ブルーアガベ Blue Agave

健康エージの甘味料。9000年前からのメキシコの先住民からの贈り物。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハラペーニョ

2006-09-06 15:54:27 | レシピー
来月にまたメキシコに行くが、楽しみにしているつまみが一つある。それはハラペーニョの酒の肴だ。写真を見ていただくと二つのソースが出ているが、右にあるのは典型的なメキシカンのサルサだ。ピリリッと辛くトルティーヤチップスで食べるあれだ。

暗いレストランバーに入った時に、二つあったもう一つのが何なのか分からなかった。土地の人に聞いたところハラペーニョの酒の肴だと言う。さぞかしい辛いだろうと思ったら、我慢できる程度だったのだが、一度食べ始めたら止められないくらいハマってしまった。ハラペーニョはかなり激辛から甘いものの範疇があるが、辛めだったりでもしたら、ビールとの組み合わせは最高となり、それは飲み過ぎてしまうくらいだ。

それでは、ハラペーニョのレシピーを言ってみよう。もちろん、ハラペーニョは半分に切り、中の種を取り除いて、洗浄をする。つけ汁を作るが、これは少し人の好みで良いかも知れないが家で実験した結果、次のつけ汁の組み合わせが美味しかったと思う。ご自身でお試しあれ。

つけ汁の材料は、
白ワイン 70%
ブルーアガベ 15%
しょう油 15%

日本酒でなく、白ワインというところが面白い。「白ワイン」と「しょう油」の組み合わせをメキシコでみるとは夢にも思わなかったが、結果的には美味しかったのでご紹介する。ハラペーニョがなければ、少し辛めの獅子唐でも良いかも知れない。しょう油が多いと塩辛くなって食べにくくなるので注意。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アプリコット・スプレッド | トップ | ロサンゼレスの健康ベーカリー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL