広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

12月のテレホン法話 「閼伽堂(あかどう)」(12/16~/31)

2015-12-18 09:33:47 | 法話
「閼伽堂(あかどう)」 
毘沙門堂から不動堂に向かうと、坂の途中で御修復なった朱(しゅ)塗りの鐘楼が左に、小さな切妻(きりづま)の朱(あか)い御堂が右に見える。閼伽堂(あかどう)である。朱(あか)い御堂(おどう)だから閼伽堂だと、勘違(かんちが)いしている御仁(ごじん)も多いようだが、然(さ)にあらず。閼伽(あか)とは神仏に御供(ごそな)えする水のことで、梵語(ぼんご)のアルガの音(おん)写語(しゃご)なのである。だから閼伽(あか)井(い)、すなわち閼伽(あか)水(すい)の湧(わ)き出(いず)る井戸を護(まも)るための覆屋(おおいや)なのであり、関西(かんさい)では閼伽(あか)井屋(いや)と呼ばれることが多いらしい。
嘗(かつ)ては杉皮(すぎかわ)葺(ぶ)きの屋根であったが、草や木が生えて痛みが酷(ひど)くなったので、平成20年5月に、銅板に葺き替えられた。本義(ほんぎ)ならば、杉皮で葺き替えるべきなのだが、材料の調達が難しいので断念(だんねん)したことが、今でも忘れられないのである。
昔から、達(たっ)谷窟(こくのいわや)の御神域(ごしんいき)に座(おわ)します神仏(しんぶつ)の修法(しゅほう)に用いる水は、この井戸から汲(く)むべきとされている。来(きた)る修正會(しゅしょうえ)では、一七日(いちしちにち)の間、後(ご)夜座(やざ)の前に御水(おみず)をいただいて、先(ま)ず毘沙門堂の閼伽(あか)棚(だな)に納(おさ)め置くのである。ちなみに、年頭(ねんとう)に汲(く)まれた若水(わかみず)だけ、香水(こうずい)壺(つぼ)に注(つ)ぎ足(た)すことが許されている。これに香を入れて御神(ごじん)水(ずい)を作るのだが、牛玉寶印を摺(す)るための墨は、この壺(つぼ)に古(いにしえ)より伝(つた)わって来(き)た御神(ごじん)水(ずい)を以(も)って磨(す)られるのである。また、寛政(かんせい)元年(がんねん)に不動堂が現地に移されてからは、眼(め)の神様である姫待(ひめまち)不動(ふどう)尊(そん)の信仰と結びついて、目薬(めぐすり)として御水(おみず)を求める信者が引きも切らなかったという。
早いもので、今年もあと半月で暮れようとしている。大晦日(おおみそか)といえば除夜(じょや)の鐘(かね)で、主役は鐘楼(しょうろう)なのだが、閼伽堂(あかどう)も正月行事の一方(いっぽう)の主役であるから、紹介することにした。水位が高い井戸にも拘(かか)わらず、真冬でも滅多(めった)に凍らない。ここ30年で凍った記憶は、二三度しかないのである。しかも、薄氷(うすごおり)であることは、寒中(かんちゅう)の修行(しゅぎょう)においては、じつに有難い。閼伽堂(あかどう)の神様の成(な)せる業(わざ)であろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月のテレホン法話「絵馬(えま)」(12/1~/15)

2015-12-18 09:30:17 | 法話
「絵馬」
 様々な願いが叶(かな)うように神佛(かみほとけ)に奉納されるもの、といえば、絵馬(えま)に止(とど)めを刺すのではないか。今は小さな板ばかりになってしまったが、かつては本物の馬が奉納されていたという。いわゆる、神馬(しんめ)である。
ちなみに、下達谷の日光(にっこう)権現社(ごんげんしゃ)の参道には、ほぼ等身大の石の馬が鎮(ちん)座している。生きている馬よりも高価であろうが、未来(みらい)永劫(えいごう)の奉納にしたかったに違いない。
余談(よだん)ながら、御引き物、引き出物も、もともとは宴(うたげ)の結びに、寝殿造(しんでんづくり)の庭先で馬の手綱を引いた故事(こじ)に由来(ゆらい)するという。現代なら自動車といったところだろうから、将に最高の贈り物だったのだろう。
高価な馬が適(かな)わなくなったのちも、暫(しばら)くは大きな馬(うま)絵(え)が奉納されていたが、近年は、図柄(ずがら)も係(かかわ)りのない、多くは社寺の縁起物(えんぎもの)に因(ちな)んだ絵馬が奉納されている。また、これを御守りとして求める御仁も、じつに多いそうだ。
我(わが)達(たっ)谷(こく)西光(せいこう)寺では、窟の毘沙門様には七曜(しちよう)の星の絵馬、姫待の御不動様には剣の絵馬が、それぞれの願いを込めて御宝前に奉納されているのであるが、平成26年に蝦蟇ヶ池辯天堂が御修復なったのちに、辯天様に絵馬を奉納したいと申し出る参拝者が引きも切らないのである。
そんなわけで、秋口から奉納(ほうのう)絵馬を作る算段を始めることにした。あれこれ図案に悩んだ末、表(おもて)には辯天様の御使いの白蛇と、佛説即身貧轉(ぶつせつそくしんびんでん)福徳(ふくとく)円満(えんまん)宇賀神将(うがじんしょう)菩薩(ぼさつ)白(はく)蛇(じゃ)示現(じげん)三日(さんじつ)成就(じょうじゅ)経(きょう)に説く転貧雨宝、すなわち「貧しきを転じて宝を雨(ふ)らす」との目出度い文言(もんごん)を朱(しゅ)書(が)きすることにした。
11月に待望の絵馬が完成したので、去る23日に祈禱を行った。併(あわ)せて、願い事を記すための、赤い御机(おつくえ)も一緒に新調したから、是非御参りに来てほしいと希(ねが)うのである。
秋も深まり、当地を訪れる参拝客もめっきり少なくなったが、参道を進み、三之(さんの)鳥居(とりい)から辯天堂を望むたびに、祷(いの)りを込めて奉納された絵馬が、一枚二枚と増えていくのが嬉(うれ)しいのである。辯天様もきっと御歓びであるに、違いない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月のテレホン法話「銀杏(いちょう)」             (11/16~/31)

2015-12-18 09:19:10 | 法話
「銀杏」
紅葉といえば紅(くれない)はモミジだが、黄色(きいろ)は深山(みやま)ならコシアブラ、里ならイチョウに止めを刺すのではないか。窟(いわや)毘沙門堂の境内(けいだい)には、二本のイチョウが聳(そび)え立つ。一つは蝦蟇(がま)ヶ池東(ひがし)の水口(みなくち)近くに、もう一つは蝦蟇ヶ池西の護岸にあり、後者(こうしゃ)は百年少し昔(むかし)に信徒が献木(けんぼく)したものである。その曾孫(ひまご)が達谷神楽の庭元(にわもと)であるのは、不思議な縁である。
植物なのに、雌雄(しゆう)の別があり、東が雄(おす)で、西が雌(めす)である。風媒花(ふうばいか)で、1キロくらい離れていても花粉が届くそうだ。ちなみに、被子(ひし)植物なら雄(お)蕊(しべ)雌蕊(めしべ)であるのに、イチョウが受粉後に花粉管の中で精子を作って受粉するのは、不思議な生態といえよう。
平瀬作五郎によって裸子(らし)植物の精子が発見されたのは、明治27年である。それが、恩師の池野成一郎のソテツの精子発見に結びつくのである。この功績により、共(とも)に帝国学士院恩賜賞を受賞している。
生きている化石と呼ばれるが、1000年ほど前には、江南(こうなん)に自生していたらしい。北宋の王(おう)都(と)があった開封(かいふう)に移植され、広まったとする説が有力だが、現在自生地はない。したがって、原産地を確定し難いのも、不思議である。
葉の上に銀杏(ぎんなん)が生(な)るオハツキイチョウや、葉が円筒状になるラッパイチョウ、そして銀杏(ぎんなん)を採るための園芸種など変種も多く、将に日本を代表する樹木ともいえよう。ちなみに日本では多くの社寺(しゃじ)に樹齢千年を超える大木が残っているが、イチョウの名木は東北に、その中でも青森県に巨木が多いというから、不思議な植物である。
参拝者の目を楽しませてくれた境内(けいだい)の銀杏が、11月11日に散った。黄金(こがね)色の絨毯(じゅうたん)に立って、葉の落ちた西のイチョウを見上げると夥(おびただ)しく実が生(な)っているのが分かる。毎年、果肉ごと拾って笊(ざる)に入れて洗って銀杏(ぎんなん)を採るのだか、臭いだけでなく、肌に触れるとかぶれるのでなかなか大変な作業なのである。困ったことに、不思議なことに、ここ2、3年ほど前から銀杏(ぎんなん)を食べる狸(たぬき)と先を争って拾わなければならないのは、可笑しな話でもある。
斯くして、不思議なことばかりだが、銀杏(ぎんなん)が毘沙門様の御宝前に御供えされるのは、師走15日の御縁日である。続いて、17日の観音様の御年越(おとしこし)に糧(かて)飯(めし)に入れられるのだが、これは昔から決まっているのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月のテレホン法話「辯天参り」(6/1~/15)

2015-05-19 12:00:44 | 法話
「辯天参り」
 薬師辯天(やくしべんてん)には銭(ぜに)あげて拝め、と謳(うた)われるように、辯天(べんてん)様(さま)は昔から金運商売の神様である。やんごとなき御利益(ごりやく)はあるのだが、辯天参りは男女(なんにょ)別れて御参りするのが、本義なのである。というのは、女(おんな)の神様である辯天様がやきもちを焼くから、斯(か)くの如(ごと)くの習(なら)わしと、決まっていたらしい。
昔は、これを逆手(さかて)にとって、縁切りの願(がん)掛(か)けをする強者(つわもの)もいたというが、平成の御世(みよ)には、こんな言い伝えなんか気にする御二人(おふたり)さんはいないと思ったら、左(さ)にあらず。御参りを済ませた後に縁起を読んで心配する方が、結構(けっこう)多いので参ってしまう。斯(か)くして、仲良き男女は別々に御参りするように、記(しる)した案内板を5月12日に御神橋(ごしんきょう)の手前に立てることにした。
じつは、平成25年の暮れに、蝦蟆ヶ池辯天堂(がまがいけべんてんどう)が後修復になり、面目(めんもく)を一新(いっしん)した。これより、御奉納(ごほうのう)も増えているが、縁切りの願掛けに来る女性も、以前に増して多いのである。
此方(こなた)蝦蟇ヶ池(がまがいけ)の辯天様は縁切りであるのに対し、方(がた)や達(たっ)谷窟(こくいわや)の毘沙門様は縁結びの神様であるから、悩ましいのである。ところで、昨今の椿事(ちんじ)といえば、辯天堂の建つ中島に掛かる舫(むやい)橋(ばし)を、蛇が渡っていく。毘沙門堂の階段を昇っていた蛇が参拝客に出くわし、大声に驚いて転げ落ちるのを、職員が何度も目撃している。辯天様の御使いである蛇が、毘沙門様に何かを報告しに行ったに違いない。
辯天様が、縁切りが増えておりますので、縁結びを増やして下さい、と毘沙門様に伝えているのではないかなどと、勝手に忖度(そんたく)してみるが、とまれ、足(あし)繁(しげ)く通う蛇の御使いの報告を聞いて、毘沙門様と辯天様は、利益(りやく)を施すに違いないと、信じているのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四月のテレホン法話(4/1~/15)「木挽(こびき)」

2015-04-01 09:34:53 | 法話
四月のテレホン法話(4/1~/15)


「木挽(こびき)」
 
木挽(こびき)とは人力(じんりき)で、大(お)鋸(が)という大きな縦(たて)挽(び)きの鋸(のこ)で丸太(まるた)を挽(ひ)く仕事と、それを行う職人(しょくにん)達(たち)を称(しょう)していう。「木挽(こびき)の一升飯」という諺(ことわざ)もあるから、ものすごい重労働だったらしい。勿論(もちろん)、平成の御代(みよ)には、人力(じんりき)に頼ることなく、製材所を舞台に、モーター駆動の帯(おび)鋸(のこ)が挽(ひ)いてくれのだが、今(いま)猶(なお)、職人(しょくにん)技(わざ)が求められているのである。
以前法話で話しが、達谷西光寺では平成27年度、慶長20年建立(こんりゅう)の鐘楼の御修復を計画している。でも、これがなかなかの難工事で、困って了(しま)うのである。例(たと)えば、木材の調達。一般の住宅ならば、日本農林規格(JAS)の製材を買えば、それで済む。でも、150貫(かん)、約600キロの洪(こう)鐘(しょう)を末永(すえなが)く吊るためには、中央の八角柱四本を六寸から九寸に替(か)えなければならない。梁も、ほぼ倍の寸法となる。だから、丸太は一抱(ひとかか)えもある大木(たいぼく)ばかりである。
これを揃(そろ)えるのに、じつに長い時間を要したのであるが、去る3月28日の早朝7時に、一関の工業団地にある山一(やまいち)木材(もくざい)の土場(どば)から、最後の丸太(まるた)となる十尺の栗一本とミズナラ二本を運び了(お)え、鐘楼の御修復材(ごしゅうふくざい)が全て揃った。いよいよ午前八時から木挽(こびき)が行われるのだが、原木(げんぼく)から無駄なく木取りするのは、木挽(こびき)職人(しょくにん)の腕の見せ所でもあるのだ。
達谷西光寺の建築工事で多用される栗は、じつにいい建築資材であるが、厄介(やっかい)な性質(たち)で、枯枝(かれえだ)を巻き込んで成長すると、そこから水が入り、洞(ぼら)になったりすることが多い。また、杉やヒバといった針葉樹と異なり、曲った木が多いから、注意深く木(き)取(ど)らなければならない。今回の木挽(こびき)は千葉製材所の先代社長で、達(たっ)谷(こく)西光寺(せいこうじ)番匠(ばんしょう)職(しき)佐藤時男棟梁が立ち会って行なわれた。
栗(くり)丸太(まるた)が台車に備え付けられ鋸(のこ)が入る。忽(たちま)ち、黄色い木肌が姿を現す。挽(ひ)いたその面(つら)を睨(にら)み、木材の素性(すじょう)を見極めながら慎重に進められ、作業が無事に終わったのは午後六時であった。あとは床材のミズナラ等(など)、板(いた)や細(こまか)い材料を残すばかりである。夕刻の薄暗い事務所で御茶を飲みながら、お次(つぎ)は棟梁さんの出番だなあ、と仕事を終えた職人たちが楽しそうに笑うのを聞いて、木挽(こびき)の腕がよくなければ優(すぐ)れた塔堂社殿は成(な)らないとつくづく実感した次第(しだい)である。斯くいう裏方の活躍も、ぜひ伝えておきたいと希(ねが)い、新年度初めの法話で紹介することとした
四月のテレホン法話「木挽(こびき)」4/1~/15
コメント
この記事をはてなブックマークに追加