なんだ

「なんだ」へようこそ。岩崎ってナンダと思ってらっしゃる方々へ、岩崎がナニやってるんだかをご報告。

アルプスハイキング&モンブランにチャレンジ20日間②

2007-07-13 | 海外の山歩き
 7月4日(水)~24日(火)

 6日(金)

 雨である。低気圧の通過が遅れているようだ。雨具を着込んで
出発。ゴンドラリフトでメインリッヘンへ上がる。足下の花がかわい
らしいのがなぐさめである。クライネシャイディックでフランクフル
トソーセージを食べて昼食とし、ユウングフラウヨッホに上がる。
スフィンクスに上がっても何も見えないのでやめ、アイスパレスを
ゆっくりまわり、希望者はトップオブヨーロッパでハガキを書いて
投函、ぼくはチャイを飲み干し、ホテルに戻った。
 ホテルフィッシャーブリックは食事がおいしいことで有名なホテル
ですと、到着時にIさんが説明してくれた。「残念ですが今年は改装
中で夕食は外で食べて頂きます」と説明は続いたのだった。
 前日同様、ラティーノでイタリアンのディナーを済ませて、表に出
ると「岩崎さん」と声がかかる。なんだ、なんだ、アルパインツアー
の芹沢健一さんではないか。
 芹沢さんは「岩崎元郎の地球を遠足」を年2回担当してくれていて、
先月、6/13~22はピレネー山脈フラワーハイキングを楽しんで
きたばかりだし、9/4~15には西部劇のロケがよくされていたグラ
ンドサークルのハイキングが予定されている。この件、問合せはアル
パインツアーへ。03-3503-1911担当は芹沢さんのほか、
松井、橋本がいる。
 いつもは9:30にベッドに入るのに、この日は11:30になっ
てしまった。

 7日(土)

 ツェルマットへ移動の日。9時、グリンデルワルトバスで出発。
カンデルシュテックで一旦停止、チェアリフトでエッシネン湖へ上がる。
 そうそうお天気は、きのうの夕方から晴れてきて、けさ、ホテルの
前からアイガーの全容をしっかりカメラに収めることができた。そんな
快晴の中、リフトの駅からエッシネン湖まで約20分のハイキング。
湖畔でIさんが手配してくれたおにぎりを食べ、レストランのテラス
でビールを飲む。山と湖に囲まれて、頭上は青空、最高においしかった。
サントリーのプレミアム・モルツでなかったのがちょっと残念。帰路
は馬車に乗った。1人5フラン。
 我々を乗せたバスは貨車に乗り込み、トンネルを抜け、再び道路を
走ってタッシュまで送ってくれた。タッシュから登山電車に乗る。
ガタンゴトン、ガタンゴトン、電車はゆっくりツェルマットへと登って
いく。「あっー見えた。マッターホルン」とだれかが叫ぶ。
 山は雨が降っても楽しい - とは思うが、いや思うことにしてい
るが、晴れるのが最高。ホテルはアルカ、夕食はアルペンリゾートの
レストランであった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルプスハイキング&モンブ... | トップ | アルプスハイキング&モンブ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。