よませの里通信

北信州高社山の麓、よませの里から四季つれづれ

志賀高原志賀山

2011-02-20 06:32:10 | 北信州

志賀高原は真冬。スキー場は賑わっていた。晴天が続きありが
たいことだ。
志賀高原の名前の由来になったのが右側の志賀山。左が裏志賀
山。有名な池めぐりコースがある。志賀山は志賀高原に多くの
池を造った。
溶岩流は天然のダムとなって大沼池を造った。粘り気のある溶
岩流は「おたのもうすの平」の樹海を造った。
火山国日本は各地で噴火による被害が発生する。反面火山は計
り知れない恩恵を与えてもいる。志賀高原の山はすべて火山が
造った。
私はプロの自然ガイドになって13年になった。志賀高原の自
然を案内しているが、今流の山仕事だと思っている。火山の恩
恵にあずかっているとも言える。
『長野県』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ここは何処 | トップ | 伐採 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (団長君)
2011-02-21 22:40:51
だれに、なにを
「おたのもうす」の平
なのでしょうか???

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

北信州」カテゴリの最新記事