岩風呂
ラーメンの食べ歩き、自作のレシピ紹介を中心としたブログです。たまに脱線しますがそれはご愛嬌で!
 







スープを煮ております。
中身は埼玉県産タマシャモのガラと豚の背脂。

あと



豚バラを巻きました。



そして肩ロースのネットに入ったのを買ってきました。



別の鍋で煮干しを二種類、羅臼昆布の切れ端を水出し。



これまた別の鍋ではメンマの塩出し中。

なぜこんなことになっているのか?
振り返ってみましょう。

本日は休日。
休日といえばまずは朝のジョギングから始まるのですが、本日はワケあってお休み。
朝っぱらから嫁は子供を連れて遊びに行きまして、私はちょっと朝寝坊してから起床です。
というわけで家には自分一人。
「一人の休日って久しぶりだなあ」と、じゃあ何しよう・・・って



そうだ!ラーメン作ろう!!



というわけで休日を日がな一日使って、ラーメン制作です。
決まったら冷蔵庫、冷凍庫の中身を確認して、市場へ。
あれやこれや買ってきて、オッパジメたのが昼前でした。

それが先ほどまでの写真。

と、一通り状況の説明が終わったところでお昼です。
というわけで一休み。



本日のまかないはマグロブツ定食。

先ほどの「あれやこれや」の中の一品。300円という破格でした。
このブツにご飯だけだとあわただしい昼食になってしまうところ、味噌汁、漬物、冷奴を添えると立派に見えてくる理論!
個人的にこれを定食の理論として、今度学会に提出いたします(嘘です)

万全の準備を整え、だれも聞いていないのに「いただきまーす」と一人で唱和しながら豪華な昼食を楽しもうとしたところ、タイミング良く、むしろ悪く、嫁と子供らが帰ってきましてた。
子供らは「マグロだぁ!」ってカミさんは「未だお昼食べてないんだけど」ってぇ。

マグロブツは4等分されました・・・。

 ・

 ・

 ・

気を取り直して、午後の部です。
コトコト煮ているガラスープの面倒を見つつ、次は製麺。



加水率低めで1.5mm角に切り出した細麺と



多加水で薄く延ばして3mm幅で切り出し、ギュッと縮れさせた幅広麺。

じゃあ麺も用意できましたし、というわけで、チャーシューの方はどうでしょうねえ。
バラ巻はスープで煮た後、肩ロースはオーブンで加熱した後、チャーシューダレに漬け込んで、置きました。



大判で迫力の豚バラの巻きチャーシュー。



中心をほんのりピンクを残した肩ロースのローストチャーシュー。
せっかく綺麗に出来たので、それなりに盛り付けてみました。

両方とも綺麗に切れているなあ。
と思うと思いますが、これはスライサーのなせる業です。

なぜか我が家には半業務用のスライサーがあります。

【資料映像】


この後は例の水出しスープとガラスープを合わせて煮出していきます。
醤油ダレもチャーシューのタレをあれこれ調整して、メンマとかナルトとか小松菜とかネギとかアレをアレして準備完了!

じゃあ作りますぜ!









先ずこちらが細麺の方。









続いて縮れの幅広麺。

結構な煮干しの量を使いましたが、あまり煮立てずワリと品良くとったので、煮干しの良い風味だけが立ったスープとなりました。
ガラスープはベースの方に回ってスープを下から支えています。

肝心の麺ですが、細麺、幅広ともどちらも良くできています。
ただ、多加水の方は3日から1週間くらい寝かせた方が美味しいかな?
当然家族にも食べてもらったのですが、子供たちはプルプルした食感が気に入ったらしく、多加水幅広、カミさんは低加水の細麺でした。
次男は猫舌なので食べるのが遅く、いつも最後の方は伸び気味になってしまいます、が今回はそれほどでもなく、食べ終わりごろの麺を少し貰いましたが、ちょっと伸びてるなあ?とは思いつつも美味しくいただけました。
麺無双の「伸びにくい」という特徴も一通り確認できました。
あと2種類作ったチャーシューは、どちらも美味しくできていました。
ただ、バラチャーシューは、もう少し時間をかけて味をしみこませてあげればよかったかなあ?と思います。
これも先ほどの麺と一緒で明日、明後日くらいに美味しくなるやつですね。



唐突に登場したマグロ丼。
これは本日のサイドメニュー。
朝行った市場で投げ売り同然の価格で売っていたメバチの中トロを使ってます。
中トロの脂の部分に血が残ってしまったもので「シミ」と呼ばれ価値が落ちる、飲食店のレベルによっては卸に返品、クレームするレヴェルのものなので当然の投げ売りかもしれません。
でも、こちらとしてはね。
切り出した刺身の酢飯の上に乗せて、醤油、味醂、酒、しょうがのしぼり汁を煮詰めた「煮きり」を少し回しがけしました。

【後日談1】



ラーメン弁当。会社に持っていくお弁当をラーメンにしてやりました。
チャーシューをはじめとした具材の下には、茹でて、油を絡めて覚ました麺があり、スープを別容器で持っていきます。
会社に持っていき、スープは電子レンジで温め、会社にこっそりおいてある自分の丼に盛り付けます。



会社で、自分のデスクで充実の自作ラーメンライフ。
「会社に何しに来てるんだ?」という質問は受け付けません!

【後日談2】



翌日の晩酌の一コマです。
チャーシュー麺のヌキ!そのままだと脂肪部分の食感が悪いバラチャーシューですが、アツアツのスープに漬けて、いただくとトロトロな食感に!
ビールが進んで今夜も泥酔!

以上自作ラーメンな休日、そしてまかないとサイドメニューと後日談であります。
おそまつさまでした。
ではでは





登録しています

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 横浜は野毛、... 第9回バーチャ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。