なんだ

「なんだ」へようこそ。岩崎ってナンダと思ってらっしゃる方々へ、岩崎がナニやってるんだかをご報告。

霧ヶ峰・車山

2016-07-21 | 遠足倶楽部の山歩き

7月15日(金)
       

  “中高年と女性のための山の遠足”3G(ちょーゆっくり)メニューとして、
霧ヶ峰・車山を取り上げた。

 茅野駅改札口前に集合したのは、総勢7人。期待はニッコウキスゲ
なのだが、バスが大門峠を過ぎて山道に差し掛かっても、山腹は一面の
緑で、鹿の食害への懸念を募らせる。下車駅“車山肩”近くなってオレン
ジ色の輝きが目に入ってほっとした。

 11時40分頃歩き始める。まずは車山の山頂に立つ。20分の中休止
で昼食を済ませ、立ち上がって蝶々深山の方へむかうと、「岩崎さん」と
声がかかる。見れば山本君とそのご一行さま。笠ヶ岳をめざしたが、ひど
い雨なので引き返してきたとのこと。時間潰しの寄り道とか。

  「じゃまた」と、鞍部への下りにむかう。きょうの行程の中で、この下り
だけが懸念材料だった。が、その下りがない。そこ下りは通行止めに
なっていて、歩き易いきれいな道ができていた。スキー場のリフトが夏でも
車山てっぺん近くまで運行されていて、車山々頂は観光客で埋まってい
たっけ。なるほど、納得。蝶々深山を超え、霧ヶ峰を周遊するように車山
肩に戻る。ニッコウキスゲは、鞍部周辺と肩周辺に群落があって、登山者、
観光客を喜ばせてくれていたが、いずれも囲いで保護されたお花畑で、
往年の大群落を知るものには、淋しい限りだった。

これだけでも咲いているのを善しとしよう。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html

無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ザルツブルク→ウィーン→成田

2016-07-19 | 海外の山歩き

7月9日(土)〜10日(日)


 ホテルを出てザルツブルクの空港に送られる。ウィーンに飛び、
5時間ほど待って成田行きが飛ぶ。ほぼ満席なのに、オーストリア
航空の成田→ウィーン直行便は飛ばなくなるという。機材を旅客の
多い中国路線に回すから、という理由を聞かされてショック。一億
二千万人対十数億人では勝負にならないか。

 成田に昼前着陸、いつもはお寿司を食べてからスカイライナーに
乗るのだが、本日は大塚に直行、玄関にキャリーバックを置くと、
参院選投票所に向かった。きょうが最終日である。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html

無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サウンド・オブ・ミュージックの世界

2016-07-19 | 海外の山歩き

7月8日(金)


 ザルツブルクから車で50分くらいの距離にあるウェルフェンに行く。
昨年拓かれたサウンドオブミュージック・トレイルを歩く。登りついた
草はらは、映画でマリアと子どもたちがドレミの歌を歌った草はらだ。
その場所に地元観光協会がランチをセットしてくれた。

 昼食後、サウンドオブミュージックゆかりの場所として、フローン
ブルク宮殿を眺めに行く。トラップ一家の館として、映画に登場する
建物だ。次に庭園パビリオン。

 ザルツブルク市内に戻って一般観光客は入れない教会の中に
招じ入れられると、トラップ大佐の孫娘がギター片手に登場、素晴ら
しい歌声を披露してくれた。思いもかけないサプライズの連発は、
アルパインツアーサービス(株)の社長であり、今回のツアーリーダー
である芹澤健一氏の顔に尽きる。おかげで充実した山旅が、あっと
いう間に最終日を迎えてしまった。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html

無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ザルツカンマーグートからザルツブルクへ

2016-07-12 | 海外の山歩き

7月6日(水)

 カプルンの宿、スポーツクリスタルを出てスタウゼー周辺をハイキング、
午後ザルツカンマーグートへ移動。トラウンゼー湖畔の宿ゼーホテル・
シュヴァンに入る。


7月7日(木)

 午前中アルムゼー半周ハイキングを楽しみ、午後ロープウェイで尾根上
に出て周辺ハイキングを楽しんだ後、ザルツブルクへ移動。街の賑やかさにびっくり。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html

無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キッツシュタインホルン展望台へ

2016-07-11 | 海外の山歩き

7月5日(火)


 ロープウェイ乗り場まで路線バスで行き3,029mの展望台まで
上がる。展望を堪能した後、2,446mの中間駅まで下ってランチ。
食後マイスコーゲルアルプ1,540mまでのハイキングを楽しむ。
歩き甲斐あるコースだったが、途中雷雨にやられた。雷は遠かっ
たので心配はなかったが、山はなんといっても青空がいい。雷雨が
通りすぎた後、お詫びの印なのか鮮やかな虹を懸けてくれた。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html

無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グロースグロックナーは雲の中

2016-07-11 | 海外の山歩き

7月4日(月)


 ホテルを出て、フランツ・ヨゼフス・ヘーエに行く。ここからホフマンス
小屋まで、グロースグロックナーの展望を楽しみながらハイキングする
予定が、肝心のお山は雲の中。しかし、道端は素晴らしいお花畑で、
充実のフラワーハイキングにはなった。エーデルワイスも咲いていた。

 昼食後、カプルンに移動、美人の観光局々長に迎えられる。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html

無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハイリゲンブルートへ

2016-07-07 | 海外の山歩き

7月3日(日)


 午前中は、イタリアとの国境に広がるカルニッシュ・アルプスを
ハイキングする予定だったが、朝からの雨に出発を遅らせ、アルト
ホーフェンの街を散策してからハイリゲンブルートにむかう。

 アルトホーフェンの旧市街は、格調ある古い建物が並んでいて、
絵のようだった。夕刻、なつかしのハイリゲンブルートに到着するが、
グロースグロックナーは雲の中だった。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html

無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガイアーコーゲルハイキング

2016-07-05 | 海外の山歩き

7月2日(土)
      

 昨日成田からウィーンに飛び、国内線に乗り換えてクラーゲンフルト
に着陸、ガイドのウルフに迎えられ、専用車で30分くらいの距離にある
アルトホーフェンのホテルに入った。23時過ぎ、部屋に入ってベッドに
潜ったのは、0時。

 で、7時に目がさめた。昨日は真っ暗で分からなかったが、素晴らしく
いい所。青々とした牧草地が広がり、素敵なお家が点在する。太陽の光
をいっぱい浴びた、そんな景色を眺めながら、ホテルのテラスで食べる
朝食は最高。

 8時半、バスで登山口1644mまで上がり、ガイアーコーゲル1917m
までのハイキングを楽しむ。登山口に戻ったのが13時、ウルフが予約
しておいてくれた、丘の上の素敵なレストランでビールで乾杯したのは
14時になっていた。

 昼食後、岩山の上に建つホーホオスターヴィッツ城(写真参照)を見学
してからホテルに戻る。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html

無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カナディアンロッキー8日目、9日目

2016-07-01 | 海外の山歩き

6月26日(日)〜27日(月)


 カルガリーまで送って貰い、13:00発のエアカナダで帰国の
途につく。月曜日のせいか空席があり、ゆったり空の旅を楽しんだ。
27日(月)14時過ぎ、成田空港に着陸。

 スモークサーモンを買って帰ったので寿司屋に寄らず、まっすぐ
家に帰って、早めの夕食にした。バンフのお店で、試食したサーモン
の方が美味しかった。まっ、いいか。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html

無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加