なんだ

「なんだ」へようこそ。岩崎ってナンダと思ってらっしゃる方々へ、岩崎がナニやってるんだかをご報告。

ぼくの新日本百名山、秋田・太平山

2012-08-31 | 遠足倶楽部の山歩き

8月29日(水)~30日(木)



                 

北又林道が通行止めなので、朝日岳を中止。秋田・太平山に
矛先を替えた。「ぼくの新日本百名山登山教室」である。

 29日、東横イン秋田駅東口店に泊まり、30日朝5時、ジャンボ
タクシーに生徒さん6人、スタッフ2人、総勢8人が乗り込んで旭又
に向かう。

 28日まで晴れ ・ 曇りの予報が、昨日の午後、曇 り ・雨に変わった。
プンプン、まっ仕方ない。準備体操を済ませ、6時にスタート。深緑色の
杉林の中、気分はいいが熊が出そう。

 急登ふた頑張りで、ブナの森に入る。空気を緑色に染める素晴らしい
ブナの木々。8時45分御手洗に出る。3G=チョーゆっくり登りである。
雨がブナの葉をたたく。雨は音を立てるだけで、我々を濡らすことはない。
ブナの葉が傘になってくれる。

 10時25分、ぼくの新日本百名山の一座、太平山を足下にする。
標高1170.4m、一等三角点の山だ。山頂には、三吉神社奥宮が
鎮座する。ゆっくり休んで、10時50分下山開始。登りとほぼ同じ時間
を要し、16時30分旭又に到着。

 秋田に戻り、日帰り入浴施設で汗を流してから、こまちの人となった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大姑娘山に立つ

2012-08-09 | 海外の山歩き

8月9日(木)


 5日、高度順応の日。4,000m付近まで上がり、大海子に下り、BCに
戻る。午後はのんびり過ごす。

 6日、C1に上がる。8時55分スタート、13時15分到着。思ったより
楽な行程だった。周辺にはブルーポピーがたくさん咲いていて、期待に
応えてくれた。

 7日、4時起床。満天の星空。5時、ヘッドランプの灯りでスタート。
コルまでは急登が続く。尾根上は杭が打たれ、ワイヤーが張られて
いて、安心して行動できる。

 8時20分、すんなり山頂に立つことができた。頭上は青空だが、
四姑娘山は雲の中。記念写真を撮って、9時下山開始。10時45分
C1着。昼食を済まし、11時50分下山再開。お花畑の中を気持ち良く
下り、14時10分BC着。スタッフが用意してくれていたスイカが甘くて、
美味しかった。

 8日、6時55分リーロンに向け下山開始。尻上がりに良くなってきた
天気はきょうが最高。12時20分ホテル着。昼食を済ませ、リーロンと
成都の中間に位置するパオシンに17時40分到着。土砂崩れの箇所
が復旧していて、スムーズだった。

 9日、きょうも上天気。朝7時55分パオシンを出て、成田に向かって
いるところだ。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベースキャンプに向かう

2012-08-09 | 海外の山歩き

8月4日(土)

           

 昨日の、パーロンシャン峠でのどしゃ降りがウソのような快晴。参加者
20人、アルパインツアーのツアーリーダー2人、中国側スタッフ2人、
そしてぼくの総勢25人は、8時10分大姑娘山に向けて一歩を踏み出す。
ぼくにとっては20年ぶり、2回目の大姑娘山だ。20年前は、大姑娘山は、
チラッと一回見えただけなのに、きょうは良く見える。

 ひと登りしたところで、シェルパ2人が出迎えてくれる。ダワ ・ タシ ・
シェルパとペンパ ・ リタ ・ シェルパ。2005年からこのスタイルに
なったそうだ。

 薄雪草(エーデルワイス)の群落を足下に眺めながら、ゆっくりゆっくり
歩いて、15時45分 B C に到着。20年前とは、場所が違うような気が
するのだが、記憶が定かでない。標高3,600m、直前の29日、富士山に
登ってきた甲斐あってか、快調。明日は高度順応日、明後日アタックキャンプ、
明後々日がアタックだ。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

半日遅れで、リーロンに到着

2012-08-06 | 海外の山歩き

8月3日(金)
               

 8時にパオシンのホテルを出て、土砂崩れ箇所手前のダム下まで
専用バスで送って貰い、ダムの階段を使って土砂崩れ箇所を迂回、
リーロンからの迎えのバスに乗る。昨晩のホテルの手配、今朝の
バスの手配、さすがアルパインツアー、ツアーリーダーご苦労さまでした。

 遅い昼食を済ませた後、パーロンシャン峠まで高度順応ため、専用
バスで上がる。待望のブルーポピーが出迎えてくれて大満足。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パオシンにて

2012-08-03 | 海外の山歩き

8月2日(木)


 昨日上海経由で成都まで。きょうは大姑娘山麓の町リーロン目指し
て、朝8時成都をスタートしたのだが、山道に入ったところで土砂崩れ
があってストップ。成都とリーロンの真ん中辺りの町パオシンで足止め
を食う。時間を持て余す一時、笠ヶ岳4日目の報告でもするか。

 笠ヶ岳4 d a y s プランは、1日目鏡平山荘、2日目笠ヶ岳山荘、
3日目鏡平山荘、4日目新穂高へ下山というゆったりプランである。
二晩泊まった鏡平山荘には大変お世話になった。お礼といっては
おこがましいが、26日の夕食後ミニトークショーをやらせて頂いた。

 まずお助けヒモの話しをした。長めのテープスリングは、なにかと
役に立つから、リーダーは2本携行していると安心。最近では、レディ
メイドのソーイングスリングが主流だが、2~2.5ミリ幅のテープを
リングベントで結んで作る、ハンドメイドスリングも長さを調節できて、
使い勝手がいい。ただし、強度はソーイングスリングの方が大なので、
ハンドメイドスリングは自己責任で作って使うこと、と言う話しをした。

 次に、山でバテたくなかったら、歩幅を小さくゆっくり歩く、「岩崎流
山でバテない五つの法則」を説明した。

 我がパーティーはチョーゆっくりなので、27日(月)新穂高への下山の
朝は、5時40分に鏡平山荘を出た。途中、一組のご夫婦が追い付いてきた。
「昨晩の話しは、とても参考になりました。いつもコースタイムより遅れて
はいけないと、一生懸命歩くので、毎回息が切れるし、きのは靴擦れが
できてしまいました。今朝は歩幅を小さくゆっくり歩いているので、息も
切れないし、靴擦れも痛くありません。ありがとうございます。お先に」と、
我々を追い越して行った。

 10時半にゲートに下って整理体操をしていると、上野さんのタクシーが
上がってきた。笠ヶ岳4 d a y s 終了、楽しい4日間であった。来年は
薬師岳に決まった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加