…という大変うれしくありがたい話だったが
無粋な私では何をしても恥をかきそうで、当日は朝から落ち着かなかった

会場は、東桜のとあるワインバー。名古屋でトップクラスのソムリエが主宰のお店だ(!!)

会は、シャンパーニュのビンテージの乾杯で始まった
いつも飲んでいるものよりは、きりっとした辛口だ(あぁぁ、これぐらいしか言葉にできない。申し訳ない)

隣のゲストの方が、”栓を抜いたとたんに素晴らしい香りが広がりましたね”と褒めていたが、
不覚にも私は気が付かなかった… さっそくやらかしてしまった



最初のシャンパーニュ一杯だけでも、参加費を超えていると思う。料理も勿論美味しかった
既にかなり酔っていたので、写真のアングルがめちゃくちゃだ



会のお題は、ボルドー地方の赤ワインの飲み比べだった

この地域は、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フランなどがブレンドされたワインが多い
しかも、メルロは、カベルネ・ソーヴィニヨンと少し似た感じでもあるので、見分けるなど私にとっては、解答不可能に近い難問だ

出されたワインは、いずれも”おいしかった”のだが
ソムリエから、それぞれのワインの背景や作り手の志向の解説を聞きながら、改めて味わうと、なるほどそれぞれ微妙に違いがあり面白い

素直に美味しい、これが好きだけでも良いのかもしれませんが
歴史や科学、文学と広い教養の土台があると、目の前の飲み物がさらに愛おしく感じるモノなんでしょうね

はまってしまう人の気持ちが、少しはわかってきたような気がする


合計6本
すっかりご馳走になってしまった

私は随分酔ってしまったので、良いゲストではなかったかもしれない
もっとアルコールに強ければ、さらに楽しめたのに…



次の日に大曽根のF店に駆け込んで、テイスティングの勉強用のワインを求めた。
まずは、わかりやすい白からです… 次回こそは…





シャンパーニュ地方のボトルのサイズは10種類もありますが
試験によく出るのは、マグナムサイズより上の6つだそうで、「JR待つ猿バナナ」とごろ合わせで覚えるとよいとか

15,000mlの馬鹿でかいボトルなどどうするのかと思いますが、ソムリエが夜ごと瓶の中に入って寝ているのかもしれない…私も連れて行ってほしい


・JEROBOAM ジェロボアム 4本 3,000ml
・REHOBOAM レオボアム 6本 4,500ml
・MATHUSALEM マチュザレム 8本 6,000ml
・SALMANAZAR サルマナザール 12本 9,000ml
・BALTHAZAR バルタザール 16本 12,000ml
・NABUCHODONOSOR ナビュコドノゾール 20本 15,000ml



 応援のクリックを!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ



6月4日はクラブのポイントレース
あちらこちらに声をかけてみたが、結局ダブルハンドで出艇することとなった

クルーはベテランのYさんなので不安はないのだが
当日は、20ノット近く吹き、乗員2人では風が強くて大変だった

メンバーがもっといたら、風がもっと弱かったら、スタートをもっと積極的にしてれば
 …と、もっともっとのタラレバ炒めのが大盛り一丁出来上がり!?


 LMYC今シーズン第3戦


 ヘルム・メイン=私 バウマン・ジブ・スピン=Yさん  


第1レース 着順14位 修正12位
第2レース 着順12位 修正9位

修正の順位は、想像していたよりはマシだったが、それは良かったのか悪かったのか!?


第1レースは、強風ということもあり、スタートの時大型艇に突っ込まれては大変と
一歩下がった位置でスタートすることに

しかし、それがまったくの裏目に出て、スタートが2、3艇分遅れてしまった
その後、タックのたびに艇速を落としまい

風も弱まることがなかったので、スピンを上げることも断念
精彩を欠き、良いところなしであった


残念ながら、このスタート直前の画像には<弥栄>の姿はない。マーク回航、風が強くてスピンはあきらめ、観音開きで…と考えているところぐらいか


第2レースは、反省しスタートに臨んだが、まだまだ私はへっぴり腰であったかもしれない


第1レグは、相変わらずよく走ってくれる
<弥栄>は、こんな強い風の時は、突然機嫌を損ね、ぷいと風上に顔を向けたものだが

今日は意外と踏ん張ってくれた
Yさんがジブをしっかりと調整したくれたからかもしれない


風上マーク回航 まぁまぁの順位だ
風も若干落ち着いてきたようだし、勝つためにスピンを開くことにする





風下マーク回航 

目の前には、J24が抜けるか抜けないかの位置にいます、でも、後続艇も追いつかんがばかりの走りです
思うところでタックできなくなることを心配して早めにタックし、スタボーで走ります

結果的にこれが裏目に出たようです
右海面に比べ、左海面は風が弱かった、そして風の振れたため、長く遅く走ってしまい
右海面を伸ばしていた船にことごとく追い越されてしまった


風上マーク回航 まだ、あきらめきれぬ順位
4レグ目・最終レグはダブルハンドではスピンを再パックする間もなかったので

昔の、先輩艇から頂いたカラフルなスピンを久しぶりに展開
しかし、ホイストに手間取った… ここでこのミスは残念だった


1レース目のことを思えば、2レース目は一つ一つのタッキングにもより神経を使ったので、速度も落ちすぎなかった
また、強風の中で、ダブルハンドでもスピンも上げ、ジャイブもできたのは大きな自信となった

Yさんサポートありがとうございます



悪くてもj24の位置にいたかったところですかね…
いい感じで写真にとられていたので、きれいにスピンホイストできていたら来年の年賀状用の画像に使いたかったですね



◆ 結 果

  第1レース 着順14位修正12位(17艇中) ←クリックすると詳しい結果(PDF)が見られます
  第2レース 着順12位修正9位(16艇中) ←クリックすると詳しい結果(PDF)が見られます



◆ 今季LMYCポイントレース総合順位  21艇中7位 ←クリックすると詳しい結果(PDF)が見られます





≪PR≫ 

プロダクションボートの予算で夢を実現するイオロス26

国産最新ファーストクルーザー<横山26・イオロス> は、1艇1艇デザイナー自らオーナー様の御要望を聞き、セーリングスタイルや予算に合わせて建造することができます。お気軽にご相談ください

■ イオロスのデザインコンセプト
■ イオロスの基本仕様



  お問い合わせはここをクリック



ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 淡いルビー色のワインならば... | TOP | 試験対策の王道は、過去問の... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL