岩風呂
ラーメンの食べ歩き、自作のレシピ紹介を中心としたブログです。たまに脱線しますがそれはご愛嬌で!
 



〜※2009年10月5日追記
この記事は読み物ととしてお楽しみもいただけますが、以降にグレードアップした、二郎レシピがあります。
二郎のレシピを参考にしにきた方は

【ラーメン二郎レシピ Ver.iwa 3.0前編】
【ラーメン二郎レシピ Ver.iwa 3.0後編】

この辺の記事を参考にしてみてください。麺も打ってます。
ではでは
追記ここまで〜



終に・・・自宅で・・・二郎を作ってしまいました。
意外にも近い味で出来てしまったのでびっくり・・・。
しかも1時間で出来上がるお手軽レシピとしてどうぞ。
スープ用、タレ&豚用、麺もやし茹で用と鍋を3種類の鍋が登場するので、それぞれスープ用をA、タレ用をB、もやし麺茹で用をCで表記することにしました。
特にCは麺茹でをする鍋なのです。なるべくたっぷりのお湯で茹でたいので、大きな鍋を用意しましょう。

★★材料(約2人前)★★

■スープ
 豚バラ肉スライス・・・・200g
 豚肩ロースかたまり・・・300gくらい(タレにも転用)
 背脂・・・・・・・・・・あれば
■タレ&豚
 醤油・・・・・・・・・・350ml
 みりん・・・・・・・・・150ml
 スープの項で下湯でした肩ロース肉
■麺など
 生麺・・・・・・・・・・4袋(なるべく太麺を用意する)
 もやし・・・・・・・・・2袋
 にんにくいりますか?

★★作り方★★
■スープ
 1.豚バラ肉スライスを包丁で細かく刻み、鍋Aに水と一緒に入れて火を入れる。沸騰するまでかき混ぜ続ける。
 2.沸騰した後も強火で1時間炊き続ける。水が少なくなったら水ではなく、沸騰したお湯を足していく
 3.肩ロースのかたまり肉を100g位に切り分けて鍋Aで15分ほど
下茹でする
 4.鍋Aのスープを漉すして ※背脂がある場合はここで粗みじんに切り分けた背脂を入れて皿に15分ほど強火で煮込む

■タレ&豚
 1.下茹での終わった肩ロース肉を取り出し、一度水で周りについている肉片を洗う
 2.鍋Bに醤油、酒、みりん、塩を入れ、ひと煮立ちさせた後、下茹でした肩ロース肉を入れて30分程煮込む
 3.火から下ろしてそのまま冷ましておく

■その他の下準備
 1.もやしを茹でてザルに上げておく
 2.ニンニクをみじん切りにしておく

■全体
 1.鍋C麺を茹でる1人前は2袋!!
 2.丼でタレ70mlとスープ300mlを混ぜる
 3.湯であがった麺を上げて、丼へ
 4.切り分けた豚、もやし、にんにくを乗せて完成!!

★★ポイント★★
今回は短時間の中で肉旨味をスープに出すために、バラ肉を細かく切って使うという手法をとりました。
普通の挽肉でも良い気もしますが、このほうが脂水スープの再現が出来ると思っての判断です。
多分このスープに豚骨を加えて、3時間くらい煮込むと、ほとんど二郎と同じ味になると思います。

ちなみに醤油なのですが、三田本店の二郎などではカネシ醤油という二郎専用の醤油を使用しています。(店舗によっては違うところもあります)
ウチにある醤油はキッコーマンの丸大豆醤油を使用しておりまして、この醤油だとまろやかになりすぎるため、酒と塩を添加して調整しました。
みりんも「みりん風調味料」を使用していると聞いています。
また、グルエースというグルタミン酸系の化学調味料を使用しておりますが、ウチにはその手の調味料が無いので使用しておりません。
多分これを入れると更に・・・。


そして麺ですが、2人前と表記しているのに4袋ある理由ですが、基本的に二郎は250g以上の麺の量を基本としています。
通常に売っている生麺は120〜150g辺りが普通なので、とても二郎では追いつきません。
皆さんも自作の際には麺量、そして麺の太さは超極太を最重要課題にしていただきたいと思います。

最後にこう書いてしまうと元も子もないのですが・・・

二郎なんだから、細かいことは気にせず豪快に作って豪快に食べましょう。
「美味い」は後からついてきます。
多分二郎ってのはそういうモンです。


■麺だけ別売り♪極太麺

登録しています

コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック


« 呑→麻雀→朝→牛丼... 四川料理 天華@... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
初めての家二郎 (ラーメン懸賞うさぎ)
以前沖縄そばを作ったときに、強力粉を手打ちで伸ばすのがものすごくしんどかったので贅沢をして製麺器(マスタマシーン、パスタメーカー)を導入することにしました。今後の楽しみも増えてきます。いざ買うとなると意外と売
 
 
 
ラーメン二郎を作ってみました。 (妄想アウトドア三昧)
ラーメン二郎を知っているだろうか。関東圏で30店舗ほどあるラーメン屋である。慶応大学近くの三田本店の店主を総帥とするラーメン屋であ...