なんだ

「なんだ」へようこそ。岩崎ってナンダと思ってらっしゃる方々へ、岩崎がナニやってるんだかをご報告。

愛知県最高峰 ・ 茶臼山に登る

2013-11-29 | 他社主催ツアーの山歩き

11月27日(水)

     
      萩太郎山への登り斜面から、振り返って見る茶臼山

 きょうも素晴らしい快晴。9時に宿を出て、茶臼山に向かう。矢作川
源流の水を飲み、山頂まで約1時間。雰囲気のいい山であった。スキー
場のある萩太郎山山まで足を伸ばし、宿に戻る。レストランで昼食を
済ませてから、バスに乗り込んで帰路に着く。

 ぼくと T さん、Y さんは、深津宅にお泊まりすることになっているので、
深津宅の近くで深津さんと一緒にバスを降りる。深津さんのお部屋で
お茶をご馳走になった後、香嵐渓のライトアップを鑑賞すべく、16時、
深津宅から歩いて香嵐渓に向かう。深津さんのお仲間、佐藤夫妻が
同行して下さる。香嵐渓の入り口まで約30分、夕闇が迫る頃だが
人出はなかなか。出店で夕食を食べ終わる頃には、すっかり陽も落ち、
紅葉がライトアップに映えて、ロマンチックであった。

                                
                                ライトアップされる香嵐渓の紅葉 

 帰りも歩いて深津宅まで戻り、打ち上げの酒盛り。大スズメバチの
佃煮やら、ヘボというスズメバチの小さいやつの煮付けやら、珍味を
肴に、22時過ぎまで盛り上がった。おかげでぐっすり寝ることができた。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

香嵐渓の紅葉は最高

2013-11-27 | 他社主催ツアーの山歩き

11月26日(火)

            
            紅葉する香嵐渓 ・ 飯森山

 26日~27日、「地球を遠足」仲間のお一人、豊田市の深津長さん
お勧めの「香嵐渓紅葉祭りと愛知県最高峰 ・ 茶臼山登山」で愛知県
にやってきた。

 名古屋駅銀の時計前に10時、参加者24人、アルパインツアーの
ツアーリーダーが東京から橋本さん、名古屋から志村さん、そしてぼくの
総勢27人が集合。バスで香嵐渓に向かう。さほど渋滞はなかった。
途中、コンビニで昼飯を仕入れ、11時半、香嵐渓に到着。

 途中、左右の木々も紅葉まっ盛りであったが、香嵐渓 ・ 飯森山の紅葉
は格別であった。ウィークデーなのにかなりの人出、土日の混雑を想像
するとウンザリするものがある。飯森山の頂上で昼飯、下って足助の街を
見学。噂通りの香嵐渓の紅葉に満足して、15時、バスに乗り込み、
茶臼山に向かった。

 休暇村 ・ 茶臼山高原に16時半到着。寒い、マイナス2度であった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

榛名・水沢山

2013-11-20 | 他社主催ツアーの山歩き

11月16(土)

 まるひろ川越店恒例のバス ・ ハイキングツアー。今年は榛名 ・
水沢山にした。参加者17人、GWスタッフ4人、アルパインツアー
からツアーリーダー1人、現地登山インストラクター1人は佐田兄、
そしてぼくの総勢24人。準備体操を済ませ、水沢観音から出発、
10時。30分で一本立てるようなペースで登り、山頂一つ手前の
たおやかなピークで休憩、12時05分~30分。

 集合写真を撮ってから山頂に向かう。細長く狭い山頂はほぼ満席
だった。山頂を素通り、水沢観音とは反対、西側の車道に下る。バス
に戻ったのは13時半、佐田兄の奥さんが運び上げてくれたチャイを
ご馳走になる。日帰り入浴施設で汗を流し、16時に出たバスは、
スムーズに走って、18時にはまるひろ川越店に帰着した。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青木ヶ原樹海周遊

2013-11-19 | 遠足倶楽部の山歩き

11月13日(水)

                
                富士急の車窓からの富士山

 若い頃は、富士山とインプットされると、3,776mの高みに目が飛んで、
足下に向かなかった。加齢に従って体力が低下すると、体力低下を補う
ように、目が良く見えるようになるらしい。視界が広がってくる。青木ヶ原
樹海が見えてきた。この日、3Gメニュー青木ヶ原樹海周遊ハイキングを
企画、実施した。

 集合場所、河口湖に向かう富士急の車窓から見る富士山が、真っ白で
綺麗だった。参加者7人に大津講師にぼくの9人、タクシー2台で野鳥の
森公園まで入る。ここから樹海の中の道を風穴目指して歩く。無風快晴
なので、静かで明るく素敵な遊歩道だ。

 1時間少しで車道に出ると風穴、ここは観光地だ。入穴料280円のとこ
ろ、ネット割引で250円。風穴を出て氷穴に向かう道は、東海自然歩道
だった。途中で昼食休憩をとる。氷穴の先で車道をくぐり、西湖に向かう。
西湖畔から車道に出て、根場のバス停に着くと、ちょうどバスが来た。
河口湖駅前に戻って解散した。

 てっぺんのない一日もいい一日だなと思ったが、てっぺんがなかった
ので、集合写真を撮るのを忘れてしまった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横山岳登山中止

2013-11-13 | 遠足倶楽部の山歩き

11月10日(日)


 7時半からという朝食を30分早めて貰い、8時に登山口まで送って
頂くということで、昨晩9時に布団に潜りこんだ。

 朝、目を覚ますとけっこうな降りである。残念だが登山中止を決断、
9時17分発のバスで木ノ本に出る。電車の時間潰しに売店でコーヒー
を飲んでいたら、地元の老人から声がかかった。若かりし頃、横山岳
山頂の三角点を掘り出したこと、日本で一番いい山だとか話してきて、
家では旅館やっているんですよ、とか言うので、どちらでですかとか
聞きながら、ぼくらは昨晩、長治庵に泊まったんですよ、と話すと、
そこが俺の家だという返事に大笑い。いまは息子に任せて隠居して
いるということだった。縁の不思議をつくづく感じた出会いであった。

 10:14の電車は米原着10:42、米原発10:55のひかりがあって、
自由席もガラガラ、東京着13:10、14時前には我が家に到着した。

 来春、雪が消えたら横山岳に再チャレンジしよう。その時は併せて、
金糞岳も目指すつもりだ。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湖北 ・ 小谷山

2013-11-12 | 遠足倶楽部の山歩き

11月9日(土)

               
         資料館から仰ぐ小谷山

 浅井長政とお市の居城のあった山である。「ぼくのふるさと八百
名山」滋賀県から選ぶ17山の内の2座、小谷山はきょう登り、
横山岳はあした登る予定だ。

 東京発7時33分のひかりで、米原経由、河毛駅に10時19分着。
総勢4人、タクシーで小谷城跡に行き、準備を整えて10時45分
出発。大河ドラマの舞台になったので、本丸跡まではよく整備され
ている。本丸跡の少し先の平で昼食休憩11時50分~12時10分。
清水谷分岐に一旦下り、登り返して12時55分小谷山々頂(大嶽)
494.5m着。

  
 長治庵
                                                    
                 大根が下げられたお家 

 20分ほど休んでから尾根コースを郡上へ下る。資料館に下った
のは、14時30分であった。朝乗ったタクシーを呼び、長治庵まで
送って貰う。長治庵のある杉野の集落は、静かで居心地のいい
所であった。大当たり、早く下れたので15時には宿に着いてしまっ
たが、チェックインは16時とのこと。集落内を少しお散歩した。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飯盛山

2013-11-06 | 山歩き番外編

11月3日(日)

         

 泉南、その先は和歌山県という、大阪最南端に位置する飯盛山に
登ってきた。標高384.5m里山である。

 アルパインツアーの竹森君と8時に新大阪で待ち合わせ、なんば
から南海本線で登山口の孝子駅にいく。9時50分歩き始める。高仙
寺から山道に入る。雰囲気のあるいい道だ。高野山10時30分、道が
少し悪くなる。札立山分岐を過ぎ、一頑張りで飯盛山頂上。11時50分。
曇天で眺望が楽しめなかったのが残念。 ひたすら下り、14時みさき
公園駅着。曇天ではあったが、雨具を着ずに済んだのはラッキーであった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大台ヶ原山

2013-11-05 | 山歩き番外編

11月2日(土)

            
             大蛇ぐら

 日本百名山にして、ぼくの新百にも選ばさせて貰った大台ヶ原山、
大台ヶ原山は山脈の総称、主峰の名前は日出ヶ岳である。

 1日(金)午後、大阪でスライド&トークショーを開催、翌日バスハイキ
ング ・ ツアーが実施された。主催はもちろん、アルパインツアーである。

 2日朝7時半に参加者14人が集まったところで、中型バスに乗り込む。
森中さんと西尾さんが見送りに来てくれた。約3時間で大台ヶ原の駐車場
に到着。ビジターセンターを見学後、10時50分スタート。中道から尾鷲
分岐に出、大蛇ぐらを往復してから日出ヶ岳に立つ。集合写真を撮って、
駐車場に15時40分に下る。新大阪に戻ったのは19時20分であった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加