ブルーアガベ Blue Agave

健康エージの甘味料。9000年前からのメキシコの先住民からの贈り物。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ポシェーした西洋梨

2006-09-29 15:55:46 | レシピー
写真で美味しそうなデザートやグルメのディッシュを見ると何となく豊かになる感じがする。しかし、健康を考えていくと、美味しいだけの尺度でモノゴトを見ていくことができにくい世の中になりつつある。「美味しく」て「健康的」と云うのはこれまで相反する言葉のようだったが、素材の研究などでそれが場合によっては可能になってきている。今日ご案内するポシェーしたペアは、まだ必ずしも超健康的とは言えないが、ブルーアガベを使うなどの努力をしているところからデザートしてはかなり進歩的と言えよう。それでは、レシピーの案内をしよう。

ポシェーした西洋梨

材料
2 Bosc 梨を二つ
4 cups 甘めの白ワイン
1/2 cup ライムジュース
1/2 cup ブルーアガベ
2 バニラの豆
飾り付けのためにビートパウダー

作り方:

白ワインとライムジュースを鍋で混ぜ弱火で暖める。バニラの豆を壊し中身と皮ごと一緒に煮込む。液体の温度が70度から80度くらいに温まってくると梨の皮をむき、鍋に浸して入れよう。鍋に蓋をして、少なくとも2-3時間ポーシェをしてみよう。ペアが完全に調理された段階で、鍋から出しておこう。

ソース用:

ポーシェした液体を3分の2カップほど別の鍋に入れ、中火以上で火にかける。そこにブルーアガベを加え沸騰をするところまで温度を上げる。混ぜた液体がダークになり、少しドロドロになりカラメル化するときまでに込む。

写真のようにカットをして、上からブルーアガベベースのソースをかける。とても美味しそうではないか。果糖だけで甘くしたおいしいデザートだ。ビートパウダーは手に入りにくいかもしれない。ない場合はミントの葉っぱを少し香りのためにかけるか、ライムの皮を薄く香りのためにまぶすか、工夫をしてみよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アーモンドバタークッキー | トップ | 毎日スムージーに挑戦しよう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL