岩風呂
ラーメンの食べ歩き、自作のレシピ紹介を中心としたブログです。たまに脱線しますがそれはご愛嬌で!
 



こんばんは。
相変わらず浅草住人です。

今日も無事にお仕事が終わりまして、無事に宿泊しているホテルに戻ってきました。
さて、三々五々で夕食タイムなのですが・・・



呼んでます・・・呼ばれてます。
駒形が・・・どぜうが・・・。

「いらっしゃいませ」
「一人なんですけど・・・」
「1階の座敷と地下のテーブル席がありますが・・・」
「座敷で(キッパリ)」
「どうぞこちらへ」

 ・

 ・

 ・

と通されます。
美人の仲居さんにご案内されたのは

アベック|俺|アベック

と挟まれるより孤独を感じられる席。

まあ別にいいんですけどね・・・ええ、いいんですよ。



というわけでやってきたまずビールとお新香。
これでしばらくつなぎます。



それにしても「うなぎやの漬物は美味い」と言われますが、どぜう屋の漬物も負けてませんな。



つづいてやってきた鯉の洗い。
キリッと仕上がった鯉の身が良いですねえ~。また辛子酢味噌が合うんですよ。

これにはお酒ですね・・・じゃあふり袖(日本酒)おねがいします。



杯がまたいいんですよね~。バックフォーカスでごめんなさい。

実は自分の鯉の洗いを指して左側のおとなりさんが「なにあれ?」って話してます。
いつもだったら、ここで「鯉の洗いですよ」ってお人よしにも教えてあげるところですが、今日はせっかくの一人駒形どぜう、一人の空間を大事にしたいと思います。

と、洗いでお酒とお隣の会話を楽しんでおりますと、遂にやってきましたメインディッシュ。



なまず鍋!
いつもならここは鉄板でどぜうの丸鍋なのですが、寒い時期だけ提供されるなまず鍋でいたずらしてみました。

なまずは臭みを抜くため醤油のたれで予め煮てあります。

「豆腐に割りしたが沁みたら好みで山椒を振ってください」

とのことです。

そしたら今度は右側が「なまずだ・・・」ってぼそっと・・・。
右さんはどぜうの割き鍋をいただいているようですが、男性の方はなまずも食べたかった模様。
向かいの女性に「うちもなまず頼もうか・・・」って提案しましたが「なまず~・・・いやだ~~」とけんもほろろに断られていました。
一人の身軽さにちょっと優越感を感じつつ、豆腐の煮あがりを待ちます。



もういいかな?
完全に醤油色で見た目うなぎっぽくもありますが・・・



裏は確かになまずっぽい・・・っていうかなまずそのものなんですけどね。



じゃあいただきます。まずは山椒を振らずに・・・

うんなまずだ!皮の部分がねっとりしている意外は基本的に醤油でマスキングされてます。
確かになまずって癖がある割りには淡白なんですよね。

というわけで山椒を振ると、逆になまずの淡白さが引き立つ感じに・・・これは料理の不思議。



半分進んだのでいたずらにさらにいたずらして、どぜう鍋と同じようにねぎを乗せて、さらに山椒も振ってみます。
結果的にこの方が好みかも。
豆腐もこの方が、美味しいです。

ちなみに・・・食器の器や、コップが空くと、仲居さんが風のようにやってきて片づけて行きます。
だから



途中経過のこんな風に食い散らかした食卓も。



鍋が空くと、かなり寂しい食卓に・・・



ちなみにお勘定の時に下足の札も一緒に預けます。そしてお茶が出てきます。



お勘定が済むと下足の札が帰ってきます。
この下足の札のからくりはお店に行って確認してください。



松の内だったのでお年賀をもらいました。
なんか縁起が良さそうです。



ごちそうさまでした。
ではでは

【駒形どぜう】


文士の料理店 [ 嵐山光三郎 ]

文士の料理店 [ 嵐山光三郎 ]価格:723円(税込、送料込)




登録しています

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






新年あけまして3日目。
お仕事で年末からず~~っとこちら浅草寺にいます。
まあ浅草は好きな街なので、いくらいても飽きないんですけどね。
というわけで本日もお仕事無事終了。

元旦からいるんですけど3日目にしてようやく初詣してきました。

浅草寺を背にして仲見世を逆に歩いて、その帰りです。



仲見世の裏通りになるところにある江戸豊。
浅草散策をする時にちょっと気になっていたお店です。
浅草、しかも仲見世の裏路地というシチュエーション、にこの店構え。
実に味がありますねえ。



というわけで生ビール。
冷凍ジョッキで出てくるキンキンのそれ!うれしいけれど今日は1月3日です。
あったかいビールを飲ませろ!なんて悪趣味じゃないですけど、まあ今日は普通の常温のジョッキでも良いですよ・・・というワガママ。



というわけで餃子。焼目が綺麗ですねえ~素晴らしい焼き具合です。



酢胡椒ラー油が最近のトレンドらしいので・・・ぷっくりして皮が厚めのいい餃子、その厚めの皮がしっかりと肉汁を閉じ込めております。

じゃあ、この辺でラーメン行きましょうかね?

ちなみにこちらのお店、餃子とラーメン類しかありません。
昔はチャーハンとかもあったみたいですけど。

チャーシューメン、タンメン、味噌ラーメンと悩みましたが、



結局中華そば。



チャーシュー、メンマ、ワカメ、ねぎ、ナルトが乗る実にオーソドックスなフォルム。



麺は中太の中加水で如何にものイカニモ。

じゃあ、いただきます!

まずスープがしっかりしてます。
豚骨と鶏ガラの基本的なスープですが、だからと言って薄くない。
麺のゆで加減も良いし、麺自体も悪くない。調理場が奥なので見えないんですけど、おそらく平ざるで湯切りしていると思われます。
チャーシューは味は薄味だけど厚切り。これならチャーシューメンは美味しそう。
メンマは少し甘めの味付けで優しい感じ。

これはっ!

って驚くほどじゃないけど、でも意外にも(と言ったら失礼ですが)美味しいです。

ノスタルジーに浸りたい時に食べたい、そこそこ美味しいラーメン。孤独のグルメで言うところの「こういうのでいいんですよ」だと思いましたが、いやいや、そうじゃない。
意外にも本格的に美味しいラーメンだと思います。



ごちそうさまでした。
ではでは





登録しています

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりまして・・・というか途中で力尽きてしまってすみません。

言い訳は山ほどあるんですが、まあそういうことです。

FacebookやTwitterはやっているのでそっちを見ている人には大体伝わっていると思うのですが、短文で伝わらないことをまたやりたいなあ~と思ってるんですけど、まあ近々。

というわけで、本年もよろしくお願いいたします。





登録しています

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





例のじゅん天からの続きです。
前日の失われた記憶の中で実は満席にて行けなかったお店があるという匿名希望の話。
マジっすか!?

じゃあそこ行ってみましょうか?



ということでやってきた龍虎。
先のじゅん天のお向かいさんです。



中華料理のお店なので、ラーメン以外にも、丼もの、定食もあるらしいですが・・・やはり麺類イーターとしては・・・。

「おすすめ」の文字が光るスタミナラーメンですね。



まずはビール。
たっすいが、はいかん・・・ってのは1か月前の話。袋入りのナッツのつきだしがにくいですね。



そしてやってきたスタミナラーメン。



白濁スープに沈んだレタス、チャーシュー、メンマ、上に乗る糸唐辛子。



メンマに隠れたこのひき肉炒めがスタミナの正体か!?



麺は中加水、中太、ほんのり縮れたザ・中華麺!

それではいただきます。
うん!にんにくですね!大分佐伯とは違う方向ですが・・・。
隠してあるひき肉がピリ辛でスタミナライクなのかと思ったら、以外にもマイルドで、逆にスープがにんにくという、酔っぱらった脳を一瞬揺さぶる不意打ち!
にんにくによる旨味ってのはちょっと反則気味ですけど、そんなこと言ってたら二郎食べられませんわな。
でもこれはこれで美味しかったし、呑んだ後の締めにはちょっと中毒性がある気がします。
ラーメンショーの選りすぐったラーメンもおいしいですが、こういう地元の人しか知らないようなラーメンも良いですね。

今夜もごちそうさまでした。

 ・

 ・

 ・

と、おとなしく終わったと見せかけて・・・



ダメ押し、なのか、締めの締め・・・なのか・・・おーい!明日大丈夫か?

と終わった話しながら自分に問いかける郡山の夜でした。

ではでは


【中華飯店 龍虎】福島県郡山市駅前2丁目7-10





登録しています

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )





福島ラーメンショー2日目・・・夜8時を回って、営業終了となりました。
さてこれからお片付けに・・・。

というところ・・・この瞬間!この場面しかない!

一杯まかない良いですか!?
自分で売っていたものがどんな味だったか、全体像で味わってみたいんです。

唐突な進言にちょっと引き気味のにゃみ店長ですが、快諾!

タレを仕込み、スープを注ぎ、にゃみさんがゆであがった麺をスープに、そして具を盛り付けて、出来上がったやまぐちのラーメン。



麺揚げ以外の自分がやったやまぐちのラーメンです。



2種類の醤油を使ったしょうゆだれ、親鶏をたっぷり使ったスープ、上には比内地鶏の皮からとったチー油。
ピリリとスープを引き締める生姜の風味。



そして、トレードマークともいえる京都の製麺所、麺屋棣鄂の麺。
結構しっかり茹でるんですけど、伸びた感がなく、むしろ茹でることで歯ごたえが生まれるのではないか?と思われる麺。
もともと京都では老舗の製麺所なのですが、棣鄂の知名度を関東圏で広めるのにやまぐちが一役買ったと思う人も多いと思います。

仮設店舗という条件付きの中、ここまで仕込みにこだわったラーメンってのは本当にすごいです。
そして、それにかかわることが出来て、有名店のオペレーションを間近に見て、自分の手で触れることもできて、大変勉強になりました。

今思えば麺揚げもやっておけばよかったかなぁ・・・とか思いつつも、それではただの記念になってしまって、売っていたもののクオリティチェックにはならんので、これでよかったと思います。

にゃみさん2日間、大変お世話になりました。

 ・

 ・

 ・

と謹んで頂いているところ

 ・

 ・

 ・



味玉余ってますよ・・・って

わ~~い!!

台無しであります。

ごちそうさまでした。

ではでは


【福島ラーメンショー】
【『らぁ麺 やまぐち』店主日記】





登録しています

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ