広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

12月のテレホン法話 「閼伽堂(あかどう)」(12/16~/31)

2015-12-18 09:33:47 | 法話
「閼伽堂(あかどう)」 
毘沙門堂から不動堂に向かうと、坂の途中で御修復なった朱(しゅ)塗りの鐘楼が左に、小さな切妻(きりづま)の朱(あか)い御堂が右に見える。閼伽堂(あかどう)である。朱(あか)い御堂(おどう)だから閼伽堂だと、勘違(かんちが)いしている御仁(ごじん)も多いようだが、然(さ)にあらず。閼伽(あか)とは神仏に御供(ごそな)えする水のことで、梵語(ぼんご)のアルガの音(おん)写語(しゃご)なのである。だから閼伽(あか)井(い)、すなわち閼伽(あか)水(すい)の湧(わ)き出(いず)る井戸を護(まも)るための覆屋(おおいや)なのであり、関西(かんさい)では閼伽(あか)井屋(いや)と呼ばれることが多いらしい。
嘗(かつ)ては杉皮(すぎかわ)葺(ぶ)きの屋根であったが、草や木が生えて痛みが酷(ひど)くなったので、平成20年5月に、銅板に葺き替えられた。本義(ほんぎ)ならば、杉皮で葺き替えるべきなのだが、材料の調達が難しいので断念(だんねん)したことが、今でも忘れられないのである。
昔から、達(たっ)谷窟(こくのいわや)の御神域(ごしんいき)に座(おわ)します神仏(しんぶつ)の修法(しゅほう)に用いる水は、この井戸から汲(く)むべきとされている。来(きた)る修正會(しゅしょうえ)では、一七日(いちしちにち)の間、後(ご)夜座(やざ)の前に御水(おみず)をいただいて、先(ま)ず毘沙門堂の閼伽(あか)棚(だな)に納(おさ)め置くのである。ちなみに、年頭(ねんとう)に汲(く)まれた若水(わかみず)だけ、香水(こうずい)壺(つぼ)に注(つ)ぎ足(た)すことが許されている。これに香を入れて御神(ごじん)水(ずい)を作るのだが、牛玉寶印を摺(す)るための墨は、この壺(つぼ)に古(いにしえ)より伝(つた)わって来(き)た御神(ごじん)水(ずい)を以(も)って磨(す)られるのである。また、寛政(かんせい)元年(がんねん)に不動堂が現地に移されてからは、眼(め)の神様である姫待(ひめまち)不動(ふどう)尊(そん)の信仰と結びついて、目薬(めぐすり)として御水(おみず)を求める信者が引きも切らなかったという。
早いもので、今年もあと半月で暮れようとしている。大晦日(おおみそか)といえば除夜(じょや)の鐘(かね)で、主役は鐘楼(しょうろう)なのだが、閼伽堂(あかどう)も正月行事の一方(いっぽう)の主役であるから、紹介することにした。水位が高い井戸にも拘(かか)わらず、真冬でも滅多(めった)に凍らない。ここ30年で凍った記憶は、二三度しかないのである。しかも、薄氷(うすごおり)であることは、寒中(かんちゅう)の修行(しゅぎょう)においては、じつに有難い。閼伽堂(あかどう)の神様の成(な)せる業(わざ)であろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月のテレホン法話「絵馬(... | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。