岩田家のガラス芸術 BLOG 岩田の事

炎の贈り物 藤七・久利・糸子が織りなす岩田家のガラス芸術

岩田藤七作品 「茶の器」

2017-06-10 16:09:51 | 藤七作品
岩田藤七の 「茶の器」   *インスタグラムにも投稿中です。 instagram @iwata_glassart

藤七は戦前よりガラスによる茶の器の制作を始め、
以来晩年まで水指を中心に、茶碗、茶入れ、蓋置等を作り続けました。

日本の工芸の根幹であるお茶の世界にふさわしいガラスの器を作るべく、
研鑽と実践を重ねました。

そして薄明かりの茶室の中、漆・竹・布・紙・金属という伝統の素材に取り合わせる事を念頭に、
複雑に色を重ね、様々な工夫で加飾を施し、肌合いを変化させ、
ガラスとは思えぬ、しかもガラスならではの光を得た作品を作り上げたのです。

ひとつひとつに藤七の思いがこもり、岩田の技術ならではの作品です。



  
岩田藤七作「墨染」 1974年 幅18cm 奥行18cm 高さ18cm  
黒に近い瑠璃と濃い茶、なめらかなで重厚な姿。メトロポリタン美術館収蔵品と同種。



 
岩田藤七作「湖畔」 1976年 幅18cm 奥行17cm 高さ19.5cm  
青・緑。白に銀箔で織り成す文様。



 
岩田藤七作「古城」 1976年 幅22cm 奥行22cm 高さ18cm  
青・紫に銀箔の堂々たる姿。



 
岩田藤七作 「松」 1977年 幅15cm 奥行15cm 高さ17cm  この作品は売却済みです。
黄色地に松の文様、八角の「松・竹・梅」連作。



 
岩田藤七作 「竹」 1977年 幅14.5cm 奥行15cm 高さ19cm  
瑠璃地に竹の文様、八角の「松・竹・梅」連作。



 
岩田藤七作 「梅」 1977年 幅13.5cm 奥行14cm 高さ18cm  
瑠璃地に梅の文様、八角の「松・竹・梅」連作。



 
岩田久利作 「墨雲」 1983年 幅12.5cm 奥行12.5cm 高さ10.5cm  
黒地に黒の文様。緑が美しく映え。



 
岩田藤七作 「渦」 1969年 幅15.5cm 奥行15.5cm 高さ8cm  
美しい空色に瑠璃の流れ。



  
岩田藤七作 「水影」 1976年 幅14cm 奥行14cm 高さ7cm  
柔らかな青地に瑠璃の斑紋が浮かぶ。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 糸子作品 3 「伸展(のばし... | トップ | 「イワタルリ展」 六本木 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

藤七作品」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。