広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

四月のテレホン法話(4/1~/15)「木挽(こびき)」

2015-04-01 09:34:53 | 法話
四月のテレホン法話(4/1~/15)


「木挽(こびき)」
 
木挽(こびき)とは人力(じんりき)で、大(お)鋸(が)という大きな縦(たて)挽(び)きの鋸(のこ)で丸太(まるた)を挽(ひ)く仕事と、それを行う職人(しょくにん)達(たち)を称(しょう)していう。「木挽(こびき)の一升飯」という諺(ことわざ)もあるから、ものすごい重労働だったらしい。勿論(もちろん)、平成の御代(みよ)には、人力(じんりき)に頼ることなく、製材所を舞台に、モーター駆動の帯(おび)鋸(のこ)が挽(ひ)いてくれのだが、今(いま)猶(なお)、職人(しょくにん)技(わざ)が求められているのである。
以前法話で話しが、達谷西光寺では平成27年度、慶長20年建立(こんりゅう)の鐘楼の御修復を計画している。でも、これがなかなかの難工事で、困って了(しま)うのである。例(たと)えば、木材の調達。一般の住宅ならば、日本農林規格(JAS)の製材を買えば、それで済む。でも、150貫(かん)、約600キロの洪(こう)鐘(しょう)を末永(すえなが)く吊るためには、中央の八角柱四本を六寸から九寸に替(か)えなければならない。梁も、ほぼ倍の寸法となる。だから、丸太は一抱(ひとかか)えもある大木(たいぼく)ばかりである。
これを揃(そろ)えるのに、じつに長い時間を要したのであるが、去る3月28日の早朝7時に、一関の工業団地にある山一(やまいち)木材(もくざい)の土場(どば)から、最後の丸太(まるた)となる十尺の栗一本とミズナラ二本を運び了(お)え、鐘楼の御修復材(ごしゅうふくざい)が全て揃った。いよいよ午前八時から木挽(こびき)が行われるのだが、原木(げんぼく)から無駄なく木取りするのは、木挽(こびき)職人(しょくにん)の腕の見せ所でもあるのだ。
達谷西光寺の建築工事で多用される栗は、じつにいい建築資材であるが、厄介(やっかい)な性質(たち)で、枯枝(かれえだ)を巻き込んで成長すると、そこから水が入り、洞(ぼら)になったりすることが多い。また、杉やヒバといった針葉樹と異なり、曲った木が多いから、注意深く木(き)取(ど)らなければならない。今回の木挽(こびき)は千葉製材所の先代社長で、達(たっ)谷(こく)西光寺(せいこうじ)番匠(ばんしょう)職(しき)佐藤時男棟梁が立ち会って行なわれた。
栗(くり)丸太(まるた)が台車に備え付けられ鋸(のこ)が入る。忽(たちま)ち、黄色い木肌が姿を現す。挽(ひ)いたその面(つら)を睨(にら)み、木材の素性(すじょう)を見極めながら慎重に進められ、作業が無事に終わったのは午後六時であった。あとは床材のミズナラ等(など)、板(いた)や細(こまか)い材料を残すばかりである。夕刻の薄暗い事務所で御茶を飲みながら、お次(つぎ)は棟梁さんの出番だなあ、と仕事を終えた職人たちが楽しそうに笑うのを聞いて、木挽(こびき)の腕がよくなければ優(すぐ)れた塔堂社殿は成(な)らないとつくづく実感した次第(しだい)である。斯くいう裏方の活躍も、ぜひ伝えておきたいと希(ねが)い、新年度初めの法話で紹介することとした
四月のテレホン法話「木挽(こびき)」4/1~/15
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月のテレホン法話(3/16~/31) [拝観料]

2015-03-16 08:15:44 | 季節のお知らせ
3月のテレホン法話(3/16~/31) [拝観料]
「拝観料(はいかんりょう)」
 上野(うえの)にある東京国立博物館の入館料は、一般が620円である。これに対し、フランスのルーブル美術館は12ユーロ、邦貨(ほうか)に換(かん)算(ざん)するとおよそ1,500円になるから、かなり高価である。でも、18歳未満は入館無料だそうだ。また、世界遺産であるベルサイユ宮殿は、さらに高額な15ユーロであるが、10歳未満は無料だという。
フランスでは、子供が優遇(ゆうぐう)されているらしい。ちなみに、彼(か)の国の平成24年度の出生率(しゅっしょうりつ)は2.01 人と、我(わが)日本の1.41人の2割5分増(ま)しとなっている。移民も多く、婚姻(こんいん)の形態も違うそうだから、一概(いちがい)に比較はできないが、これが幾許(いくばく)かプラスに働いていることは、否定できまい。
そんな譯(わけ)で、我(わが)達谷西光寺は、平成27年4月朔(つい)日(たち)から、毘沙門堂の拝観料を、小学生以下は無料にすることに決めた。ただし、校外学習や修学旅行などを除いて、であるが、いわゆる教育旅行で拙寺(せつじ)を訪れる小学生は、先(ま)ずない。
料金改定は、ここ数年の懸案(けんあん)事項(じこう)であったが、家族旅行を優遇(ゆうぐう)すべきでは、と考えたからである。じつは、家族で旅行に出掛けるのは小学生までで、中学になるとクラブが忙しくなり、親離れも進む所為(せい)か、その機会は少なくなるようである。私も、三人の子を持つ。子育てにお金が掛かることは、身に染(し)みて実感している。
とまれ、子供は愛(めんこ)いのに、眼にすることが少なくなるのは、寂(さび)しいことである。
達(たっ)谷窟(こくいわや)の毘沙門様は良縁(りょうえん)吉祥(きっしょう)、子孫(しそん)繁盛(はんじょう)の神様で、子供が大好きである。だから、子供(こども)連(づ)れで、是非(ぜひ)御参りに来てほしいと希(ねが)うのである。
ちなみに、解(わか)り易(やす)いと評判(ひょうばん)である子供用の漫画パンフレットは、無料(むりょう)配布(はいふ)としたい。フランスを見倣(みなら)って、斯(か)く考えた。ささやかではあるが、少子化対策の一助(いちじょ)となれば、幸いである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2015-03-01 13:54:33 | 法話
「春」
 師走は雪が多く、厳しい冬が予想されたが、平成27年乙未(きのとひつじ)に年が改まると暖かい日が続き、雪も少ない。
前回の法話でも述べたが、今年は春の訪れが早いのである。立春と共に、春が来た。一月(ひとつき)近く、早いのではないか。
 じつは春が早(はや)過ぎると、困ることもあるのである。毎年のことだが、枝垂桜(しだれざくら)を筆頭(ひっとう)に境内の
老木(ろうぼく)に巣食(すく)う苔(こけ)を駆除するために、寒さの厳しい2月末のこの時期に、硫黄合剤(いおうごうざい)を
散布(さんぷ)するのである。いつもならば雪がたくさん残っている筈(はず)なのに、瞬(またた)く間に春めいてきたから、
慌(あわ)てて金成緑化に電話したら、まだ大丈夫です、と言われたのである。とまれ、25日には散布(さんぷ)を終え、まず
は一安心である。ね
 世は当(まさ)に、春である。雪のない道路を平泉に向かい、髢(かつら)石(いし)を過ぎると視界が開け、束(たば)稲山(しねやま)に、
春(はる)霞(がすみ)が立つのが見える。日当たりのいい南の土手だけではなく、至(いた)る処(ところ)でフクジュソウが咲いている。
ネコヤナギが芽吹(めぶ)き、梅の蕾(つぼみ)も大きく膨(ふく)らんでいるのである。
スイセンの芽(め)が角(つの)ぐみ、蕗(ふき)の薹(とう)ことバッケが出ているが、散布した硫黄合剤には毒性があるから、
食用に適(てき)さなくなってしまった。こんなことなら、先に摘(つ)んでおけばよかったのにと後悔(こうかい)するが、バッケを
見つけたのが月末の28日だから、笑うしかないではないか。
 春が早すぎる所為(せい)か、ちぐはぐなことも多いが、地表の温度が上がると、雪が降っても上から下から溶けてしまうのである。
 斯(か)くして、春は忽(たちま)ち来るだろう。
こんな年があってもいいと、28日に弟子と毘沙門堂での御勤(おつと)めを終えて、柔(やわ)らかな日差しを浴びて、階(きざはし)を
降(お)りながら思ったのである。明日(あす)から、春(はる)三月(さんげつ)である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

達谷窟毘沙門堂/達谷西光寺 四季の写真をお届けいたします

2014-12-25 00:09:29 | 四季の写真館
春の写真館

夏の写真館

秋の写真館

冬の写真館
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月のテレホン法話(12/16~/31) 「糧飯(かてめし)」

2014-12-16 09:23:28 | 法話
「糧飯」
 糧(かて)飯(めし)、糧(かて)御飯(ごはん)とは、菜っ葉や大根や芋や豆などの雑穀を、少ない米の中に混ぜて炊(た)いたものをいう。テレビドラマでおしんが食(く)っていた大根(だいこん)飯(めし)も、この類(たぐい)であろう。
この糧(かて)飯(めし)こそが、師走十七日の観音様の御年越(おとしこし)祭(さい)の御神饌(ごしんせん)となる。その故は、粗末な飯でも食えますように、飢渇(けかつ)することがありませんようにと、観音様に切なる願(ねがい)を掛けて供えられたからである。さぞかし昔は、不味(まず)い飯だったのであろう。 

 さて、我(わが)達谷西光寺では、麦(むぎ)などの雑穀、豆、芋、銀杏、クリ、零余子(むかご)、大根の葉、胡麻類の他(ほか)、有体(ありてい)に言えば、あるものを沢山(たくさん)加え、醤油と塩を入れて炊き上げる。これがじつに旨(うま)い、とある集まりで話したところ、是非味わってみたいということになり、忽(たちま)ち数人の信者が十七日の直會(なおらい)に参集(さんじゅう)することとなったのである。
 
 毎月、十八日は観音様の御縁日(ごえんにち)である。来(きた)る師走(しわす)十七日は大晦日(おおみそか)で宵宮(よいみや)に当たるから、日が暮れて御神域に夜の帳(とばり)が下(お)りると、御歳(おとし)神様(かみさま)が注連縄(しめなわ)の改(あらた)められた三つの鳥居を潜(もぐ)り、燈篭(とうろう)に誘(いざな)われ御堂(おどう)に上(のぼ)られるのである。神様を御迎えしたのち、四箇法要が執り行われるが、神事であるから非公開である。そのあと御供所で直會(なおらい)、すなわち御神酒(おみき)と糧(かて)飯(めし)いただくことに決めたのである。
 
 師走(しわす)の御年越(おとしこし)祭(さい)は、二日の毘沙門様に始まる。毘沙門様には二つの鏡餅(かがみもち)を横に並べて、御供物とする。二十日の辯天様には、御強(おこわ)を卵型に握って御供(おそなえ)とし、二十八日の御不動様には茹でた小豆の上に鏡餅を三個三角に並べて御供(おそなえ)とする。つまり、佛様のためだけに作られる特別の御供物なので、我々が御相伴(おしょうばん)に預かるは難しい。

 斯(か)くして、糧(かて)飯(めし)を奉奠(ほうてん)する観音様の御年越(おとしこし)祭(さい)だけ、御供物(おくもつ)をいただくことが叶(かな)うわけだが、その由来(ゆらい)を改めて紹介したいと思う。我々は、飢えを忘れてはいないか。貧乏人は麦を食え、といった総理大臣がいたそうだが、有史以来我日本(にっほん)では、常に米が不足していたのだ。米余りの現在では想像し難いが、国内で完全自給できるようになるのは、戦後の昭和53年。ついこの前なのである。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加