なんだ

「なんだ」へようこそ。岩崎ってナンダと思ってらっしゃる方々へ、岩崎がナニやってるんだかをご報告。

限りなくオフに近い日曜日

2009-06-29 | 街での日々
6月28日(日)

 昨日が4時起床、5時出発だったので、本日の起床8時。
のらりくらりと一日を過ごす。年中無休を広言しているのだが、
限りなくオフに近い一日になった、日曜日だし、まっいいか。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会津朝日岳に登る

2009-06-29 | 遠足倶楽部の山歩き
6月27日(土)

 4時起床。5時、朝弁おにぎりを貰って、タクシーに乗り込む。
運転手さんは、山が好きという美人。話が弾む。昨日は浅草岳に
登ってきたとか。登山口まで約25分、5,000円。

 5時25分スタート。沢沿いの道を辿ると、三吉ミチギという水場に
着く。快調なペースだ。この先ジグザグ道が続くが、歩き易い。
2~3本だが、お目当てのヒメサユリが咲いていた。登りきると
叶ノ高手、避難小屋のある熊ノ平へ下る。小さいがしっかりした
作りだ。ここから最後の急登、小幽沢カッチから、さらに急になった
壁状を登っていく。雪解け跡には、コゴミが群落を成しているが、
採って持ち下ろす元気はない。稜上に出ると、ヒメサユリが群落と
いうほどではなかったが、そこここに咲いていて、喜ばせてくれた。

 会津朝日岳着9時30分、360度山また山である。昨日といい、
今日といい、梅雨の真っ只中、好天に恵まれたことを感謝。団体が
登ってくるという情報に、9時50分腰を上げる。稜線直下の急崖を
あと少しで下りきるという所で、登ってくる団体にぶつかった。
登り優先、避けて待つしかない。

 丁度12時、三吉ミチギの水場に下ったので、残っていた朝弁の
おにぎりを食べる。水は冷たくて、非常に美味しかった。

 この先は、傾斜が次第に緩くなり、歩き易くなる。登山口の駐車場に
1 3時10分下山。すぐ下のいわなの里まで足を伸ばし、電話を借りて
タクシーをよび、来るまでの間、いわなのお刺身でビールを飲む。

 昨日の会津蒲生岳、今日の会津朝日岳とも初めての山なので、
1,000山登山のナンバーをまた二つ増やすことが出来た。2山とも、
「ぼくのふるさと八百名山」、福島県から選ぶ17山に入れることにしよう。
会津蒲生岳が心配だったが、緊張はしても危険な山ではないことを
確認できたので、無理なくふるさと八百名山に選ぶことが出来た。

 只見駅近くの日帰り入浴施設で汗を流し、さっぱりして只見線の
人となった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会津蒲生岳に登る

2009-06-29 | 遠足倶楽部の山歩き
6月26日(金)

 大朝日岳でヒメサユリを見てはいるのだが、大群落を見てないので、
見られるかなと思って、会津朝日岳を計画した。

 行きがけの駄賃に、会津蒲生岳を登ることにした。パーティーは、
遠足倶楽部のKさん、本科同人のKさん、ダブルKにぼくの3人。
新幹線で浦佐、上越線で小出、只見線の電車が只見駅を過ぎると、
只見のマッターホルンと異名を取る会津蒲生岳の尖峰が、目に入った。
「凄い」「かっこいい」と、言いあっている間に会津蒲生駅到着。

 14時50分スタート。山頂までの距離は、1,100m。道は良く整備
されているが、いきなりの急登、岩っぽい。夫婦松で丁度半分、山頂まで
550mとあった。その先で、西面岩場コースと鼻毛通しコースに二分、
緩やかと書かれている後者に入る。心配していたほど悪くはなかった。
鼻毛通しは、成る程納得の地形。岩に穴が開いていて、そこから松の枝が
出ている様が、遠くから見ると鼻毛に見える、というのが、名前の由来。

 ひと登りで頂上だが、ガンガン登りできつかった。頂上16時10分、
所要時間1時間20分だったが、行き掛けの駄賃どころではない、
充実の一山だった。

 西面岩場コースは、ちょっと悪そうだったので、往路を下る。16時35分
下り始め、17時30分、会津蒲生駅に到着。電車がないので、タクシーを
呼び、只見駅前の只見荘に入る。居心地のいい宿であった。

 明日朝が早いので、20時過ぎには寝る。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々に本科の集会に顔を出す

2009-06-29 | 街での日々
6月25日(木)

 大津君にケイタイで、飛行機の切符を取って貰った。本当に便利な
世の中になったもんだ。

 夜、本科の集会に久々に顔を出す。楽しいひとときを過ごせた。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『山を見る日』再読

2009-06-25 | 思うこと色々
6月24日(水)

 食事はたいていの場合、外食だ。今日も外でスパゲッティを食べ、
我が家に戻ったのは20時半頃だったろうか。小ジョッキだったのに、
飲んだビールが程よく回って、すぐ布団にもぐりこんだ。すっと寝入って
しまったらしい。ふうっと目が覚めたら、22時半になっていた。今度は
眠れなくなった。

 仕事部屋に下りて、本棚に手を伸ばしたら、その手は『山を見る日』を
掴んで戻ってきた。川崎精雄さんのご本である。『雪山・薮山』も好きで、
何回となく読んでいる。  

 で、今日は『山を見る日』だ。タイトルがいい。すっかり目が覚めて
しまったので、冷蔵庫から冷えたワインの白を引っ張り出し、グラスに
注いで飲みながら、川崎さんの文章を再読し始める。この文庫版の解説は、
横山厚夫さんが書かれている。明治40年生まれという川崎さんとは、
少し世代が離れていて、ご一緒する栄には浴せなかったが、横山さんとは
袖擦り合う程度のご縁は持たせて頂いた。

 白ワインをちびりちびりというのも様になっていないが、誰も見ている
わけでもないので、ちびりちびりやりながら、「山を見る日」、いいなあ。
「笹子峠」、いいなあ。「カリガンダキの或る日」、下の子が五歳の正月、
家族でムクチナートにトレッキングに出かけた時のことを思い出したりした。
飛行機が飛ばず、ジョムソンで迎えた元日。カミさんはこの日が誕生日で、
コックさんがケーキを焼いてくれ、ハッピーバースデーを歌ったことを、
昨日のように思い出す。

 なあんて、書いたり読んだりしていたら、瞼が重くなってきた。
ということで、お休みなさい。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トシのせいでしょうか?

2009-06-25 | 思うこと色々
6月23日(火)

 朝、目が覚める。なんとなく疲れている。金曜日に水上に行き、
夜、「健康登山講座」。土曜日は、谷川岳登山。下って羽田に直行、
札幌に飛んで、日曜日はオロフレ山登山。我が家に戻ったのは、
23時30分を過ぎていた。心身共に緊張しているのか、なかなか
寝付けない。  

月曜日は、緊張が抜けてないのか、そこそこ気合いが入っていた
のに、火曜日の今日は気が抜けたみたい。トシとると、疲れはすぐに
出ないで、遅れて出てくるというが、頷かざるを得ない。  

目が覚めて疲れを感じるのは、トシのせいでしょうか?


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山塾本科をどうするか

2009-06-25 | 思うこと色々

6月22日(月)

 金澤、矢田、松本、坂口、鈴木と岩崎とで、「山塾本科をどう
するか」、についてミーティングを持った。  

ヒマラヤ未踏峰の攻略戦術が、極地法の時代には、山岳会は
存在価値が高かった。登山初心者にとっては、またとない登山
学校であった。  

しかし、アルパインスタイルが確立すると、山岳会は不要となった。
登る力を持つ者同志が、パーティーを組んで登ればいい。新たに
仲間を育成する必要はなくなったのである。  

山岳会は残ったが、登山学校としての機能は果たさなくなった。
ネパールから戻った岩崎は登山学校の必要性を感じ、1981年
11月、無名山塾を誕生させたのである。  

始めのうちは、門をたたくのは2~3人だったのが、12~13人に
なり、やがて100人を越える大所帯になった。ニーズがあった、
ということであろう。  

しかし、活動が20年を越えると、勢いにブレーキがかかるように
なった。登山年齢の高齢化、不景気、その他の要因で、会員数も
大きく減少している。  

この日のミーティングで、妙案が出た訳ではないが、日本の元気を
取り戻すグッドアイデア、「一億二千万人総登山者化計画」の、
最右翼を担う無名山塾本科だ。知恵を結集して、活性化を計りたい。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北海道オロフレ山に登る

2009-06-22 | 他社主催ツアーの山歩き
6月21日(日)

 ICI石井スポーツ札幌店主催、ゴールドウィン、ザ・ノースフェイス
協賛による「岩崎元郎の登山教室」。今年の目標はオロフレ山。
ぼくのふるさと八百名山、北海道から選ぶことにしている18山の
うちの1山である。

 朝6時起床。7時10分にゴールドウィンの渋谷さんにピックアップ
され、ICI石井スポーツ札幌店にご案内頂く。全員集合して、7時
50分バススタート。天気予報通り、雨。バスの中で雨具を着てしまう。

 オロフレ山登山口を10時に出発。バスの中で、石井スポーツの
及川さんから、オロフレ山最新情報として、シラネアオイは残念ながら
もう終わっていると、アナウンスされたが、歩き始めるとすぐ、
シラネアオイの群落に遭遇、歓声が上がった。雨も上がった。

 50分行動したところが広くなっていたので、一本。時々解説
しているが、一本とは登山用語で、休憩のこと。10分休んで行動
再開。登りが急になる。11時45分オロフレ山々頂着。先行が数
パーティーいたが、下山されたので、頂上は貸し切りになった。

 シラネアオイだけでなく、ツバメオモト、コイワカガミ、ハクサンチドリ、
ナントカザクラ、カラマツソウなど、花も沢山咲いていた。

 12時10分下山開始。13時30分駐車場に下山した。

 ぼくのふるさと八百名山にふさわしい、登り易い名山であった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

谷川岳登山の一日、いやあ緊張した

2009-06-22 | 遠足倶楽部の山歩き
6月20日(土)

 山塾ユースで企画していたが、前夜の「健康登山講座」のオマケ
として、岩崎さんと登る谷川岳登山教室を加えたので、コンセプトが
曖昧な企画になってしまった。この歳になっても、反省のタネを根絶
できない。浜の真砂は尽きるのに、である。

 朝9時半、山塾ユースメンバー11人、みなかみ町登山教室8人、
ぼくと山渓の小日向兄、みなかみ町のスタッフ2人、計23人が
ロープウェイ乗り場に集合、天神平に上がって準備体操の後、
10時10分登り始める。

 熊穴沢避難小屋、天狗の遊び場で各一本、12時30分谷川岳
トマの耳着。ユースメンバーは、オキの耳を往復してくる。

 肩ノ小屋の前で、管理人の馬場さんにも入って貰い、記念撮影。
この時、一人足りないことに気がつかなかった。全員揃っていると
思い込んで、13時20分下山開始。熊穴沢避難小屋前で休憩した時、
一人足りないことに気がつく。あー、またやっちゃった。緊張波が
頭と心臓と胃袋を襲う。

 頂上には居なかったから、先に下ったのだろうと考えて、ロープウェイ
山麓駅に下るが、居ない。岩崎は札幌に飛ばなければならないので、
あとをスタッフにお願いして、新幹線に乗る。ほどなくしてケイタイが鳴る。
下って来たという。聞けば、スタッフに断りもなく、オキの耳に足を伸ばして
いた。不特定多数の参加を容認する登山教室は、時々理解を越える
行動をする人がいるので、念には念を入れなくてはいけないことを、
改めて再確認、肝に命じる。

 安心してひと眠り。東京、浜松町、羽田。ひとっ飛びで新千歳、
22時31分発の電車で札幌へ。

 23時30分頃、今宵の宿ホテルルートイン札幌北口駅前店に
チェックイン、長かった一日に終止符を打つ。おやすみなさい。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特別協賛救心製薬による「岩崎元郎の健康登山講座in みなかみ」開催

2009-06-22 | おしゃべり・講演会
6月19日(金)

 みなかみ町エコツーリズム推進協議会準備会設立記念講演会、
と説明された講座は、主催がみなかみ町エコツーリズム推進協議会
準備会、特別協賛が救心製薬、エバニュー、ゴールドウィン、カンロ、
スポルティバ・ジャパンの4社が協賛に加わってくれた。

  昼過ぎ水上に到着、懇意にしている「くぼ田」で、マイタケ天ぷら
蕎麦をたべる。食後、息子さんが会場の観光会館まで送ってくれる。
配布資料の袋詰めなど準備、18時25分副町長の挨拶でスタート。

 岩崎は、「一億二千万人総登山者化計画」をピーアール。何回観ても
、成る程納得する救心のPRビデオ。休憩をはさんで、谷川岳エコ
ツーリズムに関してのパネルディスカッション。充実の一日であった。

 宿泊は、湯檜曽の手前にあるペンション「朝ねぼう」にお世話になった。
食事が美味しく、露天風呂とお庭が素敵なペンションであった。

「朝ねぼう」連絡先
電話 0278-72-6761


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ジパング倶楽部』届く

2009-06-19 | 街での日々
6月18日(木)

『ジパング倶楽部』2009年7月号が届いた。

 ジパング倶楽部とは、JR6社のファンクラブのようなものである。
入会資格は、男性65歳以上、女性60歳以上。入会すると、JRの
割引乗車ほか、様々な特典がある。その会誌が、『ジパング倶楽部』。
この号のテーマ特集で、「低山ハイクのススメ」を取り上げ、岩崎に、
「一億二千万人総登山者化計画」と題するエッセーを書かせてくれた。
そして、JR6社から各一山、JR北海道は大千軒岳、東日本は鳴虫山、
東海は風越山、西日本は竜王山、四国は眉山、九州は稲佐山を
オススメの山として紹介。山好きには、楽しく読めるページになっている
と思う。この号を枕元に置いて寝ると、楽しい夢が見られそうだ。

 じゃ、おやすみなさい。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野次馬夫婦の百名山

2009-06-19 | 街での日々
6月17日(水)

 野次馬夫婦とは、朝日新聞OBの前田修・澄江ご夫妻のこと。
お二人で日本百名山を完登し、その記録を一冊の本にまとめられた。
本のタイトルが、『野次馬夫婦の百名山』である。

 原稿を読ませて頂き、解説風感想文を書いた。そのお礼ということで、
一席設けて下さった。楽しく美味しい一時を過ごした。

 これからも、じゃんじゃん登りましょうということで、お開きになった。
『野次馬夫婦の百名山』ご希望の方は、無名山塾事務局まで連絡下さい。
電話 03-3941-3481。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

打ち合わせ

2009-06-18 | 思うこと色々

6月16日(火)

 ゴールドウィン、ザ・ノースフェイス事業部プロモーション担当の
田口さんと打ち合わせ。相変わらず、靴底の剥がれが解決してない、
とのこと。まったく同感。剥がれた靴底が、そっくりそのまま道端に
転がっているのをみると笑ってしまうが、ご当人は笑い事ではないだろう。

 ほとんどのケースが、久々に履いたら剥がれてしまった、ということ
なので、久々に履く方は、3日~4日前には靴底をチェック。黙視では
ダメ。靴底を固いものに打ち付けてみるとか、手で引っ張ってみるとか
する。剥がれそうな予兆があったら、登山用具専門店に持参して、
手当てして貰うか、思いきって新しい靴を買ってしまおう。

 山は非日常の世界だ。安心して楽しめるように、準備はしっかり
やっておきたい。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

超多忙なSさん

2009-06-18 | 思うこと色々
6月15日(月)

 Sさんが昨日、日本に戻ってきた。明後日から、また海外に出て
しまう。忙しい奴だな、と思う。ぼくもけっこう忙しいけど、ぼくの
比じゃないね。打ち合わせしたいことがある。電話をいれるのだが、
捕まらない。まっ、いいかで済ますしかない。

 夕方、HATJのTさんと会う。会誌の人物紹介欄に載せてくれるという。
すっかり忘れていた昔話を随分した。

 我が家に戻って布団に入って考えた。来年は65歳、そろそろ昔話を
まとめておかなくてはいけない、なんてことを。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日は日曜日

2009-06-16 | 街での日々
6月14日(日)

 日曜日は休息日である。しかし、じっとしていられない。かといって、
テキパキ仕事することもできない。机に向かったり、ねっころがったり、
それで一日が過ぎてしまった。シマッタ!


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
岩崎日記かんだ http://blog.goo.ne.jp/iwasaki-motoo2/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加