JPN6764 弥栄(いやさか)のLOGBOOK

ヨット 横山一郎設計 26フィートクルーザー イオロス 三河湾 セーリング JPN6764 ラグーナマリーナ

ゾンダ、ケープドクター、ミストラル・・・ 20170416 LMYC第1回ポイントレース

2017-04-20 | クラブレース顛末
何か新しいことを始めてみたいというあなた 大人も部活動! 一緒にセーリングをしよう。

sailing team <弥栄>はメンバー募集中。ヨットに最近興味を持ったという方でも気兼ねなく!

詳しくはメールで メールを送る(←ここをクリック)


 

Ahoy! there, mate! イオロス26/弥栄です


山や海の影響によって吹く強い風は、ぶどうの生育に影響を与えます。

ゾンダ、ケープドクター、ミストラル… 有数なワインの生産地ではそれぞれ生育のために欠くことのできない重要な風があるようです


ところで「イオロス」は、私の船のプロダクションネームですが、ギリシャ神話の風の神の名でもあります

”イオロス神は、漂着したオデュッセウスを歓待し、航海のためのゼピュロス(西風)を革袋に詰めて与えた。その他の逆風は別の革袋に封じ込めたので、順調に航海を進めることが出来た”(ウィキペデイアから引用)とあります


4月16日は、所属クラブの今季初めてのクラブレースでしたが
どうやら<弥栄>もイオロスの西風に助けられたようで…



 応援のクリックを!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ


ブログでは報告してませんでしたが、ウィンターレースの第3戦はさんざんでした

ウィンターレース第3戦は、上下4レグの2番勝負

船底を洗いなおしたためか、いずれのも上りはレグはなかなか良い走りっぷりでした
いつもは前に見るあの船やあの船も後ろにいたりして

船底のぬめりを洗い流しただけで、あれだけ速度が変わってしまうと、これからは毎回船底確認しておきたいと思うくらいでした

 あぁ、お金がお金が…

けれども、スピンランのクルーワークで些細なミスや不手際が目立ち、結局ドべという感じ
なんといって練習不足が原因です

コーチとも相談して、今シーズンはダブルハンドでのクルーワークの習熟をテーマに取り組むこととしました
2人でも間違いなく走らせることができれば、クルーが3人、4人と来てくれた時はそれだけでアドバンテージになります

メンバー2人だけしか来れなくても、練習やレースを楽しめます

15日は、私とO君とでレースに向けて練習しましたが
いうが易し行うは難し…ダブルハンドは、一人何役もこなさなくてならず、大変だった


※ レースでも練習でも大活躍だったO君

特にバウマンのいO君はかなり疲れたのではないかと思う
やり遂げられるかなぁと不安になってきた


 LMYC今シーズン第1戦


レース当日は、青空が広がった。
日中は暑くなり、西からの穏やかな風が気持ちいい

2017シーズンのLMYCレースは、26ft以下の小型艇は上下2レグと指示されていたのですが
参加者が少ないとかで、急きょ中大型艇と同じクラスで戦うこととなりました



※ スキッパーはスタートで手一杯だったのに、意外とクルーの皆さんはカメラを意識できるだけの余裕があったのね


先輩艇に交じっての上下4レグはなかなか厳しかったですが、
前日の練習の成果もあったためか、


1レース目 16艇中 着順12位 修正7位
2レース目 16艇中 着順16位 修正9位

と、なんと2レースとも10位内入賞でした

2レース目は、2レグ目のスピンの取り込みに手間取り、到底ダメかと思いましたが、
諦めず走り抜いて良かったです ( ^ω^ )


第1スタート(ゼネリコ)

第1スタート

第2スタート(リコール有)

※ 第1レースは、なかなかうまくできたと思ったが、映像を見ると映っていなくて、ずいぶん遅れてスタートした様です。ゼネリコに助けられた。
第2レースは、スタートライン直前で後ろからB号に下を刺されて、逃げるに逃げれず失速気味。焦って指示する私の声が入っています(はずかしい)



今日は、<弥栄>には優しい西風に助けられました
練習を重ねれば、マリーナの先輩艇と遊んでもらえそうな見通しも立ってきました


来月は、14日ポイントレース、21日エリカカップレースですが、前日練習の予定でいます


≪PR≫ 

プロダクションボートの予算で夢を実現するイオロス26

国産最新ファーストクルーザー<横山26・イオロス> は、1艇1艇デザイナー自らオーナー様の御要望を聞き、セーリングスタイルや予算に合わせて建造することができます。お気軽にご相談ください

■ イオロスのデザインコンセプト
■ イオロスの基本仕様



  お問い合わせはここをクリック



ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Pernand-VergelessesのCorton... | TOP |   
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL