なんだ

「なんだ」へようこそ。岩崎ってナンダと思ってらっしゃる方々へ、岩崎がナニやってるんだかをご報告。

笠ヶ岳 4days

2012-07-27 | 遠足倶楽部の山歩き

 7月26日(木)

           
       笠ヶ岳山荘から望む槍ヶ岳の朝

 23日(月)松本に泊まり、24日(火)上野さんに新穂高まで送って貰い、
鏡平まで上がった。

 笠ヶ岳 4daysプロジェクトの第一日目。6時30分に歩き始めて、
鏡平山荘に13時15分到着、「ゆっくり登ろうはいいね」を地でいった
一日であった。

 二日目25日は5時55分出発、14時30分笠ヶ岳山荘到着。標準
タイム5時間のところ8時間35分。山頂を往復して山荘に戻ったのが、
15時30分、「ゆっくり登ろう」の一日で、ハナマル。

 三日目のきょうは、鏡平までなので、ゆっくり6時40分出発。鏡平
到着は14時、標準タイム4時間のところ、7時間20分。きょうは快晴で、
槍ヶ岳がみほうだいであった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドロミテ7日目 ・ 8日目

2012-07-12 | 海外の山歩き

7月10日(火)~11日(水)

      

 起床4時。4時55分、ぼくらを乗せたバスは、ベネチア向けスタート。
7時半頃空港着、朝早いせいか空いていて、チェックインもスムーズ。
9時35分発が、10分早く動き始め、予定より10分早くアムステルダム
に到着した。成田行きは14時55分、のんびり無為の時間を楽しむ。

 成田行きも、ほぼオンタイムでテイクオフ、順調に飛んで、8日8時
30分、成田空港にランディングした。11時には大塚に戻る。

 今回のおみやげのテーマは、チーズ。コルチナのスーパーマーケットの
チーズコーナーで仕入れてきた。希望の大きさにカット、真空パックしてくれる。

 写真は、ドライチンネ一周ハイキングのとき、途中の山小屋で食べた
チーズの盛り合わせ。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドロミテ6日目

2012-07-11 | 海外の山歩き

7月9日(月)

       
      マンテマの一種

 はやくもツアー最終日。チンクエ ・ トッリ展望ハイキング、8時に
ホテルを出る。

 きょうもいい天気だ。専用バスでバイ ・ デ ・ ドネスまで入る。
リフトが動くのは9時からということだったが、アルパインツアーの
ツアーリーダー、橋本香織ちゃんの魅力で、8時40分に動き出す。
リフトの下は、広大なスキー場だ。左手にチンクエ ・ トッリが見える。
人気の岩場は、初登攀の名をとって「ルーシーの塔」。

 スコイアットリ小屋2,225mでトイレを済まし、9時過ぎノベラウ山
2,575mをめざす。10時半頃ノベラウ山頂着。山頂小屋でホット
チョコレートを飲み、大休止。11時下山開始して、2,236mの
ジアウ峠着、13時40分。軽く昼食を摂ってから、専用車で
コルチナに戻った。

 岩も良かったけど、花も良かったドロミテハイキングであった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドロミテ5日目

2012-07-10 | 海外の山歩き

7月8日(日)

       
       ドライチンネ北壁見上げながらハイキングを楽しむ、「地球を遠足」パーティー

 ドライ ・ チンネ一周ハイキングの日、ドロミテハイキングを代表する
超人気コースである。

 8時10分オーロンツォ小屋を出発、左手にドライチンネの南壁を見
上げながらハイキング。峠に立つと北壁が目に入る。絵はがきの光景
を見上げながらハイキング続行。途中の山小屋で昼食。オーロンツォ
小屋に14時帰着、専用車に乗ってコルチナに下る。

 きょう、明日のホテルはコルネリオ。小さいが居心地のいいホテルだった。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドロミテ4日目

2012-07-10 | 海外の山歩き

7月7日( 土)


 セッラ山群の最高峰ピッツボエ、標高3,152mにチャレンジする日。
朝6時起床、まずまずの天気でほっとする。8時にホテルを出て、
セッラ峠を越え、ポルドイ峠に向かう。峠から、ロープウェイでポルドイ
展望台まで上がる、標高2,950m。9時40分出発。

 100mほど下り、ピッツボエの登りにかかる。3ヶ所岩場が出てくるが、
ワイヤーがしっかりフィックスされていて、不安はない。11時35分頂上に
到着、土曜日とあって登山者が多い。山頂の小屋でスパゲッティとミネスト
ローネの昼飯。12時35分下山開始。ゆっくり慎重に下り、ポルドイ展望台
に戻ったのは15時。

 ロープウェイでポルドイ峠に下り、専用車でコルチナに下り、今宵の宿
オーロンツォ小屋に入ったのは、18時だった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドロミテ3日目

2012-07-09 | 海外の山歩き

7月6日(金)


 朝6時には青空だったのに、7時には真っ暗、8時には雨が降り始めた。
おまけに雷。9時出発予定を11時に変更。11時、雨の中、専用車で
セッラ峠まで上がる。峠の小屋で、トマトガーリックのピザを食べ、12時
35分小雨降る中、モント ・ デ ・ セルラへ向け、ハイキングスタート。
当初予定の逆コースだ。

 歩き始めると、間もなく雨も上がって、青空が広がってきた。目の上
にはドロミテの岩山、怪峰サッソルンゴが聳え立っている。コースの
左右には沢山の花が咲いている。変化に富んだハイキングコース
だった。16時リフトの駅、モン ト ・デ ・ セルラに到着。リフトで下れば、
ホテルまで3分だった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドロミテ2日目

2012-07-09 | 海外の山歩き

7月5日(木)


 ブレンタ山塊ハイキングの日。ドロミテとは別の山塊とされている。

 朝食時には雨でどうなることかと心配したが、9時、ホテル ・ クリス
タルパレスを出る時は雨は上がっていた。専用車で5分の乗り場から、
グロツェ峠下までロープウェイで上がる。準備体操をして、9時55分に
歩き始める。コースは山腹のトラバースなので、息は切れないが、
石灰岩のゴロゴロ道が、滑り易く歩き難かった。

 12時35分、トゥケッ ト ・セッラ小屋に到着。トマトスパゲティを食す。
美味しかった。13時30分小屋を出て、ウァレンシネラ小屋に下山16時。
マドンナ ・ ディ ・ カンピリオの町まで16時40分発のシャトルバスに乗り、
専用車でモンテ ・ パナへ移動。ホテルに入ったのは20時近かった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドロミテ1日目

2012-07-06 | 海外の山歩き

7月4日(水)


 成田発10時40分の K L 862便でアムステルダム、K L 1621便に
乗り換えてミラノに18時50分到着。バスで約5時間、夜中の12時、
目的地マドンナ ・ ディ ・ カンピリオに到着。長い一日を終了した。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安心登山者養成講座「岩登り入門」実技教室・日和田山の岩場

2012-07-03 | 遠足倶楽部の山歩き

7月1日(日)


 梅雨の真っ只中、雨が心配だったが雨天決行で高麗駅集合。
受講生14人、スタッフ5人、総勢19人。久々の大所帯、以前に
受講している5人は M 講師と女岩。9人が子供岩でトレーニング。
夕方まで持つと思った空から水が漏れてくる。

 岩に慣れることを主眼に講習した。14時、雨がひどくなってきたので、
講習会を終了し、有志はバスのカレー屋さんでカレーを食べてから、
西武線の電車に乗った。ローマは一日にして成らない。技術は一日で
習得できない、地道なトレーニングの積み重ねしかない。されど、
「すべて道は、ローマに通ず」。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加