なんだ

「なんだ」へようこそ。岩崎ってナンダと思ってらっしゃる方々へ、岩崎がナニやってるんだかをご報告。

キツネノカミソリ

2017-08-15 | 遠足倶楽部の山歩き

8月10日(木)

  

           

 新ハイキング誌の記事で、毳山にキツネノカミソリの群生地
があると知って、訪ねてみることにした。最高峰の青竜ヶ岳でも
標高229mという低山なのに、花期が盛夏であるのが難点だが、
藤川さん、森田さんのお二人が誘いに応じて下さったので、東京
でも猛暑日予報が出ているが、迷わずでかけた。

 両毛線岩船駅前から、ふれあいバスで道の駅みかもまで行く。
100円。11時半に歩きはじめる。みかも神社まで一直線の階段
登り、その先に中岳がある。キツネノカミソリの群生地は、カタクリ
の群生地と重なっていると案内にあったので、尾根通し青竜ヶ岳に
すすまず、かたくり園地をめざして下る。

 三毳の関跡分岐を過ぎても、それらしき花は見えない。ない、
ないといいながら下っていくと、下の方に黄色が見えた。下って
いくとお目当てのキツネノカミソリが見事に群生していた。来た
甲斐があった。

 前述の分岐まで戻り、三毳関跡から青竜ヶ岳に立ち、とちぎ
花センター前に下ったのは3時少し過ぎだった。ふれあいバスで
栃木駅に出た。300円。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月3日〜6日、蔦温泉3連泊

2017-08-08 | 他社主催ツアーの山歩き

 アルパインツアーに企画実施して貰っている国内の山旅「山の
遠足」で、蔦温泉に3連泊、八甲田大岳、岩木山に登り、五所
川原市の立佞武多(写真)を楽しんできた。

         
3日(木)

 新青森駅改札口に11時半集合、専用バスで蔦温泉にむかう。
夕食前に蔦六沼散策、距離2.9km、ゆっくり歩いて1時間半ほど。
ブナ林の中の素敵な散策を楽しんだ後、温泉で汗を流してさっぱり
してから豪華な夕食に舌づつみをうった。


4日(金)

 朝いちのロープウェイで高度を稼ぎ、赤倉岳を越え避難小屋のある
鞍部に下る。昼食弁当を食べてから大岳頂上をめざす。山頂で記念
写真を撮り、往路を鞍部まで戻る。

 鞍部から上毛無岱に下る。広い草原には、キンコウカが群生して
いて見事だった。さらに下った下毛無岱も一見に価する。酸ヶ湯に
下り、有志は酸ヶ湯入浴してから蔦温泉に戻った。


5日(土)

 岩木山に登る。昨今、活動のメインは“地球を遠足”なので、
久々の岩木山である。

 NHK教育テレビ番組「中高年のための登山学・日本百名山
をめざす」で、岩木山を取り上げ、ロケに際してたまたま来日
していたイタリアを代表する往年の名クライマー、ワルテル・
ボナッティと奥様で世界的な大女優、ロッサナ・ボデスタさん
と一緒に岩木山に登ったことを思い出す。

 今回は8合目までバス、リフトを利用して9合目まで上がり、
手抜き登山で山頂に立った。下って温泉で汗を流し、立佞武多を
眺めるべく、五所川原市にむかった。

 待ちに待った午後7時、立佞武多が動きはじめた、でかい。
太鼓をの響きが勇壮である。帰りの混雑を予想して8時に見物を
切り上げ、蔦温泉に戻った。


6日(日)

 蔦温泉発9時31分の路線バスで新青森駅着11時14分、取って
あるのは13時52分発なので、みどりの窓口でチェンジすればいいや
と思っていたら、新青森駅は大混雑、指定席はすべて発売済みであった。
13時52分までひたすら待ち、ようやく家路についた。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加