なんだ

「なんだ」へようこそ。岩崎ってナンダと思ってらっしゃる方々へ、岩崎がナニやってるんだかをご報告。

雨、百蔵山3Gメニュー中止。

2009-10-27 | 遠足倶楽部の山歩き
10月26日(月)

 5時起床、雨。さあて、どうする? 10年前ならなんの迷いもなく、
「雨が降っても楽しい」と、雨天決行したものだが、3Gメニューでは
そうもいかない。中止を決め、皆さんに連絡する。お一人連絡が
取れなかったので猿橋に向かう。相模湖で携帯に連絡が入ったので、
中止を伝え、大塚にUターン。午後は机に向かい、仕事の山を片付けた。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

那須岳登山教室2日目

2009-10-27 | 他社主催ツアーの山歩き
10月25日(日)

 今日は、隠居倉から熊見曽根に上がり、三本槍岳を往復。朝日岳に
立ってから峰ノ茶屋跡経由、登山口の駐車場に下る、という行程だ。

 夜明け前までは星空だったのに、7時に出発する頃は、空は灰色、
やがて霧雨、風も吹き始めて冷たくなった。隠居倉辺りが最悪の状況で、
寒さで体調を崩す人が出てくるんじゃないかと心配したが、清水平辺りで
雨が止んだようになった。天気はこれ以上悪化しそうもない。安心して
三本槍岳を往復、朝日岳にも立ち、登山口へと下った。いつものように
温泉で汗を流した後、黒磯駅に送って貰った。

 大塚に戻って、吉野家の牛丼で夕食を済まし、我が家に戻って明日の
百蔵山の準備をして寝る。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

那須岳登山教室1日目

2009-10-26 | 他社主催ツアーの山歩き
10月24日(土)

 黒磯駅着9時11分。今日明日は、新潟のハミングツアーが主催する
年に1度の登山教室。今年は那須岳になった。

 10時前、新潟からのバスに拾われる。参加者16人、添乗の楠田君、
強力助っ人の阿部さん、そしてぼくの総勢19人は、ロープウェイで
山頂駅に上がる。ぼくの後ろに1人10分間随いて貰って、足運びの
勉強をして頂く。ゆっくり登って50分で茶臼岳頂上着、12時15分。
30分の昼食休憩の後、峰ノ茶屋跡経由、三斗小屋温泉に下り、
15時前に煙草屋に入る。

 大黒屋には2回泊まっているが、煙草屋は初めて。野天風呂が
楽しみだ。15時~17時は女性専用、19人中、女性は13人。
皆さん大喜びで野天風呂へと出て行った。夕食後は混浴、ということは
男性専用のようなもの。沈みゆく夕陽を愛でながら、野天風呂を楽しんだ。
しっかり暖まって、ぐっすり眠った。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蔵王を越えて、白石に遊ぶ。

2009-10-26 | 山歩き番外編
10月23日(金)  目を覚まして、カーテンを開けると蔵王連峰の
パノラマが広がっていた。

 9時にタクシーで刈田岳山頂に向かう。お釜を見学した後、
白石に下る。白石城の天守閣に上がり、街並みを眺めてから、
長寿庵という蕎麦屋に入って打ち上げ。うーめんが美味しかった。

 白石蔵王発14時58分のやまびこ118号で帰京した。我が家に戻り、
明日からの那須岳の準備をバタバタと済ませて、急ぎ布団に潜った。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出羽三山を巡る二日目、月山と湯殿山。

2009-10-26 | 山歩き番外編
10月22日(木)

 8合目への道路が昨日から通行止め、ということで姥沢に
回ることにした。月山リフトを利用して、8時40分に登山開始。
霧と風でけっこう寒く、稜線に出たら霧氷で白くなっていた。
寒さに震えながら、11時に山頂。月山神社に参拝、14時前に
下山。タクシーで湯殿山に向かう。

 湯殿山のご神体は、昔から「語るなかれ」と、言い伝えられて
いる程に、面白い場所だった。参拝後、タクシーで上山温泉・
古窯に入る。収容宿泊人数800人という大きなホテルだった。
教育がいいのか、従業員のホスピタリティーが素晴らしく
居心地のいいホテルであった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出羽三山を巡る、羽黒山。

2009-10-26 | 山歩き番外編
10月21日(水)

 鶴岡駅で、大野さん、風間さん、鈴木さん、そしてぼくの4人が
全員集合。タクシーの運転手さんお勧めの寿司屋「三幸」で、
前途を祈って乾杯。さすが鶴岡、魚が旨い。ハタハタの湯上げは、
感動モノだった。

 14時30分、タクシーで羽黒山に向かう。今宵の宿、「宮田坊」に
ザックを降ろし、空身で羽黒山頂上までタクシーで上がる。出羽三山
神社に参拝、特別天然記念物の「羽黒山の杉並木」を下り、宿坊街を
歩いて宮田坊に入る。風呂は温泉、雰囲気あるいい宿であった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大塚にて

2009-10-21 | 街での日々
10月20日(火)

 目を覚まして、布団から抜け出す。寒くない。一週間ほど前は、
寒いなと思ってパジャマの上にダウンベストを着て、仕事場に
降りて行ったのに、ここのところ寒くない。

 昼飯は、ご近所の「甚兵衛」さんで食するのを常としている。きょうも
定刻11時35分に暖簾をくぐると、マスターが、「暑いね、異常だね。
以前だったら、今頃セーターを着てるよ」と言う。まったく同感。地球の
明日は大丈夫なのだろうか? 店の棚の上のテレビは、今日は夏日と
報じていた。

 このレポートも同じだが、ケイタイにカチカチで今日も陽が暮れた。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

終日、大塚でデスクワーク。

2009-10-20 | デスクワーク
10月19日(月)

 いまや、定番のスタイル。朝、目を覚まして仕事場に降り、机に
向かってケイタイを開く。ケイタイとにらめっこしている一日というのも、
考えようによっては面白い。

 頭に浮かぶ言葉を、浮かんでくる順にカチカチと打ち込んでいくと、
やがて文章になる。あっという間に1時間が過ぎ、気が付けば陽が
暮れている。かくて今日も終わった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お山は晴天に限る、ナーンチャって!

2009-10-20 | 遠足倶楽部の山歩き
10月18日(日)

 10月10日(土)~18日(日)の間、オーストラリアのエアーズ
ロックに行く計画が、参加者が集まらずツアーキャンセルとなった。
おかげで、溜まっていたデスクワークもかなり片付いたし、本日の
安心登山者養成講座実技教室にも参加できた。

 テーマは「観天望気の知識」、NHKにも出演している気象予報士の
岩谷忠幸さんが担当講師というのに、空は雲一つない青空。教室は、
南大菩薩の大蔵高丸から大谷ヶ丸、大鹿山へのコース。風もなく紅葉
真っ只中の尾根歩きは、最高に気持ちがいい。青空に浮かぶ富士山を
眺めながら、笠雲がかかると天気は崩れるとか、観天望気には最悪の
条件の中、岩谷講師は真摯に天気を解説して下さる。湯ノ沢峠発10時
30分、説明を聞きながらの歩きだったので、多少時間が押した。大鹿山
手前から景徳院に下山、16時30分。タクシーで甲斐大和に戻った。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

終日大塚で、デスクワーク。

2009-10-19 | デスクワーク
10月17日(土)

 朝、目が覚めると、一階の仕事部屋に下りて、充電中のケイタイを
取り上げる。誰かに電話しようとか、メールのチェックではない。原稿を
書こう、としているのである。モノ書きは、夜型が多いらしいが、ぼくは
朝型である。朝が一番頭がすっきりしていて、アイディアも浮かんでくるし、
筆の動きも早い。

 机に向かい、原稿用紙を広げてマス目を埋めて行く作業は、いかにも
仕事してますというアッピールになるが、この数ヶ月、ぼくの原稿書きは
ケイタイを目の前に開き、右手の親指でカチカチと打ち込むだけだから、
見た目にパットしない。この数日、同じことを何回も書いているように、
カチカチは本人も忸怩たる思いなのである。

 パソコンに向かい、10本の指を駆使して格好良く文章を打ち込んで
いく姿を夢見つつ、カチカチで今日も一日が終わってしまった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安心登山者養成講座第5期が、1 2月より始まります。

2009-10-19 | 街での日々
10月16日(金)

 毎年サンシャインシティで開催されているアウトドア・フェスティバル
をきっかけに、8年前に「登山リーダー養成講座」としてスタート。
垣根が少し高いということで、講座名を「安心登山者養成講座」に
変更して継続、11月で4期目を終了し、12月より第5期がスタート
とする。スタートに先立って、山と渓谷社の担当久保田、伊東の両氏と
岩崎、統括マネージャー水上の4人で打ち合わせ。

 現講座名でもまだ垣根が高い、という意見もあったが、単なる
「登山入門講座」では、カルチャーセンターなどでも開講されて
いるので、「自立した登山者の育成」という講座のコンセプトが
明解にアッピールされている、「安心登山者養成講座」という
看板は堅持することとした。

 夕方、日本山岳協会会長の田中文男さんと会い、色々アドバイスを
頂く。そんな一日であった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出羽三山巡りの計画

2009-10-19 | 街での日々
10月15日(木)

 赤坂アークヒルズ・エグゼクティブタワーに大野剛義さんを
お訪ねした。来週ご一緒する出羽三山の打ち合わせ、ということで。

 月山は何度も登っている。日本百名山だから、毎回鳥海山と
セットで登ってきた。羽黒山や湯殿山に興味がないわけでは
なかったが、余裕のなさが羽黒山で途中下車することなく、
月山8合目へ直行してしまったし、湯殿山に下ると帰りに電車が
面倒なので、途中で左折して、姥沢から山形に出てしまっていた。

 若くなくなるというのは、本当に有難いものだと思う。月山と同じか、
それ以上の関心が羽黒山や湯殿山に向けられる。

 来週、鶴岡への出発がわくわくする思いである。天気だけが
心配だが、それも年の功? 「雨が降ったら降ったで、ほかに
楽しみようもありますよ」で、サラリとかわすこともできる。

 小一時間、四方山話をして、大塚に戻った。夜は、金沢、松本、
鈴木の三氏と本科運営の打ち合わせ。

 そんな一日であった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビジネスチャンスを考える

2009-10-19 | デスクワーク
10月14日(水)

 若手カメラマンのA君と会う。いまの社会状況で、フリーランスで
やっていくのは難しいと思う。高校時代は山岳部員で、よく山に登って
いたと言うから、山の写真を積極的に撮っていったら面白かろうと
アドバイスしたが、さて、山にビジネスチャンスがあるんだろうか、
そんなことを考えた一日であった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きょうもまた、かくてありなむ

2009-10-15 | デスクワーク
10月13日(火)

 昨日と同じ今日。顔の前に携帯電話を拡げ、親指でカチカチ文章を
打ち込んでいる様は、どう考えても格好良くないよな、と思うと疲れる。
今日も疲れた。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頑張ってます

2009-10-15 | デスクワーク
10月12日(月・祝)

 以前、原稿を書くということは、原稿用紙に向かってペンを
走らせることだった。現在では違う。携帯メールに文章を打ち
込んでいくのだ。書くのではなく、打つ。なにか調子が狂う。
調子は狂うが、文章をまとめる作業としては、調子がいい。
ぼく向きだと思う。パソコンが扱えない。頭に文章が浮かんで
くるスピードに、指先が追い付いていかないのだ。携帯メールは、
文章が浮かんでくるスピードと、打ち込むスピードがほど良い。
調子がいいと言う所以だ。しかし、調子が狂っちゃう。

 原稿用紙に向かってペンを走らせていると、いかにも仕事して
いるように見えるが、携帯電話を顔の前に拡げ、親指で「あ・か・
さ・た・な・は・ま・や・ら・わ」を、カチカチ打ち込んでいる様は、
どうみても仕事しているようには見えない。

 そんなことを考えながら、来春刊行予定の本の原稿を、カチカチ
打ち込む一日であった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加