なんだ

「なんだ」へようこそ。岩崎ってナンダと思ってらっしゃる方々へ、岩崎がナニやってるんだかをご報告。

エンガディンの谷、展望ハイキング

2017-07-18 | 海外の山歩き

7月14日(金)


 朝起きたときは、どんより曇っていた空が、8時40分ホテルを
出る頃は、青空も見え始めた。なんとかなりそうだなと思いつつ、
路線バスでケーブルカー乗り場に行き、ケーブルカーでムオッタス・
ムラーユ展望台まで上がる。標高2456m、山の上は雲に隠され
ている。さあ、出発というときになって小雨が降り始めた。やむなく
雨具を着込んで歩き始めた、10時。

 山腹をトラバース気味に下っていく歩き易い道。人気のコースなの
だろう、老若男女、カップル、ファミリー、一人歩きの方々が次々に
追い越していく。あるいはすれ違う。うれしいことに日本人パーティー
なし。足下には可憐な花が一面に咲いている。草はらの斜面には牛が
草を食んでいる。先頭を歩くサンモリッツ在住のガイドの飯野さんが、
「右手にエーデルワイスが咲いています」と教えてくれる。日本でみる
こぶりなウスユキソウより一回り大きい、ホンモノのエーデルワイスに
出会えて感激。流れを渡って対岸の同じようなトラバース道を辿る。
青空が広がってきたので雨具を脱ぐ。最終コーナーの登りをひと頑張り
すると、アルプ・ラングアルトの山小屋に到着、13時25分。ちょっと
遅いランチを済ませ、チェアリフトでポントレジーナに下る。路線バスで
セガンティーニの美術館に行き、見学後、ホテルに戻った。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポントレジーナへ | トップ | ベルニナ山群展望ハイキング »
最近の画像もっと見る

海外の山歩き」カテゴリの最新記事